コラム

2014-09-22

『1週間で8円の値動き』 急な円安の背景に何が!?

【直近開催の公開セミナー情報】



◆10月11日(土)
ビジネス教育出版社様にて講演します。
10:00~13:00
一杯の牛丼が分かると日本経済展望が見えてくる!

14:00~17:00
住宅ローン破綻の現状!競売と任意売却の実務を学ぶ


詳細は弊社HPへ。。


http://fp-tsp.com/seminer.html


参加希望の方は以下より問い合わせください。

電話:
03-5957-5027

メール:
info@fp-tsp.com



皆さまこんにちわ。
平素より弊社代表のコラムをご開封・購読頂き、誠に有難うございます。



ファイナンシャルプランニングという考え方で、個人法人合わせて延300件以上のコスト削減実績


ファイナンシャルプランナー(FP)として、講演・セミナーを年間150件以上実施

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役

佐藤 毅史(さとう つよし)です。

ここ最近の更新のペースのおざなりは誠に申し訳ない気持ちで一杯でございます。

決算月を超え、弊社は第3期目に突入しました。

業績好調を言い訳にはせず、しっかりと前を向いて、コラム更新をさせていただきます。

本日は、弊社HPに記載のコラムよりお届けします。


皆様こんにちわ、TSPコンサルティング代表の佐藤です。

ここ最近では、大幅な為替の円安ブレにバタバタしている日本経済の世相が報道されているかと存じます。

為替は円安で、エネルギー関連や食糧の多くを輸入に頼る日本経済にとってはマイナスであるにも関わらず、昨日は久しぶりに日経平均が16,000円台に回復しました。

本日も同様に株価は上昇傾向であります。相反する為替の円安触れと日経平均株価の反発。何故この様な動きや報道がなされているのでしょうか!?



先ずこの背景には、アメリカのFOMC(連邦公開市場委員会)の発表した声明文の中にそのヒントが隠されています。



まず、量的金融緩和(市中にお金をジャブつかせる)とゼロ金利政策をダブルで実施しているアメリカ政府が、量的金融緩和の終了に向けて動いている事によって、通貨供給量が減り、金利の上昇懸念が高まった事で日米の金利差が発生する為、ドルを買って円を売る展開になったのです。

つまり、金利の高い方が運用によるリターンは大きくなります。それにより、有利な通貨が選択されるため、ドルが選ばれ買われている状況なのです。



為替については、こんな内容で、では日経平均上昇の背景は!?

これもFOMCの声明文を見るとこんな一文があります。

「相当期間」ゼロ金利維持へ、」



この言葉が意味する意味として、日経平均を初めとするマーケットは、

まだまだ金利は低いままだから、儲けようと思えば、ある程度のリスクテイクも止む無しと判断し、

株式市場で株を買おうと判断。これにより、株価も反発しているのです。

ところが為替市場はそういう判断ではなく、量的金融緩和の終焉に向けて、金利上昇が加速すると判断し、今回のドル買い相場の展開となっています。



つまり、解釈や見解の相違による、日本特有の言葉に直せば『のらりくらり』とか、『玉虫色』という無限の解釈の世界で各々が判断し、相場が動いているという状況を呈しているのです。



単純に日本国内を見れば、消費増税による影響で小売をはじめ各社苦しい事情を抱えているのですが、世界経済全体の動きの中での日本を見る場合には少し違ったアプローチで見ることも大切だという事が、今回の報道からも学び取れるかと思います。



是非、多角的視野に立ち、幅広い情報を収集されて、投資は自己責任で!!

(笑)





TSPコンサルティング株式会社

代表取締役  佐藤 毅史


最後まで購読頂き、ありがとうございます。




もしご興味ありました方は、宜しければ一度弊社HPで小生のセミナー風景等も見てみてください。
ユーチューブで無料視聴出来ます。良ければご覧になってください。
http://fp-tsp.com/index.html



著作に興味を持っていただけた方は、良ければ下記のアマゾンURLよりお買い求めください。
リアル書店でも大体的に展開しております。
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E6%9D%AF%E3%81%AE%E7%89%9B%E4%B8%BC%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%81%AE%E8%BB%8C%E8%B7%A1%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E6%AF%85%E5%8F%B2/dp/4828304738






セミナー参加のお申し込み、FP相談(資産運用、保険の見直し、不動産売買のセカンドオピニオン)
お申し込みは、弊社HPのお問合わせフォームへ
http://fp-tsp.com/contact.html


当コラム及び弊社のサービスに関するご意見・感想、要望はこちらまで→
http://fp-tsp.com/contact.html

セミナー・講演情報は随時UPしております→
http://fp-tsp.com/index.html
(SEMINER&WRITINGのタブ内に記載があります)

ご興味有ります方は、ご参照下さい。


TSPコンサルティング株式会社
付加価値評論家® 佐藤 毅史

この記事を書いたプロ

TSPコンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤毅史

東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 (本社) [地図]
TEL:03-5957-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金融商品の販売を行わないファイナンシャルプランナー 佐藤毅さん

経済や財務、金融商品などのお金に纏わる知識を広く持つコンサルタント(1/3)

 夢のマイホーム購入、子育て、教育、老後。人生の中で大きな決断が必要なときには必ずと言って良いほど、お金について考えなければならないことが多いものです。  しかし、この人生の大きな決断は人生で一度きり。本や雑誌の特集などに目を通し勉強し...

佐藤毅史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産に関して特に高い専門性を有するFP

事務所名 : TSPコンサルティング
住所 : 東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 [地図]
(本社)
TEL : 03-5957-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5957-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤毅史(さとうつよし)

TSPコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

何故貯金が出来ないのか、スッキリとしました!同時に、危機意識も持つことが出来ました。

私は20代のOLをしている、都内在勤のOです。 勤め先は有名な...

O・M
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(12

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【アホノミクスの功罪①】生活物資の価格高騰に消費者はどうすれば良いの!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月22日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

この国の間違った価値観~生活保護はあるべくしてあるべき!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

円安倒産増加に見る、日本のイマ アベノミクスは本当に正しいのか!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

独立・起業を目指す人が押さえて欲しい、値決めの基礎知識

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ