コラム

2013-06-13

寺院墓地と公園墓地、それぞれのメリット

民営墓地は「寺院墓地」と「公園墓地」の2つに分かれる、というお話しは前回させていただきました。今回はその違いについて書こうと思います。

お客様に「寺院墓地と公園墓地、どちらが良いの?」と聞かれることがあります。寺院墓地と公園墓地にはそれぞれ特色があり、どちらが良いとは一概には言えません。お客様にとって、どちらがよりメリットが大きいか、という事を、お客様自身にご判断いただくことになります。

寺院墓地とは、寺院(神社や教会なども含みます)が境内地に作った墓地のことです。この墓地を利用していただく際には、墓地を持つ寺院の檀家(お寺に所属する人)になり、その寺院の宗派の信徒(門徒)なっていただくことが条件となります。檀家になるということは、ご葬儀、ご埋葬の法要、回忌法要などの法事の際、檀家となっているお寺に全てお願いする事になります。御戒名や御法名もそのお寺からいただきます。いわゆる「お付き合い」というものが生じますが、普段から慣れ親しんだお寺さん、僧侶の方が相談に乗ってもらえる上、法要をしていただけるので、いざというという時の安心感があります。また、寺院墓地は昔から境内地にあるため、町中や駅の近くなど、立地的にも恵まれている場合があります。

一方、公園墓地は宗教法人(財団法人の場合もあります)が経営しているという部分では共通していますが、利用者の方の宗旨宗派は一切問いません。経営されている寺院などとの日常的なお付き合いもなく、年間管理料をお支払いいただくことで、霊園の維持運営がなされていきます。そういった「手軽さ」「気軽さ」が受けて、様々な公園墓地が作られることになりました。一方では、ご葬儀やご法要の時の相談窓口は無いため、いざといった時の相談相手にならない事が多いわけです。

自身のライフスタイルや宗教観を併せて考え、どちらがより自分たちのお墓として利用しやすいか、ご家族であらかじめ相談しておくと良いでしょう。

次回は共同墓地のお話をします。

この記事を書いたプロ

株式会社二上家 [ホームページ]

葬儀 二上昌弘

埼玉県所沢市北原町936-5 [地図]
TEL:0120-333-888

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社二上家の二上昌弘さん

「供養のお手伝い」をモットーに創業80年。お墓づくりの専門家(1/3)

 「子ども世代に迷惑をかけないように、生前にお墓をつくられる方が増えています。当社のお客様の半数以上が、ご自身の将来のためにお墓をつくる方です。ご自分で墓地を購入し、気に入ったデザインで墓石を建てておけば、ご安心いただけると思います」と、語...

二上昌弘プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

品質が高く、想いを形にするデザインに優れたお墓づくり

会社名 : 株式会社二上家
住所 : 埼玉県所沢市北原町936-5 [地図]
TEL : 0120-333-888

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0120-333-888

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

二上昌弘(ふたかみあつひろ)

株式会社二上家

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
コラムまとめ(「墓地のこと」編)

皆様、こんにちは。投稿してきたコラムが、200本近くになりました。皆様が情報を探しやすくなるように、テー...

[ 墓地のこと ]

コラムまとめ(「墓石のこと」編)

「墓地のこと」編に続いて、「墓石のこと」編のまとめです。墓石はなぜ石で作られるのか、その理由みかげ石...

[ 墓石のこと ]

コラムまとめ(「終活のこと」編)

皆様、こんにちは。「墓地のこと」「墓石のこと」に続き、「終活のこと」について書いたコラムをまとめます。...

[ 終活のこと ]

コラムまとめ(「宗教のこと」編)

皆様、こんにちは。今回は「宗教のこと」について書いたコラムをまとめていきます。コラムを読まれる方に関...

[ 宗教のこと ]

新語?「墓捨て」という言葉の意味

皆様、こんにちは。先日発売されたある雑誌(あえて誌名は書きません)に、「墓捨て」なる珍妙な言葉を用いた記...

[ 日本人の死生観 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ