コラム

2012-08-30

値下げ合戦による長期デフレは日本を滅ぼす! ~価格戦略の重要性~

みなさまこんにちわ、いつも弊社代表のコラムをご覧頂き誠に有難うございます。

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役
ファイナンシャルプランナー(FP)の佐藤毅です。

今朝は毎週恒例の朝活ミーティングでした!!朝が早いと、どうしても後半がしんどい状況になるのですが、今まさに正念場です(笑)眠気と戦っております。

しかし、これから知人のセミナーに応援として参加して参ります。夜もこれからです。さあ頑張りましょ~!!

さてさて、本日のコラムはタイトルからして非常に過激なものですが、是非皆さまにも考えて頂きたい内容をシェア致します。

バブル経済の崩壊後、日本は今では失われた20年ともいわれる景気の長期低迷に苦しんでおります。この間、給料は下がり続けており、また物価についてもジワリジワリと上昇している状況です。

公的負担は年々増える(社会保険料の逓増、各種控除制度の廃止、新設増税政策など)一方です。

その苦しみや、販売における苦難から逃れるべく、企業は自社製品の安売りによる売り上げ維持及び拡大を図ろうとしたのですが、これが結果的に今の長期に続くデフレを引き起こしております。

そもそも、良質の商品が安価で供給されること自体は悪くありません。

しかし、安価な商品の大量流布が何を起こしたか。

それはこういう事ではないでしょうか?

安価な商品の流布


安かろう悪かろうになる(無意味な価格競争の勃発)



企業の粗利・売上が減る(手間の割に売り上げが立たない)


そこで働く人の賃金が横ばい、最悪は下落


生活に潤いがなくなると共に、その低賃金の人も結果的に低収入が故に安い商品群の購入に…



負のスパイラルへ


これが日本経済が辿ってきた経済活動なのです。

コストの削減や合理化は勿論企業活動に於いては必要な事です。しかし、コストを下げて延命することが悪いとは言いませんが、結果的にそこで働く人の賃金を下げてジリ貧になることをチョイスしたことは、日本政府の最大の功罪と言っても差支えないように感じるのです。

現にマクドナルドは、
以前はハンバーガー¥65、チーズバーガー¥80
という低価格商品の乱発でデフレの寵児として大変なブームを巻き起こしました。

現在のマックの販売戦略はどうでしょうか?

BIGアメリカに代表される、高価格&高品質商品の発売により、デフレ競争には見切りをつけているのです。かたや、牛丼業界はどうでしょうか!?

今も激しいデフレ競争により、自社製品のブランドイメージを著しく落とし、今年になってからは毎月前年割れという始末です。

どうしても便利な世の中で、価格比較サイトであったりシビアな世の中では価格見直しも当たり前になってしまいそうです。
しかし、値下げの果てにあることの恐怖。経済の長期停滞が日本の失われた20年を見れば明らかになります。

京セラという会社を一代で気付いた稲盛和夫さんも言っております。

「経営とは値決めであり、値決めは経営である」

勿論戦略的に、安価にするなどの出精値引きも大いに考えられます。

しかし、それは入口だけの奥義であって当たり前になってしまえば、ジリ貧という致し方の無い泥沼合戦に突入してしまうのです。

是非、安価にすることで顧客に訴求するのみなら
ず多少高くても購入頂けるような販売方法からブランディングなどを考えて頂けましたら幸いです。


最後まで購読ありがとうございました。

TSPコンサルティング 株式会社
代表取締役  佐藤 毅

ご意見・感想はこちらまで↓
info@fp-tsp.com

この記事を書いたプロ

TSPコンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤毅史

東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 (本社) [地図]
TEL:03-5957-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金融商品の販売を行わないファイナンシャルプランナー 佐藤毅さん

経済や財務、金融商品などのお金に纏わる知識を広く持つコンサルタント(1/3)

 夢のマイホーム購入、子育て、教育、老後。人生の中で大きな決断が必要なときには必ずと言って良いほど、お金について考えなければならないことが多いものです。  しかし、この人生の大きな決断は人生で一度きり。本や雑誌の特集などに目を通し勉強し...

佐藤毅史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産に関して特に高い専門性を有するFP

事務所名 : TSPコンサルティング
住所 : 東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 [地図]
(本社)
TEL : 03-5957-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5957-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤毅史(さとうつよし)

TSPコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声
オサダ
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(12

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【アホノミクスの功罪①】生活物資の価格高騰に消費者はどうすれば良いの!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月22日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

この国の間違った価値観~生活保護はあるべくしてあるべき!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

円安倒産増加に見る、日本のイマ アベノミクスは本当に正しいのか!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

独立・起業を目指す人が押さえて欲しい、値決めの基礎知識

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ