コラム

 公開日: 2014-05-02 

食肉に何が!? 相次ぐ伝染病は生態系からの警鐘!?

【直近開催の公開セミナー情報】


詳細は弊社HPへ。。


http://fp-tsp.com/seminer.html



◆5月4日(土)
ビジネス教育出版社様にて講演します。
10:00~13:00
GW恒例!一杯の牛丼が分かると日本経済展望が見えてくる!(リンク)


14:00~17:00
多角的アプローチで紐解く不動産投資市場のこれから(リンク)



◆5月15日(木)
ビジネス教育出版社様にて講演します。
10:00~13:00
不動産投資リスクの基礎知識~対処法から出口戦略まで~


14:00~17:00
企業の販売戦略・広報活動の視点から見る企業分析手法



◆5月31日(土)
ビジネス教育出版社様にて講演します。
10:00~13:00
住宅ローン破綻の現状と任意売却による解決方法



参加希望の方は以下より問い合わせください。

電話:
03-5957-5027

メール:
info@fp-tsp.com



皆さまこんにちわ。
平素より弊社代表のコラムをご開封・購読頂き、誠に有難うございます。



ファイナンシャルプランニングという考え方で、個人法人合わせて延300件以上のコスト削減実績


ファイナンシャルプランナー(FP)として、講演・セミナーを年間150件以上実施

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役

佐藤 毅史(さとう つよし)です。


明日よりゴールデンウィークへ突入と言う方も多いかも知れませんが、今回は飛び飛び休みのため休業を取りづらい方も多いかと存じます。

そんなときは、仕事をしましょう!(仕事人間的発言で恐縮です…)

とある経営者の言葉ですが、

「人が休んでいる時に、仕事をする。人が仕事をしている時は、その人以上に一生懸命仕事をする」

う~む、ブラック企業へレッツゴーなノリでありますが、差別化と云うのはそんなところから始まるのかも知れません。



さてさて、元調理師的には、日本の食料自給率の低さにあわせて、昨今における伝染病の流布が非常に気になっているところであります。

原因不明といいますか、外来的なものもあるかも知れません。

例えば、TV報道されておりますが東京都は青梅市の梅農家について、プラムボックウィルスの感染で、梅の木を伐採する動きが活発になったりしているわけです。

アブラムシを介してウィルスを媒介するのですが、葉っぱや梅の実がまだら模様になるなど、見栄えの面で商品価値が毀損するとのことで、食用として食べても問題ないのですが、やはり、産業への影響も大きくなっております。

また、鳥インフルエンザなどもそうですが、合わせて食肉の一種ですが、豚肉にも同じような伝染病の流布が発生している事を皆様はご存知でしょうか!?


産経新聞の記事によると…、


豚感染症PEDで一大産地・九州に大打撃 肉価格高騰


 豚の感染症「豚流行性下痢」(PED)が、なお猛威を振るっている。昨年10月以降、全国33道県456農場に広がる中、九州7県でも鹿児島を中心に270農場で確認され、死んだ子豚は5万7千頭(4月24日現在)に達した。九州は豚飼養頭数が全国の3割を占める一大産地だけに、13年ぶりのPED蔓延の打撃は大きく、今後の出荷量減を織り込んで、すでに豚肉の卸売価格は前年比3割も上昇している。

 PEDはウイルスが引き起こす。成獣が死ぬことは少ないが、子豚が感染すると高確率で死に至る。人に感染することはない。

 昨年10月1日、沖縄県でPEDが確認されると、じわじわと拡散。同年12月11日に鹿児島県の肝付地区、同月13日に宮崎県串間市の農場でPEDが確認された。九州では13年ぶりの発生だった。

 全国の豚飼養数968万頭(平成25年2月現在)のうち、九州は3割の305万頭を占める。中でも鹿児島県137万頭、宮崎県83万頭と群を抜く。PEDはこの鹿児島、宮崎両県で猛威を振るっている。今年2月、沈静に向かったが、3月に再び増え始め、これまでに両県の計225農場で感染が確認され4万5655頭が死んだ。全国でPEDによって死んだ豚8万3325頭の半分以上。被害は20億円超と推計される。

 「口蹄疫の流行から4年が経ち、気の緩みから防疫の抜け穴を作ってしまったかもしれません」。鹿児島県の佐々木幸良・家畜防疫対策監は苦渋に満ちた表情で語った。鹿児島県は養豚業者が多い地域に車両消毒所を設置するなど防疫態勢を強化しているが、発生農場は増え続けている。

 さらに今月8日、畜産関係者に衝撃が走った。農家に防疫対策を指導する宮崎県畜産試験場川南支場(川南町)で、PED感染が確認された。いわば防疫の本丸で、飼育する子豚37頭のうち30頭が感染していた。

 宮崎県家畜防疫対策課の久保田和弘課長は「防疫態勢は県内トップレベルと自負していました。どこからウイルスが侵入したのか、まったく分からない。『どれだけ対策を講じてもムダだ』と、あきらめの気持ちが農家に広がることを心配しています」と語った。

 宮崎県は宮崎大などと協力して、試験場への感染ルート解明を急いでいる。

 PED流行の影響は、市場に及び始めた。農林水産省などによると、3月の豚肉卸売り平均価格(1キロあたり)は、関東で前年同月比2割高の466円、関西も同3割高の483円と値上がりしている。

 子豚は誕生から半年で成育し出荷時期を迎える。農畜産業振興機構(東京)の担当者は「今夏に出荷量が減るとの懸念も、価格高騰の一因となっている可能性が大きい」と分析する。

 価格上昇の要因は、国内のPEDだけではない。

 2013(平成25)年4月以降、米国でPEDが大流行しているのだ。届け出が義務付けられていないため、被害の全容は分からないが、米国農務省(USDA)によると感染は29州5790カ所に及び、おびただしい数の子豚が死んでいるという。

 日本が輸入する豚肉は米国が4割を占める。バーベキューシーズンの夏に米国内需要が伸びるため、日本への輸出が品薄になる可能性が大きい。

 日米を含め、世界的に蔓延する今回のPEDウイルスは、中国発祥との見方が強まっている。

 中国では2010年以降にPEDが大流行し、計100万頭以上の子豚が死んだ。農業・食品産業技術総合研究機構(茨城県つくば市)によると、中国のPEDウイルスは新型で、遺伝子型が米国や韓国、日本で確認されたものと類似しているという。国境を越えて移動する人や飼料、資材にウイルスが付き、中国から米国、韓国に拡大、日本に侵入したとみられる。

 農水省動物衛生課の担当者は、危機感を募らせる。

 「PEDウイルスが海を渡って国内に入ってきたとするなら、同じように口蹄疫ウイルスや、未知の恐ろしいウイルスも侵入し得るということになります。常に最大の警戒が必要です」

 感染確認から半年。PED終息の見通しは立っていない。



これからの日本が目指すグローバル化、そして東京五輪。
様々な要素の中で、あらゆる菌類の防疫・防除は現実的には無理な部分が多分にあります。


先日のオバマ大統領の来日に伴う目玉はTPP交渉。


現時点で人体への影響が無いと言うことでも、いつ、その‘影響’が判明するかは分からぬ所のことであります。


締めるところは締め、譲らぬ一線は譲らない。


日本ほどに真面目で、モラルの高い国はそうないと想います。

言った事を平気で反故にする国

金銭的支援を受けながら、陰ではとんでもない事を平気のへのさで言ってのける某国家。

いつまでも根堀葉堀で過去をグダグダ言っている、進歩の無い某国民


言うべきは言わずに、それで日本の輸入大国食貧相国家の運営が如何にして出来るのでしょうか!?


食べたものが身体を組成する事は、誰もが分かる当たり前の道理。

今一度、これからの日本の食について、考えてみませんか!?

TPP
我関せずではなく、自分の未来、そしてこれからの日本の将来を背負う子供たちの為に…、


最後まで購読頂き、ありがとうございます。




もしご興味ありました方は、宜しければ一度弊社HPで小生のセミナー風景等も見てみてください。
ユーチューブで無料視聴出来ます。良ければご覧になってください。
http://fp-tsp.com/index.html



著作に興味を持っていただけた方は、良ければ下記のアマゾンURLよりお買い求めください。
リアル書店でも大体的に展開しております。
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E6%9D%AF%E3%81%AE%E7%89%9B%E4%B8%BC%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%81%AE%E8%BB%8C%E8%B7%A1%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E6%AF%85%E5%8F%B2/dp/4828304738






セミナー参加のお申し込み、FP相談(資産運用、保険の見直し、不動産売買のセカンドオピニオン)
お申し込みは、弊社HPのお問合わせフォームへ
http://fp-tsp.com/contact.html


当コラム及び弊社のサービスに関するご意見・感想、要望はこちらまで→
http://fp-tsp.com/contact.html

セミナー・講演情報は随時UPしております→
http://fp-tsp.com/index.html
(SEMINER&WRITINGのタブ内に記載があります)

ご興味有ります方は、ご参照下さい。


TSPコンサルティング株式会社
付加価値評論家® 佐藤 毅史 史

この記事を書いたプロ

TSPコンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤毅史

東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 (本社) [地図]
TEL:03-5957-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金融商品の販売を行わないファイナンシャルプランナー 佐藤毅さん

経済や財務、金融商品などのお金に纏わる知識を広く持つコンサルタント(1/3)

 夢のマイホーム購入、子育て、教育、老後。人生の中で大きな決断が必要なときには必ずと言って良いほど、お金について考えなければならないことが多いものです。  しかし、この人生の大きな決断は人生で一度きり。本や雑誌の特集などに目を通し勉強し...

佐藤毅史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産に関して特に高い専門性を有するFP

事務所名 : TSPコンサルティング
住所 : 東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 [地図]
(本社)
TEL : 03-5957-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5957-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤毅史(さとうつよし)

TSPコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

分かりやすい説明で、住宅購入の要諦を教えていただきました!

結婚して3年、子どもにも恵まれ何不自由の無い生活をしており...

T・I
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【アホノミクスの功罪①】生活物資の価格高騰に消費者はどうすれば良いの!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月22日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

この国の間違った価値観~生活保護はあるべくしてあるべき!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

円安倒産増加に見る、日本のイマ アベノミクスは本当に正しいのか!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

独立・起業を目指す人が押さえて欲しい、値決めの基礎知識

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ