コラム

 公開日: 2013-08-06 

【企業利益と安全・利便のはざま】高速バス制度からの新制度は、私たちの暮らしにどう影響するの!?

皆さまこんにちわ。
平素より弊社代表のコラムをご開封・購読頂き、誠に有難うございます。



ファイナンシャルプランニングという考え方で、個人法人合わせて延300件以上のコスト削減実績


ファイナンシャルプランナー(FP)として、講演・セミナーを年間150件以上実施

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役

佐藤 毅史(さとう つよし)です。


昨日夜は、平素よりお世話になっております雑誌社の代表と取締役、そして編集長と会食の場を設けさせて頂きました。
現在連載を頂いて10ヶ月。かなり反響のある記事内容と言うことで、このような形で会食の場を設けさせて頂きました。

筆者、非常に飲み会が好きです(笑)

お酒も好きなのですが、本当にその雰囲気で楽しい気持ちになれるのが、本当に嬉しいのです。


このような機会を賜りました、大門社長、佐藤取締役、この場を借りて御礼申し上げます。

ではでは、本題へ。


私自身も何度か利用した事があります、深夜の高速バス。


格安な上に、狭い車内ながらも、眠っている間に目的地に到着すると言うことで、非常によく利用する時期もありました。

しかし、先日も報道されました、運転手の過労による居眠りに伴う高速道路での凄惨な事件をきっかけに、新たな制度が導入された事を皆さんはご存知でしょうか!?



静岡新聞社の記事によると…、


バス新制度 走行距離制限、日帰りツアーにも影響

 運転手の1日の走行距離を500キロまでなどとする高速乗り合いバスの新制度が8月からスタートし、県内観光名所を目的地とした日帰りバスツアーでもプラン変更や廃止が相次いでいる。首都圏からの走行距離がわずかに制限を上回ることになる川根本町や島田市北部などの観光関係者からは、ツアー客減少を懸念する声が上がる。
 阪急交通社(本社・大阪市)は昨年まで、新宿や上野、横浜駅などから寸又峡温泉や大井川鉄道のSL乗車を目的とした日帰りツアーを組んでいた。同社の広報担当者は「紅葉期は1日1~2本運行させていた人気ツアーだが、運転手1人で行けなくなるとツアーの維持は難しい」と本数の減少を示唆した。
 

 読売旅行の横浜営業所も同様のツアーを開催していたが、廃止を含めて対応を検討をしている。担当者は「宿泊プランやツーマン(運転手2人)での運行は可能だが、採算が合わない」と話す。同社によると、都内発のツアーになると、河津町の河津桜など伊豆南部方面のプラン設定も困難になるという。
 紅葉期の寸又峡温泉には、多い日で30~50台のツアーバスが乗り入れていた。うち約半分を占める首都圏からの観光バスのほとんどが日帰り客のため、乗り入れ台数は3割ほど落ち込む見込み。同温泉でホテル「翠紅苑」を経営する望月孝之社長は「宿泊ツアーに切り替えて誘客を図りたいが、見通しは立たない」と不安を明かす。
 

 SL乗車を組み込んだツアーにも影響している。大鉄によると、これまで新金谷駅までバスで行った後、島田市北部の家山駅や川根本町の千頭駅までSLに乗り、再びバスに乗り換えるコースが多かったが、これも難しくなる。坂下肇営業部長は「関東圏からの団体客が極端に減った。SLに往復で乗ってもらうなど、バスの制限距離を超えない工夫を考えている」と話した。

 高速乗り合いバスの新制度 乗客7人が死亡した関越自動車道ツアーバス事故を受け、国土交通省が安全対策として導入した新基準。高速ツアーバスを廃止し、規制が厳しい乗り合いバスに一本化した。1人の運転手が1日に走行できる上限距離を昼間は500キロ、夜間(午前2~4時)は400キロに厳格化した。従来は上限670キロを「目安」としていた

制限を掛ける事で、命と言う最も大切なものが守られる可能性があります。

勿論、当然と言えば当然です。

しかし、過度な規制によって、イマまでは恩恵を受けていた人。
それは、何も業界関係者がメインではあっても、それ以外の観光旅行客で毎年訪れる事を楽しみにしている人たちにおいても、同じようにして、ツアーを心待ちにしている人も居るはずなのですが、何故、このような規制になったのでしょうか!?



勿論、命も大切。長距離の運行は確かに大変です。

筆者も会社員時代には、東京から、福島県のいわき市まで、往復で460Kmの弾丸日帰り出張を決行し、車で一日を投資して行くという、かなりタイトな事をした経験がありますが、これも会社や自分自身のセルフチェックや前日までの勤務状況の把握や、しっかりとした休養をとるなどして、しっかり対応すれば、規制ではなくて、しっかりとした運行管理という、業者への責任追及や国の監視体制の強化で対応できる部分もあるのではないか!?

と筆者には思えているのです。

規制を掛けるのは、確かに楽。

しかし、そこに事業性を見出す企業も居る一方、利用したいと願う消費者も居るのですから、規制の是非をどうこうという訳では無く、どのようにして、企業が運行管理体制を構築しているか、それに対して国はどのように監視体制を構築するのか。

それを考えるほうがより建設的だと思えるのは、筆者だけでしょうか!?

こういった問題をメディア報道の通り、真に受けるのではなくて、やはり、一つや二つ。

自分なりの意見や考え、思いとぶつからせて、戦わせるのも、多角的視点で見るためのアプローチ法ではないでしょうか!?


最後まで購読頂き、ありがとうございます。




もしご興味ありました方は、宜しければ一度弊社HPで小生のセミナー風景等も見てみてください。
ユーチューブで無料視聴出来ます。良ければご覧になってください。
http://fp-tsp.com/index.html

著作に興味を持っていただけた方は、良ければ下記のアマゾンURLよりお買い求めください。
リアル書店でも大体的に展開しております。
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E6%9D%AF%E3%81%AE%E7%89%9B%E4%B8%BC%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%81%AE%E8%BB%8C%E8%B7%A1%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E6%AF%85%E5%8F%B2/dp/4828304738



【直近開催の公開セミナー情報】
■8月11日(日)
9:30~12:30
株式・金融市場展望
企業の販売戦略にある意図から相場を詠む
http://www.yu-cho-f.jp/seminar/fp_seminar25.pdf


■8月22日
10:00~13:00
これからの不動産マーケット展望~地価・政治・諸制度に見る~
http://www.bks.co.jp/seminar/s08/FDS-TAKESHI-SATO-20130822.html


14:00~17:00
3時間で学ぶ!FPとして法人経営者を顧客にするアプローチ法
http://www.bks.co.jp/seminar/s08/RNR-TAKESHI-SATO-20130822.html



参加希望の方は以下より問い合わせください。

電話:
03-5957-5027

メール:
info@fp-tsp.com



セミナー参加のお申し込み、FP相談(資産運用、保険の見直し、不動産売買のセカンドオピニオン)
お申し込みは、弊社HPのお問合わせフォームへ
http://fp-tsp.com/contact.html


当コラム及び弊社のサービスに関するご意見・感想、要望はこちらまで→
http://fp-tsp.com/contact.html

セミナー・講演情報は随時UPしております→
http://fp-tsp.com/index.html
(SEMINER&WRITINGのタブ内に記載があります)

ご興味有ります方は、ご参照下さい。


TSPコンサルティング株式会社
佐藤 毅史

この記事を書いたプロ

TSPコンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤毅史

東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 (本社) [地図]
TEL:03-5957-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金融商品の販売を行わないファイナンシャルプランナー 佐藤毅さん

経済や財務、金融商品などのお金に纏わる知識を広く持つコンサルタント(1/3)

 夢のマイホーム購入、子育て、教育、老後。人生の中で大きな決断が必要なときには必ずと言って良いほど、お金について考えなければならないことが多いものです。  しかし、この人生の大きな決断は人生で一度きり。本や雑誌の特集などに目を通し勉強し...

佐藤毅史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産に関して特に高い専門性を有するFP

事務所名 : TSPコンサルティング
住所 : 東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 [地図]
(本社)
TEL : 03-5957-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5957-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤毅史(さとうつよし)

TSPコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

第三者目線で顧問税理士の提案をして頂きました。

埼玉県で不動産管理会社を25年間経営しております、沢井(仮...

沢井
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【アホノミクスの功罪①】生活物資の価格高騰に消費者はどうすれば良いの!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月22日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

この国の間違った価値観~生活保護はあるべくしてあるべき!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

円安倒産増加に見る、日本のイマ アベノミクスは本当に正しいのか!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

独立・起業を目指す人が押さえて欲しい、値決めの基礎知識

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ