コラム

 公開日: 2013-07-13 

【不幸中の幸い!?】アベノミクスの失策を猛暑・酷暑が救う! ~消費喚起の夏市場を考察~

皆さまこんにちわ。
平素より弊社代表のコラムをご開封・購読頂き、誠に有難うございます。



ファイナンシャルプランニングという考え方で、個人法人合わせて延300件以上のコスト削減実績


ファイナンシャルプランナー(FP)として、講演・セミナーを年間150件以上実施

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役

佐藤 毅史(さとう つよし)です。

世間では本日より3連休ということで、朝から家族で車に乗り、出かける姿が自宅周辺で散見されました。

また事務所に行くまでの道中、大きなかばんに荷物を詰めてどこか遠くへ出かける人の姿も散見され、やはり休日を楽しむ人の姿が何だか時折うらやましくも感じられます。


筆者は本日は一日講演のお仕事です。

7月2日の出版記念講演会後、初の公開セミナーということで少しの緊張とたくさんのワクワクを心に抱いております。

ちなみに、明日は午前中に講演のお仕事をして、午後より明後日は月曜日の午後まで久しぶりにオフにします。

といっても、溜まりに溜まった(編集の方や出版社の方、金融機関の人事の方ごめんなさい…)仕事もありますから、原稿書きながら、自宅界隈の喫茶店や自宅の冷房の効いたお部屋でグーたらしながらも…、


って出来ませんが、

少し時間をゆっくりと味わいながら仕事をしたいと思います。


それでは、本題へ…。


今年は本当に暑いですよね…。

酷暑・猛暑といわんばかりです。梅雨明けも例年に比べても早く昨年よりも2週間も早いという気象庁の報道に、異常気象の予感すら感じます。

自然的に日本が温暖化していることの証左で、ゆくゆくはハワイ等の島々に行かずとも、日本のビーチで同じことが出来るという日も近いかもしれません(嬉しいのか悲しいのか…)


実は筆者の父は、電気工事の仕事(主に空調機【エアコン等】)の設置を生業としておりますが、ここ最近は酷暑の影響もあり、その仕事の忙しさが半端じゃない様です。

筆者は毎日、ネット上で某有名雑誌社のコラムニストとして株式のお勧め銘柄コラムを、投資家ミスターXとして書かせていただいておりますが、猛暑になると、消費が活発になる傾向があります。


ロイター通信社の記事によると…、


猛暑効果で足元消費は堅調、長期化で人出減などを懸念

 7月に入って記録的な猛暑に見舞われている日本列島。ビール、清涼飲料、エアコンなどの売り上げが急増しており、景気にはプラス効果との期待が高まる。

一方で、単なる猛暑にとどまらず、連続真夏日の記録が更新されるなど前例のない暑さとなっているため、人出が減るなどのマイナス面も懸念され始めた。

100年に1度の猛暑と言われたのが2010年。それから3年後の今年は、前例のない暑さが日本列島を覆い、日本経済の大きな変動要因として意識され出している。

3日に東京証券取引所に上場したサントリー食品インターナショナル<2587.T>株は、3120円の初値に対して11日には3690円と順調に上値を伸ばしている。市場関係者は「上値に重石のない銘柄であることに加え、今夏の猛暑で飲料の需要が増加するとの見方もある」と、足元での猛暑がフォローの風と解説する。

同社の鳥井信宏社長は「少子高齢化でも日本の飲料市場は伸びている。熱中症などは、数年前には聞かなかったこと」と述べ、市場が年々縮小しているビール市場などとは異なり、飲料市場は拡大を続ける有望市場とみている。

平均より2週間近く早く梅雨が明けた今夏は、早くも真夏日が続き、熱中症対策も必要となっている。猛暑により葉物を中心に野菜価格も高騰し始めた。伊藤園<2593.T>では「熱中症対策としてミネラル豊富な麦茶と併せ、野菜価格の高騰や暑さで失われた体への栄養補給として、野菜飲料が順調だ」(広報)と話す。

 ビアガーデン向け、外食向けを中心にビールも堅調だ。1―6月は前年同期比0.9%減と統計開始以来過去最低となったビール系飲料(ビール・発泡酒・新ジャンル)の課税出荷数量。ただ、4―6月を見ると同0.5%増とプラスで推移しているほか「7月上旬は全カテゴリーで前年を上回っている」(アサヒビール)という。

同社では氷点下で飲む「スーパードライ エクストラコールド」の年内の累計設置店舗数を従来計画の5000店舗から6500店舗に引き上げた。

日本橋三越のビアガーデンも「前年比20%増となっており、予約でほぼ満席が続いている」(三越伊勢丹ホールディングス<3099.T>広報)という。

 ホームページで、どの程度「ガリガリ君」を欲する天候かという「ガリ指数」を発表している赤城乳業(埼玉県深谷市)。梅雨明け以降、箱単位で必要になる「箱ガリ」が全国に広がっている。同社では「6日に関東甲信で梅雨が明けて1週間。この1週間を梅雨明け前の前週と比べると、ガリガリ君の販売量は2倍になっている」と話す。2010年の猛暑時には品薄となった経験もあるが、今年は春先から猛暑予想も出ていたため、足元の暑さには対応できる生産体制を整えている。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券景気循環研究所の試算によると、7―8月の平均気温が1度上昇すると、同期の個人消費は1313億円増加する。これは、7―9月期の実質個人消費を0.18%、GDP全体を0.11%押し上げるという。

直近で猛暑・酷暑と言われたのは2010年には、あまりの暑さに客足が遠退いた例も伝えられた。ある小売り企業関係者は「足元では夏物衣料や猛暑対策で売上げにはプラスに働いている。だが、この暑さが続くと、客足に影響したり、秋物商戦に響いたりしないか心配だ」と話す。

 ニッセイ基礎研究所経済研究部チーフエコノミストの矢嶋康次氏は「今夏はボーナスが上がっている企業も多く、猛暑が加わることで消費の背中を押している可能性はある」としながらも「高いものを恒常的に買う環境ではないし、タクシーの乗車なども増えていない。何かを買えば、何かを我慢すると言う面もある」と述べ、経済効果は限定的との見方を示している。



「ガリガリ君」を欲する天候かという「ガリ指数」

これは初めて知りましたが、この酷暑によって足元の消費が少しでも活気付けば、イマイチ効果の見出せていないアベノミクスの中途半端な施策も少しは救われているのかも知れません。

しかし、今回の消費はあくまで天候頼み。アベノミクスの効果による需要増加では決してないのです。

この酷暑による消費増加をうまいこと政権は自分たちの手柄に取り込もうと画策しているようですが、それは間違いのはず。

皆様、ぜひ中立の立場で物事を捕らえていただけましたら幸いです。

そして、まもなく参議院選挙。


皆さんの一票で、必ずや日本経済をより良いものにしていきましょう!!


最後まで購読頂き、ありがとうございます。




もしご興味ありました方は、宜しければ一度弊社HPで小生のセミナー風景等も見てみてください。
ユーチューブで無料視聴出来ます。良ければご覧になってください。
http://fp-tsp.com/index.html

著作に興味を持っていただけた方は、良ければ下記のアマゾンURLよりお買い求めください。
リアル書店でも大体的に展開しております。
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E6%9D%AF%E3%81%AE%E7%89%9B%E4%B8%BC%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%81%AE%E8%BB%8C%E8%B7%A1%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E6%AF%85%E5%8F%B2/dp/4828304738



【直近開催の公開セミナー情報】
■8月3日(土)
10:00~13:00
1杯の牛丼を学べば、日本経済のこれからが見えてくる!
http://www.bks.co.jp/seminar/s08/KNY-TAKESHI-SATO-20130803.html


14:00~17:00
持家か賃貸か?ライフプラン・各種優遇制度を元に考える住居選択
http://www.bks.co.jp/seminar/s08/FDS-TAKESHI-SATO-20130803.html



参加希望の方は以下より問い合わせください。

電話:
03-5957-5027

メール:
info@fp-tsp.com



セミナー参加のお申し込み、FP相談(資産運用、保険の見直し、不動産売買のセカンドオピニオン)
お申し込みは、弊社HPのお問合わせフォームへ
http://fp-tsp.com/contact.html


当コラム及び弊社のサービスに関するご意見・感想、要望はこちらまで→
http://fp-tsp.com/contact.html

セミナー・講演情報は随時UPしております→
http://fp-tsp.com/index.html
(SEMINER&WRITINGのタブ内に記載があります)

ご興味有ります方は、ご参照下さい。


TSPコンサルティング株式会社
佐藤 毅史

この記事を書いたプロ

TSPコンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤毅史

東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 (本社) [地図]
TEL:03-5957-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金融商品の販売を行わないファイナンシャルプランナー 佐藤毅さん

経済や財務、金融商品などのお金に纏わる知識を広く持つコンサルタント(1/3)

 夢のマイホーム購入、子育て、教育、老後。人生の中で大きな決断が必要なときには必ずと言って良いほど、お金について考えなければならないことが多いものです。  しかし、この人生の大きな決断は人生で一度きり。本や雑誌の特集などに目を通し勉強し...

佐藤毅史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産に関して特に高い専門性を有するFP

事務所名 : TSPコンサルティング
住所 : 東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 [地図]
(本社)
TEL : 03-5957-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5957-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤毅史(さとうつよし)

TSPコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

投資用不動産購入後のシミュレーションに絶句…。

知人の社労士の方と話をしていて、投資用マンション購入後の...

ともくん
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【アホノミクスの功罪①】生活物資の価格高騰に消費者はどうすれば良いの!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月22日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

この国の間違った価値観~生活保護はあるべくしてあるべき!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

円安倒産増加に見る、日本のイマ アベノミクスは本当に正しいのか!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

独立・起業を目指す人が押さえて欲しい、値決めの基礎知識

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ