コラム

 公開日: 2013-04-20  最終更新日: 2014-07-03

【デフレの助長!?】マクドナルドの後退を狙う、モスバーガーの戦略とは!?

皆さまこんにちわ。
平素より弊社代表のコラムをご開封・購読頂き、誠に有難うございます。


ファイナンシャルプランニングという考え方で、個人法人合わせて延300件以上のコスト削減実績


ファイナンシャルプランナー(FP)として、講演・セミナーを年間100件以上実施

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役

佐藤 毅史(さとう つよし)です。

一昨日より、小生新刊が無事に発売となりました。

一杯の牛丼から見えてくる、日本経済の軌跡とこれから

既に読者の方より感想のコメントを頂けるなどしており、誠に感謝であります。

忙しい時にはメールも最高で1週間近く返信できない時もありますが、必ずお返事をする様に対応しておりますので、著作を読まれた方でご意見や感想、気付かれた事などありましたら、是非メールにて送信下さい。

それでは本題へ…


著作内でも度々登場頂いているのが、かつてのデフレ寵児:日本マクドナルドで有ります。

筆者が高校生の頃には、
ハンバーガー¥60、チーズバーガー¥80

という、度肝を抜く販売を展開しデフレの寵児と言われておりました。

私も高校生の時には良く利用したものです。

しかし、今日本マクドナルドは非常に苦しい情勢にあります。

鶏テリヤキに使う肉に、鳥インフルエンザで問題になった会社の鶏肉を調達していたことも発覚。また、商品自体も単調で飽きられ感もあり、前年同月比割れがかなり続いております。

少し弱ったマクドナルドとしても、いつまでもデフレを続けていても仕方ないという事で付加価値戦略に舵を切り、ここ最近では二極化販売戦略の強力な推進で販売単価の値上げを行っております。

その一方で、少し遠慮がちになってきた日本マクドナルドを横目に、とある会社がじんわりと勢力拡大に向けて動いている様です。

その名は…、

モスフードサービス社

であります。モスバーガーを展開している会社です。

モスバーガーと言えば、オーダーが入ってから調理を始めるので、多少待たされますが揚げたてのポテトやオニオンリング、そして熱々のバーガーを頬張る事が出来る魅力的なお店です。

手作りにこだわっているので、単価も若干割高。

筆者のイメージとしては、お金の無い学生はマックへ。社会人はじめ、良いモノを食べたい人はモスかケンタッキーへ。

こんなイメージが学生の当時からありました。

懐事情の寂しい人にとっては、モスバーガーは高根の花でした。

しかし、モスがここにきて実質的値下げを行う事を発表しました。

マクドナルドが値上げを行う背景は、食料品類(小麦粉や食肉等)の緩やかな値上げによる現在料高を販売価格に転嫁するという側面もあります。

モスバーガーは、その様な願えするべき情勢下であえて価格据え置きを発表したのです。

東洋経済の記事によると…、

モスバーガー、「マック値上げ」に逆張り

 モスバーガーをチェーン展開するモスフードサービスは、4月23日から全国のモスバーガー店舗で販売する「モスバーガー(写真)」「テリヤキバーガー」などの主力商品を全面リニューアルする事を発表した。





 価格は据え置きながら、ハンバーガーのパティやソースといった食材を“改良”することで商品力を強化。業界最大手のマクドナルドや、中食部門を強化しているコンビニエンスストアに対する競争力を強めるのが狙いだ。

 モスフードがこの定番品リニューアル戦略を明らかにしたのは、くしくも日本マクドナルドホールディングスが100円メニューである「ハンバーガー」値上げや、一部店舗での主力商品「ビッグマック」の実験的な値上げを発表したのと同じ、4月18日。

 ライバルの“値上げ”に対して、値下げとまでは行かないまでも“価格据え置き”の逆張り。ハンバーガー業界首位と2位とで戦略の違いが鮮明に出た。しかし、質を上げて価格を据え置くので実質的な値下げである。しかし、価値(プライス)は下げないということだ。

■ パティは牛肉100%に、ソースも改良

 モスフードが4月23日から全面リニューアルするのは、「モスバーガー」や「テリヤキバーガー」といった主力商品を含む17種類のハンバーガー。

 まず、パンに挟むハンバーガーパティについては、今までの牛肉と豚肉の合い挽きから牛肉100%に変える。
 ソースに関しても、ミートソースは「コクを上げて味全体を調整」、テリヤキソースは「しょうゆとみそを引き立て甘みを調整」するなど、全面的な改良を加える。

 4月18日に開かれた「2013年度商品施策発表会」の場で会見した、モスフードの櫻田厚社長(写真)は、「株主やお客様から“モスはよい商品を持っている。もっと進化させて欲しい”との要望が強かった」と説明する。

 同社の商品の中でも「モスバーガー」は販売数が一番多い基幹商品。期間限定メニューではなく、主力メニューを6年ぶりに刷新することで、商品力を高め、競争力の向上を狙う。

■ ビッグマック“値上げ実験”で、看板製品の価格逆転も

 一方、ハンバーガー業界最大手の日本マクドナルドは同じ4月18日、消費増税を見据えて、「ハンバーガー」「チーズバーガー」など単品メニューの値上げを発表した。「ハンバーガー」は旧価格100円を新価格120円に、「チーズバーガー」は旧価格120円から新価格150円に、それぞれ価格を引き上げる。

 ダブルチーズバーガーよりチーズが1枚少ない新商品「マックダブル」(190円)の投入や、「ポテトSサイズ」の値下げ(旧価格190~230円、新価格150円)といった、100~200円の低価格帯メニューの拡充はあるものの、全体的には“値上げ”の色彩が強い新価格戦略となっている。

 また、日本マクドナルドは全国49店で、主力商品「ビッグマック」(単品)を旧価格290~320円から新価格330~360円に値上げする“実験”も行う。この結果、一部店舗とはいえ、ビッグマックはモスフードの「モスバーガー」(320円)を上回る価格となり、両社の看板商品の価格が逆転することになる。


ここにきてのモスフードサービス社の戦略はデフレを助長するモノなのか!?

これについては、意見が分かれる所と思います。私自身の見解を申し上げますと、デフレの助長になるとは思わないのです。

それは、モスバーガーはオンタイム調理で良質なものを提供する事に力点を置いておりますので、マクドナルドの安かろう悪かろうとは、少し違うのではないかと思うからです。

実質的な値下げの感はありますが、価格は下げずに付加価値をプラスするという行為自体は良くある事ですし、値下げという知恵の無い営業展開とは異なる側面もありますので、同社の営業展開は非常に合理的なのではないかと考えます。

今後は、値段を下げるのではなくて価値を上げて実質的に値下げした事を付加価値として感じられる営業展開にこそ、魅力が有る様に感じられます。

その様な会社こそ、今後も残るであろう会社なのではないでしょうか!?


最後まで購読ありがとうございました。

4/18(木)発売!!
一杯の牛丼から見えてくる、日本経済の軌跡とこれから



店頭では、このようなPOPで皆様をお待ちしております。




書店若しくはAmazon等でお買い求めください。

アマゾンはこちら


セミナー参加のお申し込み、FP相談(資産運用、保険の見直し、不動産売買のセカンドオピニオン)
お申し込みは、弊社HPのお問合わせフォームへ
http://fp-tsp.com/contact.html


当コラム及び弊社のサービスに関するご意見・感想、要望はこちらまで→
http://fp-tsp.com/contact.html

セミナー・講演情報は随時UPしております→
http://fp-tsp.com/index.html
(SEMINER&WRITINGのタブ内に記載があります)

ご興味有ります方は、ご参照下さい。


TSPコンサルティング株式会社
佐藤 毅史

この記事を書いたプロ

TSPコンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤毅史

東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 (本社) [地図]
TEL:03-5957-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金融商品の販売を行わないファイナンシャルプランナー 佐藤毅さん

経済や財務、金融商品などのお金に纏わる知識を広く持つコンサルタント(1/3)

 夢のマイホーム購入、子育て、教育、老後。人生の中で大きな決断が必要なときには必ずと言って良いほど、お金について考えなければならないことが多いものです。  しかし、この人生の大きな決断は人生で一度きり。本や雑誌の特集などに目を通し勉強し...

佐藤毅史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産に関して特に高い専門性を有するFP

事務所名 : TSPコンサルティング
住所 : 東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 [地図]
(本社)
TEL : 03-5957-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5957-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤毅史(さとうつよし)

TSPコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

分かりやすい説明で、住宅購入の要諦を教えていただきました!

結婚して3年、子どもにも恵まれ何不自由の無い生活をしており...

T・I
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【アホノミクスの功罪①】生活物資の価格高騰に消費者はどうすれば良いの!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月22日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

この国の間違った価値観~生活保護はあるべくしてあるべき!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

円安倒産増加に見る、日本のイマ アベノミクスは本当に正しいのか!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

独立・起業を目指す人が押さえて欲しい、値決めの基礎知識

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ