コラム

 公開日: 2013-08-05  最終更新日: 2016-06-04

日本のお墓と宗教

墓地・墓石のお話しをずーっと書いてきましたが、このあたりで、お墓とは切っても切れない宗教の話を書いていこうと思います。

日本人の宗教観は、世界的に見ても独特のものがあります。お正月には神社に行き、結婚式では十字架の前で愛を誓い、クリスマスを祝い、誰かが亡くなればお坊さんに来てもらってお経を読んでもらう。これだけ見ても、神道、キリスト教、仏教が混在していることが分かります。このことをもって、日本人の宗教観を「節操が無い」と批判的にとらえる向きもありますが、私はそうは思いません。日本人にとって、色々な神様が混在することは、元々当たり前のことだったからです。

「八百万の神」(やおよろずのかみ)という言葉が、日本には昔からあります。この国には色々なモノや事に神様が宿っていて、我々人間の暮らしを見つめている、という考え方です。良い行いをすれば神様は報いてくれるし、悪い行いをすれば「バチが当たる」。それを当然のことと受け入れる文化的な土壌が、脈々と続いているのです。ですから、天神様とイエス・キリストとお釈迦様がならんでいても、たいして抵抗がない。他国から見れば変わったことかもしれませんが、そういう文化なのですからそういうものと受け止めれば良いのではないでしょうか。

これと同じ事が、日本の霊園にも言えます。前にも書いたように、公営霊園、民営霊園(=公園墓地)では、宗旨宗派を問わない所がほとんどです。仏教式で法要をするお墓の隣に、キリスト教のお墓がある。これは海外ではなかなか見られない風景だと思います。それぞれの宗教におけるお墓の特徴については、次回以降お話しいたします。

☆今まで綴ったコラムをまとめてあります。併せてお読み下さい。

ジャンルごとコラムまとめ

お墓についてのご相談、お問い合わせは、

公式サイト http://futakamiya.co.jp
メール info@futakamiya.co.jp
フリーダイヤル 0120(333)

まで

この記事を書いたプロ

株式会社二上家 [ホームページ]

葬儀 二上昌弘

埼玉県所沢市北原町936-5 [地図]
TEL:0120-333-888

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社二上家の二上昌弘さん

「供養のお手伝い」をモットーに創業80年。お墓づくりの専門家(1/3)

 「子ども世代に迷惑をかけないように、生前にお墓をつくられる方が増えています。当社のお客様の半数以上が、ご自身の将来のためにお墓をつくる方です。ご自分で墓地を購入し、気に入ったデザインで墓石を建てておけば、ご安心いただけると思います」と、語...

二上昌弘プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

品質が高く、想いを形にするデザインに優れたお墓づくり

会社名 : 株式会社二上家
住所 : 埼玉県所沢市北原町936-5 [地図]
TEL : 0120-333-888

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-333-888

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

株式会社二上家

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
ジャンル毎コラムまとめ

今まで書いてきたコラムを、ジャンル毎にまとめたページを一覧にいたしました。下記のリンクからご参照下さい。...

[ お知らせ ]

公式サイトリニューアル

皆様、こんにちは。かねてから準備しておりました、弊社二上家公式サイトを完全リニューアルいたしました。...

[ 二上家のこと ]

終活に関するアンケート結果

皆様、こんにちは。本日の日本経済新聞に、60歳以上の方を対象とした終活に関する読者アンケートの結果が掲載...

[ 終活のこと ]

記事が掲載されました

皆様、こんにちは。私が書いた記事、「自分のお葬式やお墓選び 元気なうちにできることとやっておくべきこと」...

[ お知らせ ]

四十九日とお盆

皆様、こんにちは。久しぶりの更新となってしまいました。今回は、お客様から非常に難しい、そして興味深い質問...

[ 宗教のこと ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ