コラム

2013-11-26

日本の車が売れなくなった本当の理由 ~ガラクタを作り始めたトヨタの功罪~

【直近開催の公開セミナー情報】

詳細は弊社HPへ。。


http://fp-tsp.com/seminer.html

◆12月4日(水)
10:00~13:00
今更聞けない!?知っておきたい不動産関連書類の読み方講座

14:00~17:00
おもしろくて役に立つ!押さえておきたいFP的経済学のススメ

◆12月14日(土)
10:00~13:00
今年を総括!次年に向けた不動産マーケット展望~2013to2014~

14:00~17:00
企業経営者と顧問契約するためのアプローチ~銀行対応・資金繰り



参加希望の方は以下より問い合わせください。

電話:
03-5957-5027

メール:
info@fp-tsp.com



皆さまこんにちわ。
平素より弊社代表のコラムをご開封・購読頂き、誠に有難うございます。



ファイナンシャルプランニングという考え方で、個人法人合わせて延300件以上のコスト削減実績


ファイナンシャルプランナー(FP)として、講演・セミナーを年間150件以上実施

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役

佐藤 毅史(さとう つよし)です。


本日も大阪にて仕事をしております。

ネットの普及で、何処に居ても情報発信が出来る事は本当にすごいことですよね。。

勿論、それが企業においては情報漏えいのリスクになっていることもありますが、やはり凄いと感じてしまいます。
年内最後の出張なので、心行くまで仕事し、そして楽しみたいと想います。


本日は私の大変興味がある、日本で№1の自動車メーカーで、言っている事とやっていることがめちゃくちゃのトヨタ自動車について…。

以前のコラムでも書きまして、大反響だったのですが、

トヨタのマークXシリーズとレクサスのISシリーズのエンジンが一緒と言う件。


間違いないですが、それで値段が200~300万円も高い…。

常人では理解できない世界ですが、私が伺った某レクサスショールームの担当者によると、

「内装のこだわりと、エンジンがより静かで運転しやすいと好評」


同じエンジンで違うんですかね!?


1+1=2

小学校で教わってきた私にも理解できないことを言える、正気の沙汰では無いですよね。

そんなこんなで、最近の自動車業界は減税・免税と、国がお世話をして、ようやく経済が廻っている。

要は、これらの措置が切れたらアウトだということです。


私は常々想います。


車が売れないのは人口減少以上のものがあると…。


時事通信社の記事によると…、


日本勢、復活をアピール=競う環境・安全技術-東京モーターショー〔深層探訪〕

 内外の自動車メーカーが最先端技術を披露する第43回東京モーターショーが20日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で報道陣に公開された。長く続いた円高など厳しい経営環境に苦しんだ日本勢にとって復活をアピールする絶好の機会で、各社とも得意のエコカーや安全技術の進化などを競い合う。ただ、国内市場の長期低迷には歯止めがかかっておらず、消費者の関心を呼び戻す有効打は依然見えていない。



 ◇円安で景色一変

 「長いトンネルに太陽の光が差した。世界からの来場者が日本の未来に期待を抱くショーにする」。日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は、今回の東京ショーの開催意義を強調する。
 北米市場での販売をけん引役に順調に成長してきた日本の自動車産業だが、2008年秋のリーマン・ショック後の急激な需要の落ち込みで大きくつまずいた。09年3月期には大手7社合計で3626億円の連結営業赤字を計上。その後も11年の東日本大震災やタイの洪水被害の影響で、業績回復の足取りは鈍かった。
 そうした景色は昨年末からの円安進行で一変。14年3月期には7社合計で4兆1780億円の連結営業利益を見込む。会場では「先進技術で他国をリードする」(三菱自動車の益子修社長)、「自動車産業が日本の基幹産業として世界から評価され続けたい」(富士重工業の吉永泰之社長)など久しく聞かれなかった強気な言葉が飛び交った。
 ハイブリッド車(HV)で先行した日本メーカーは、環境技術にさらに磨きをかける。トヨタは水素と空気中の酸素の化学反応で発生する電気で走る燃料電池車(FCV)の市販モデル(15年発売予定)を世界初披露。日産自動車は電気自動車(EV)のスポーツカーを出展した。
 世界的に関心が高まっている自動運転車もトヨタと日産、ホンダがそれぞれ独自技術を紹介。日産の志賀俊之副会長は「海外の技術者も東京ショーを見ないと技術トレンドがつかめなくなる」と胸を張る。

 ◇米ビッグスリーは不参加

 息を吹き返した日本勢だが、足元の国内市場は少子高齢化や若者のクルマ離れで地盤沈下が続く。12年の国内自動車販売は、ピークだった1990年に比べ約3割減の536万台に減少。各メーカーともスポーツカーやスポーツ用多目的車(SUV)などを出展し、消費者のつなぎ留めに必死だ。「絶対に欲しいというクルマを造れていないのが原因」(マツダの小飼雅道社長)と模索は続く。
 国内市場縮小とともに東京ショーの存在感は薄くなるばかりだ。米国のゼネラル・モーターズなどビッグスリーは3回連続で不参加。今年4月の上海モーターショーは今回の東京ショーの約3倍に上る展示車両を集めた。主催者の日本自動車工業会は、2年前の前回(約84万人)を上回る入場者数を目指しているが、独フランクフルトなどと並ぶ世界の五大モーターショーとして、東京ショーは岐路に差し掛かっている。


マツダの社長は良く分かっています。

先ほど書いた、車が売れない理由。

そうです、つまらねー他と同じような車ばかりを大量に作り出したからであります。

特にトヨタの車はつまらない。

クラウンなどは愚の極み。


丸めてみたり、角角にしたり、迷走街道驀進中です。

そして、若者向けと証して結局は高齢の金持ちに対して供給した86


車を走る喜びや楽しさから、移動の道具にしたのは、トヨタの大企業としての功罪なのかもしれません。

私は車が好きですが、レクサスの話を聞いてから、トヨタも偽装表示の仲間入りだと想っております。

最近リッツカールトンでは話題になっているのに、トヨタは何故でしょうか!?

毎日TVで大量の広告宣伝費をメディアにぶちまけているから、悪いこと言われないんでしょうかね!?


街中を走る、あのロゴを見るだけで吐き気がします。

トヨタファンの人もいるかも知れませんが、その現実を知らないからなんですよね。

本当に、もったいない…。

現実を知ってほしいと切に願います。。


最後まで購読頂き、ありがとうございます。




もしご興味ありました方は、宜しければ一度弊社HPで小生のセミナー風景等も見てみてください。
ユーチューブで無料視聴出来ます。良ければご覧になってください。
http://fp-tsp.com/index.html



著作に興味を持っていただけた方は、良ければ下記のアマゾンURLよりお買い求めください。
リアル書店でも大体的に展開しております。
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E6%9D%AF%E3%81%AE%E7%89%9B%E4%B8%BC%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%81%AE%E8%BB%8C%E8%B7%A1%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E6%AF%85%E5%8F%B2/dp/4828304738






セミナー参加のお申し込み、FP相談(資産運用、保険の見直し、不動産売買のセカンドオピニオン)
お申し込みは、弊社HPのお問合わせフォームへ
http://fp-tsp.com/contact.html


当コラム及び弊社のサービスに関するご意見・感想、要望はこちらまで→
http://fp-tsp.com/contact.html

セミナー・講演情報は随時UPしております→
http://fp-tsp.com/index.html
(SEMINER&WRITINGのタブ内に記載があります)

ご興味有ります方は、ご参照下さい。


TSPコンサルティング株式会社
付加価値評論家® 佐藤 毅史

この記事を書いたプロ

TSPコンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤毅史

東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 (本社) [地図]
TEL:03-5957-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金融商品の販売を行わないファイナンシャルプランナー 佐藤毅さん

経済や財務、金融商品などのお金に纏わる知識を広く持つコンサルタント(1/3)

 夢のマイホーム購入、子育て、教育、老後。人生の中で大きな決断が必要なときには必ずと言って良いほど、お金について考えなければならないことが多いものです。  しかし、この人生の大きな決断は人生で一度きり。本や雑誌の特集などに目を通し勉強し...

佐藤毅史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産に関して特に高い専門性を有するFP

事務所名 : TSPコンサルティング
住所 : 東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 [地図]
(本社)
TEL : 03-5957-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5957-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤毅史(さとうつよし)

TSPコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

投資用不動産購入後のシミュレーションに絶句…。

知人の社労士の方と話をしていて、投資用マンション購入後の...

ともくん
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【アホノミクスの功罪①】生活物資の価格高騰に消費者はどうすれば良いの!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月22日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

この国の間違った価値観~生活保護はあるべくしてあるべき!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

円安倒産増加に見る、日本のイマ アベノミクスは本当に正しいのか!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

独立・起業を目指す人が押さえて欲しい、値決めの基礎知識

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ