コラム

 公開日: 2013-05-25  最終更新日: 2014-07-03

【イクメンが日本を救う!】国家的プロジェクト、子どもとの接触機会増加が日本を良くする!!

皆さまこんにちわ。
平素より弊社代表のコラムをご開封・購読頂き、誠に有難うございます。



ファイナンシャルプランニングという考え方で、個人法人合わせて延300件以上のコスト削減実績


ファイナンシャルプランナー(FP)として、講演・セミナーを年間150件以上実施

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役

佐藤 毅史(さとう つよし)です。

本日は久しぶりにデイオフにしました~。

と言っても、休日の充実。

休日も平日の仕事日に活かせるよう、抜かりなく行動しております。

休日の充実が平素の仕事におけるパフォーマンスに直結しますから、私の所ではそれを常に意識しております。

午前中は、ナンバーワンバリスタチャンピオンのお店にて、珈琲セミナーに参加して参りました。

研修等でお会いするお客様を始め、多くの方との会話の接点を見出し、話のネタを創り、セミナーに華を添える為です。


さ、午後は仕込みと情報の仕入れをしたいと思います。


ではでは、コラム本題へ。

今年に入って政権もアベノミクス効果による気合の入った政策を推進。株価も上昇し、TPP参加の具体的な日付も決まり、あらゆる施策が目白押しとなっております。

劇的に変貌を遂げる日本社会。

特に最近では、時短勤務やエリア限定正社員等の新しい働き方等の普及により、日本の雇用環境は劇的に変化を遂げている状況にあります。


私のご相談に来るお客様の中にも、大手の企業さまでお勤めの方で時短勤務や在宅ワークを認めてもらっている方も多く、少しずつ普及しているのかな…。そのように感じている矢先でしたが、フジサンケイビジネスアイにイクメンのこれからについての記事が記載ありましたので、紹介します。


イクメン、変わる働き方 在宅勤務の規制緩和などで不安解消


 安倍晋三首相が育児休業3年や待機児童解消を掲げ、経済界にも女性の活用を呼びかける中、男性の育休取得の広がりを期待する声が高まっている。女性の継続就労のカギを握る仕事と家庭を両立しやすい社会を実現するには、男性の育児参加は必須となるからだ。育休3年の議論で北欧が採用する「パパクオータ制」も注目を集めており、男性の働き方を見直す契機となる可能性がある。


 「必要性が低い」「収入が不安」「周囲の目が気になる」。なぜ育休を取らないか。旭化成が社内の男性社員に調査した結果、3つの理由が浮き彫りになった。ワークライフバランスを目指し同社は3年超の育児休業制度を設けていた。しかし、男性の取得者はほとんどいなかった。

 これを受けて旭化成は、

▽配偶者が専業主婦でも取得可能
▽5日間は有給
▽5日以内なら口頭での事前申請が可能

-などの制度改正を2006年に行った。これ以降、男性で育児休業を取った社員が延べ1500人を突破。多くは5日間の有給に土日を組み合わせる程度で、半年を超える長期の取得者はいないが、同社は「一つの前進」(広報担当者)と評価する。

 東証1部上場企業のトップが育休を取ったことで話題を呼んだのは、グループウエア大手サイボウズの青野慶久社長だ。10年8月に第1子で2週間休業したのに続き、12年に第2子で半年間にわたり毎週水曜日を「育児デー」として休んだ。同社では青野社長に続き、5人の男性社員が最長10カ月の育休を取ったという。

 サイボウズの広報担当者は「社長の行動は、育児や介護、病気など事情を抱えながらも長く働ける会社というメッセージになったのでは」と説明する。

 毎週水曜日をノー残業デーにするなど全社的な長時間労働縮減に取り組み、結果的に父親の育児参加を促したのは日立製作所。男性社員による出産休暇の利用者は07年の113人が12年に230人と倍増。小学校1年生終了まで3年間、何度でも取得できる育休の男性取得者は07年の2人から12年に15人となった。

 ここにきて追い風になりそうなのが、育休中の在宅勤務を認める規制緩和に向けた政府の動きだ。現行制度では、育休中は雇用保険により休業前の50%の所得が保障される。しかし上限は20万円強で、男性が家計を担うことの多い日本では大幅な収入減となってしまう。育休中も在宅勤務が認められれば雇用保険に給与が上乗せされ、収入面の不安が軽減される。長期にわたり仕事を離れることに対する不安も緩和されそうだ。

 男性に育児休業取得を促す取り組みは、北欧が先行している。ノルウェーの「パパクオータ制」は手当が出る約1年の育休のうち、父親には10週間が割り当てられ、取得しなければその分、手当が削られてしまう。スウェーデンでは子供が8歳になるまで約1年4カ月の育児休業が取得できるが、そのうち父親60日、母親60日分はお互いに譲ることができない。

 日本は所得保障のある育休は基本的には1歳までで、父母ともに取得した場合は1歳2カ月に延長されるものの、男性の取得率は11年で2.63%。8割を超える北欧と比較するまでもなく極めて低い。

 NPO法人(特定非営利活動法人)ファザーリング・ジャパンの創設者で、厚生労働省のイクメンプロジェクト推進チーム座長を務めた安藤哲也さんは「女性の活用は男性の育児参加抜きに語れない。女性が働き続けられる環境をつくろうという首相の発言は、パパクオータ制を導入するなど社会全体の働き方を見直すチャンス」と指摘する。

 男性の育児参加が新たな市場を広げる可能性もある。男性も使える抱っこひもとして巷(ちまた)のイクメンにヒットしたのは、ハワイ発の「エルゴベビー」だ。サイズが大幅に調節できて男女の共用が可能なのと、アウトドア用品を思わせる機能的なデザインが男性の人気を呼んだ。

 エルゴベビーを輸入する育児用品販売のダッドウェイ(横浜市港北区)によると「(08年の)発売から口コミで急激に広まり、育児雑誌の調査では、昨年から店頭で指名買いする人の数でナンバーワンになった」という。ここ数年で、育児用品を扱う販売促進イベントは、父親の参加率が急増しており「少子化でも男性育児市場はむしろ拡大基調にある」(広報担当者)と話す。男性の育児休業取得が進めば、こうした市場の一層の拡大も見込まれる。


欧米では当たり前の様に休暇を大型で取得しているのに対して日本人の多くは超超過労働。

子どもの非行の多くは、親が真剣に向き合えば解決出来る。

教育評論家の尾木ママさんがお話されていましたが、まさにその通りだと思います。

子どもにとっての難しい時期、いわゆる思春期はどうしても不安定で親に反抗しながらもどこかで親を頼る気持ちのある時期でもあります。

そんな時期に厳しくも優しく寄り添う父親の存在。

今回の働きかけの中で導き出されれば幸いに存じます。




最後まで購読頂き、ありがとうございます。




もしご興味ありました方は、宜しければ一度弊社HPで小生のセミナー風景等も見てみてください。
ユーチューブで無料で視聴出来ます。良ければご覧になってください。
http://fp-tsp.com/index.html

著作に興味を持っていただけた方は、良ければ下記のアマゾンURLよりお買い求めください。
リアル書店でも大体的に展開しております。
http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E6%9D%AF%E3%81%AE%E7%89%9B%E4%B8%BC%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%81%AE%E8%BB%8C%E8%B7%A1%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E6%AF%85%E5%8F%B2/dp/4828304738


※7/2(火)

19:00(開場18:30)~21:00


出版記念講演会を開催!!
ライフネット生命保険㈱ 出口治明社長とコラボレーションします。
 有楽町 東京交通会館に於いて





お買い求めはアマゾンでも行えます。

http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%80%E6%9D%AF%E3%81%AE%E7%89%9B%E4%B8%BC%E3%81%8B%E3%82%89%E8%A6%8B%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%82%8B%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%81%AE%E8%BB%8C%E8%B7%A1%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8C%E3%81%8B%E3%82%89-%E4%BD%90%E8%97%A4-%E6%AF%85%E5%8F%B2/dp/4828304738

セミナー参加のお申し込み、FP相談(資産運用、保険の見直し、不動産売買のセカンドオピニオン)
お申し込みは、弊社HPのお問合わせフォームへ
http://fp-tsp.com/contact.html


当コラム及び弊社のサービスに関するご意見・感想、要望はこちらまで→
http://fp-tsp.com/contact.html

セミナー・講演情報は随時UPしております→
http://fp-tsp.com/index.html
(SEMINER&WRITINGのタブ内に記載があります)

ご興味有ります方は、ご参照下さい。


TSPコンサルティング株式会社
佐藤 毅史

この記事を書いたプロ

TSPコンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤毅史

東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 (本社) [地図]
TEL:03-5957-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金融商品の販売を行わないファイナンシャルプランナー 佐藤毅さん

経済や財務、金融商品などのお金に纏わる知識を広く持つコンサルタント(1/3)

 夢のマイホーム購入、子育て、教育、老後。人生の中で大きな決断が必要なときには必ずと言って良いほど、お金について考えなければならないことが多いものです。  しかし、この人生の大きな決断は人生で一度きり。本や雑誌の特集などに目を通し勉強し...

佐藤毅史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産に関して特に高い専門性を有するFP

事務所名 : TSPコンサルティング
住所 : 東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 [地図]
(本社)
TEL : 03-5957-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5957-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤毅史(さとうつよし)

TSPコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「あらゆる全ての事に対応するファイナンシャルプランナー」 頼んで本当に良かったです。

埼玉県に住む工藤(仮名)と申します。 この度33年間務めて...

K・S
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(5

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【アホノミクスの功罪①】生活物資の価格高騰に消費者はどうすれば良いの!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月22日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

この国の間違った価値観~生活保護はあるべくしてあるべき!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

円安倒産増加に見る、日本のイマ アベノミクスは本当に正しいのか!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

独立・起業を目指す人が押さえて欲しい、値決めの基礎知識

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ