コラム

 公開日: 2013-08-19 

永代供養墓のメリット/デメリット

前回のコラムの続きです。永代供養墓のメリット/デメリットについて、具体的に書いていきます。

永代供養墓のメリットは、何と言っても、将来にわたってお墓の面倒を管理者である寺院や霊園が見てくれるということです。係累が途絶えてしまってお墓が無縁になってしまうということは、誰しも不安に感じるところです。永代供養墓にあらかじめ申し込んであれば、お子さんがいらっしゃらない方でも安心してお墓の利用が出来ます。
また、永代供養墓の多くは1~2人用と小さいお墓が多いので、ある程度費用を抑えることが出来ます。

デメリットとして一番大きいのは、お墓参りをする張り合いがない、ということです。確かに、管理は全て寺院任せ、霊園任せに出来るというのは楽かもしれません。しかしながら、お墓のお掃除をする、草むしりをする、お線香とお供物をあげて手を合わせる、こういった一連の行為を通じて、家族や今生かされている自分に対する「ありがたさ」を感じることがお墓参りの良さであるわけですが、永代供養墓ではそれを感じることが出来ません。また、最終的には合葬(他の方のご遺骨と合祀)になってしまう所が多く、その事に抵抗を感じる方もいらっしゃいます。
費用面でいうと、使用料・工事代が一般的なお墓に比べて安いのは確かなのですが、墓地・霊園によっては、一般的なお墓とあまり差額がない場合もあります。また、管理費については一般のお墓とほぼ同額がかかると思っていただいた方が良いです。

ご家族やお身内の方がいらっしゃらない場合、永代供養墓は現実的な選択として必要だと思います。しかし、お墓参りしてくれる人がいるにもかかわらず、「楽だから」「安いから」「今話題だから」という理由で安易に飛びついてしまうと、後々後悔することも十分あり得ます。ご家族としっかりと相談の上、皆様のライフスタイルに合ったお墓を選んでいただければと思います。

この記事を書いたプロ

株式会社二上家 [ホームページ]

葬儀 二上昌弘

埼玉県所沢市北原町936-5 [地図]
TEL:0120-333-888

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社二上家の二上昌弘さん

「供養のお手伝い」をモットーに創業80年。お墓づくりの専門家(1/3)

 「子ども世代に迷惑をかけないように、生前にお墓をつくられる方が増えています。当社のお客様の半数以上が、ご自身の将来のためにお墓をつくる方です。ご自分で墓地を購入し、気に入ったデザインで墓石を建てておけば、ご安心いただけると思います」と、語...

二上昌弘プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

品質が高く、想いを形にするデザインに優れたお墓づくり

会社名 : 株式会社二上家
住所 : 埼玉県所沢市北原町936-5 [地図]
TEL : 0120-333-888

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-333-888

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

株式会社二上家

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
コラムまとめ(「墓地のこと」編)

皆様、こんにちは。投稿してきたコラムが、200本近くになりました。皆様が情報を探しやすくなるように、テー...

[ 墓地のこと ]

コラムまとめ(「墓石のこと」編)

「墓地のこと」編に続いて、「墓石のこと」編のまとめです。墓石はなぜ石で作られるのか、その理由みかげ石...

[ 墓石のこと ]

コラムまとめ(「終活のこと」編)

皆様、こんにちは。「墓地のこと」「墓石のこと」に続き、「終活のこと」について書いたコラムをまとめます。...

[ 終活のこと ]

コラムまとめ(「宗教のこと」編)

皆様、こんにちは。今回は「宗教のこと」について書いたコラムをまとめていきます。コラムを読まれる方に関...

[ 宗教のこと ]

新しい試み

皆様、こんにちは。本日は、新しい試みとして「終活セミナー&霊園見学会」を行いました。今までの終活セミ...

[ 二上家のこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ