コラム

2014-02-19

顧客志向からの逸脱、自己都合の出店で失速・失敗の『東京チカラめし』の絶望的これから

【直近開催の公開セミナー情報】

詳細は弊社HPへ。。


http://fp-tsp.com/seminer.html



◆2月22日(土) 株式会社ビジネス教育出版社さまにて、講演致します。

10:00~13:00
資産価値とライフプランを軸に考える、あるべき住居選びの勘所


14:00~17:00
相続税大増税時代を前に考えるFPとしてのビジネスチャンス



◆2月27日(木)
8:30~17:00
日本郵便株式会社様にて講演します。
管理職員向けフォローアップ研修



参加希望の方は以下より問い合わせください。

電話:
03-5957-5027

メール:
info@fp-tsp.com



皆さまこんにちわ。
平素より弊社代表のコラムをご開封・購読頂き、誠に有難うございます。



ファイナンシャルプランニングという考え方で、個人法人合わせて延300件以上のコスト削減実績


ファイナンシャルプランナー(FP)として、講演・セミナーを年間150件以上実施

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役

佐藤 毅史(さとう つよし)です。

気付くと今月も残り10日を切り、年度末の3月を迎えようとしております。筆者は来週より10連続地方出張の為、現在急ピッチで仕事を進めております。

弊社で業務として行っております、執筆・講演関連は出先でも取り組めますが、不動産管理案件は毎日の出先職員による部分も大きく、修繕・点検関連、緊急対応等はいつ起こるかも分かりませんので、緊急対応時の体制構築や準備がイマの喫緊の仕事となっております。

管理物件も増えており、スタッフとの連携なく取り組めない状況でありますが、どうか不動産管理の案件がありましたら、弊社までご用命頂けます様、宜しく御願い申し上げます。


ではでは、本日の本題へ…。


かねてより、低価格競争の慢性・激化は、確実に日本経済にマイナスになるという事を書いておりましたが、同時に顧客志向の逸脱についても警鐘を鳴らして参りました。

その最たる例として、専門領域の‘牛丼’業界に後発組として参戦している、

『東京チカラめし』

を運用している、三光マーケティングフーズ社がイマ、非常に良く無いのです(筆者の言った通りですが…)


J-CASTの記事によると…、


半年で39店一気に閉鎖 「東京チカラめし」何があったのか



 牛丼の新たな勢力として台頭した「東京チカラめし」や、「270円均一」のメニューを打ち出した「金の蔵Jr.」や「東方見聞録」「月の雫」などを展開する、東証2部上場の外食チェーンの三光マーケティングフーズの業績が急速に悪化している。

 2014年6月期(通期)の業績予想を下方修正。従来の黒字予想から一転し、営業損益が24億円の赤字、当期純損益が44億円の赤字に陥る見通しを明らかにした。ここ数年で急激に勢力を伸ばしてきただけに、大幅な赤字修正に驚きもある。

■売上高が20.8%も減った

 三光マーケティングフーズが2014年2月7日に発表した14年6月期第2四半期(13年7~12月期)決算によると、売上高は103億5300万円。前年同期に比べて20.8%も減った。営業損益は16億2500万円の赤字(前年同期は2億円の黒字)。純損益は30億9500万円の赤字(同2000万円の黒字)だった。

 「東京チカラめし」などの店舗閉鎖に伴う損失として3億3300万円、減損損失として4億2900万円をそれぞれ特別損失として計上したこと、また居酒屋チェーンの売上高が当初予想を下回ったことや、新たな業態の開発や既存店舗のリニューアルなどの先行投資にかかった費用がかさんだことが赤字の原因。売り上げが低迷するなか、円安による「東京チカラめし」などの食材の仕入れ価格の高騰で、売上原価率が急上昇したこともある。

 「東京チカラめし」は2011年6月に東京・池袋に1号店を出店して以降、大都市を中心に急拡大してきた。「焼き牛丼」(並盛330円)というスタイルと安さで、「吉野家」や「すき家」、「松屋」といった牛丼チェーンを猛追。しかし他の牛丼チェーンと同様に、13年には勢いに陰りが見え始め、アベノミクスによる景気回復の波をつかみ損ねている。

 三光フーズは、「コンビニなどに押されたこともあり、牛丼業界は全体的に厳しい状況に置かれていると認識しています」と話した。

 そこで行ったのが店舗の再編。130か店(2013年6月末時点)あった店舗を、13年7~12月の6か月で39か店(出店は7か店)も一気に閉鎖した。「短期間に出店したため、マーケットの規模に対して出店数が多かったエリアなどが発生しました。ちょうど3年目で見直しのタイミングだったこと、また消費税率の引き上げで、今後の収益力の低下が見込まれることから、不採算店舗を含め、思いきって見直しました」と説明する。


店舗閉鎖は居酒屋チェーンでも実施

 三光フーズによると、店舗閉鎖は居酒屋チェーンでも実施。2013年7~12月末までに、18か店を閉めた。「居酒屋チェーンの多くは1店舗あたりの広さもあります。件数的には『東京チカラめし』のほうが多いですが、費用は居酒屋チェーンのほうがかかります」と、金額がかさんだ理由を説明する。

 居酒屋チェーンの店舗は立地のよい、駅近くの商業ビルなどに入居するケースが多く、客足が低迷し売り上げが伸びなければ、採算をとるのは厳しい。また、「ビルの上の階にある店舗などは、業態転換も難しいので、結局は閉鎖するしかない」という。



という同社の意見ですが、それぞれのお店に行けばすぐ分かります!
低迷の理由。

先ずは東京チカラめし


元調理師として先ず言えるのは、店内が汚い、暗いという事。

飲食はイメージも非常に大切な産業で、店内の美観は間接的な味への感じ方を変える程にインパクトがあります。

そして、その味。

基本的には、化学調味料ゴテゴテの健康に悪そ~な、微妙な味の上、急速拡大によって、店舗間の味のばらつきも激しく、冷たい状態で『焼き』牛丼が出てくることも日常茶飯事。

焼いてません、冷やし牛丼であります。


メニューもおおよそ他の店舗でやっていそうな、似たもの(要は模倣)の展開など、総じて美味しくない、外食店舗としては、あり得ない事をやっている訳です。

そして、同社は基本は直営ですが、最終的には店舗のFCオーナーへの売却による加盟料収入目的の箱を創る事が目的で、これだけの急拡大を進めていたことは、あまり大きく報道されていない所です。


同社のFCオーナー募集要項をみると…、


・スーパーバイザーの臨店不要


コンビニ等では、店舗間のバラつきを無くすため本部からの臨店はあって当然なのですが、こんなことをうたい文句にオーナー募集をしているのです。

これは著書


「一杯の牛丼から見えてくる日本経済の軌跡とこれから(ビジネス教育出版社)」


でも認めており、筆者が昨年の今頃にも指摘していた事なのですが、

要は、お客様に美味しくて安全な食を安価で届ける

と言った、飲食業の本来あるべき崇高な目的を離れ、

『とりあえず店作って、独立希望の連中をカモに、FC加盟料で一儲けしよう!』


という、お客様の事を何も考えていない、最低最悪の仕組みと言えるのではないでしょうか!?


そして、格安居酒屋について、


こちらも味は酷いの一言に尽きます。

飲み物や食事をテーブル迄持ってきてくれますが、家で作ったもやし炒めの方がよほど美味しい。


家飲みを強く進めたくなります。

挙句の果ては、プレミアムメニューと称して、270円均一居酒屋と言っておきながら400円以上のメニューをひっそりと紛れ込ませている事でしょうか。

価格競争には限界もあり、当然のことが当然として起こった。

そうIRや決算報告で言えば良いのに、言えないんですよね。

正しい事をしていないから。


同社が復活する確立ですが、

ほぼゼロ


と言えるでしょう。イマのままでは。

課題は、経営陣の思考転換と言えるかも知れません。

先ずは逸脱した顧客志向を取り戻す事でしょうか。あと、味をもう少しよくする事。

そして、筆者の出禁を取り消す事(笑)

といっても、イマの味では出禁で丁度良いです。筆者も元調理師。美味いと不味いの違いは嫌というほど分かりますので。

ですから、結論は、東京チカラめしはまずいので、もっと美味しいモノを店舗間でばらつきなく提供してほしいという事です。

消費者もバカでは有りません、まずいモノや変なモノは分かります。

消費者を甘く見ている同社の復活は、かなりの厳しい道のりカモ知れません。



最後まで購読頂き、ありがとうございます。




もしご興味ありました方は、宜しければ一度弊社HPで小生のセミナー風景等も見てみてください。
ユーチューブで無料視聴出来ます。良ければご覧になってください。
http://fp-tsp.com/index.html



著作に興味を持っていただけた方は、良ければ下記のアマゾンURLよりお買い求めください。
リアル書店でも大体的に展開しております。
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E6%9D%AF%E3%81%AE%E7%89%9B%E4%B8%BC%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%81%AE%E8%BB%8C%E8%B7%A1%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E6%AF%85%E5%8F%B2/dp/4828304738






セミナー参加のお申し込み、FP相談(資産運用、保険の見直し、不動産売買のセカンドオピニオン)
お申し込みは、弊社HPのお問合わせフォームへ
http://fp-tsp.com/contact.html


当コラム及び弊社のサービスに関するご意見・感想、要望はこちらまで→
http://fp-tsp.com/contact.html

セミナー・講演情報は随時UPしております→
http://fp-tsp.com/index.html
(SEMINER&WRITINGのタブ内に記載があります)

ご興味有ります方は、ご参照下さい。


TSPコンサルティング株式会社
付加価値評論家® 佐藤 毅史

この記事を書いたプロ

TSPコンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤毅史

東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 (本社) [地図]
TEL:03-5957-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金融商品の販売を行わないファイナンシャルプランナー 佐藤毅さん

経済や財務、金融商品などのお金に纏わる知識を広く持つコンサルタント(1/3)

 夢のマイホーム購入、子育て、教育、老後。人生の中で大きな決断が必要なときには必ずと言って良いほど、お金について考えなければならないことが多いものです。  しかし、この人生の大きな決断は人生で一度きり。本や雑誌の特集などに目を通し勉強し...

佐藤毅史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産に関して特に高い専門性を有するFP

事務所名 : TSPコンサルティング
住所 : 東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 [地図]
(本社)
TEL : 03-5957-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5957-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤毅史(さとうつよし)

TSPコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「あらゆる全ての事に対応するファイナンシャルプランナー」 頼んで本当に良かったです。

埼玉県に住む工藤(仮名)と申します。 この度33年間務めて...

K・S
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【アホノミクスの功罪①】生活物資の価格高騰に消費者はどうすれば良いの!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月22日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

この国の間違った価値観~生活保護はあるべくしてあるべき!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

円安倒産増加に見る、日本のイマ アベノミクスは本当に正しいのか!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

独立・起業を目指す人が押さえて欲しい、値決めの基礎知識

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ