コラム

 公開日: 2012-09-08 

【再考】消費増税前に…、 ~購入を控えるべきモノとは…~

皆さまこんばんわ、平素より弊社代表のコラムをご開封&ご購読有難うございます。

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役

ファイナンシャルプランナー(FP)の佐藤毅です。

本日は早速コラムへ行きます。

ご相談を受ける際に質問される事及びお話することの中に、消費税が5→8%に。

そして8→10%に今後上昇する前に、購入をしておいたほうが良いものはありますか?

というご相談を受けることがあります。消費税が上がる前に購入する事で、増税の影響を受けずに得をするというのは、普通に考えれば当たり前の事ですよね。

それに対して、駆け込み需要を想定した企業の対策というのもこれから活発になるのではないかと思われます。しかし、気を付けておきたいのが駆け込み需要対策で抱え込んだ在庫が予想よりも掃けずに、不良在庫と化す可能性です。

では、そんなこんなですが消費増税前に購入するべきものとは…。

よく言われるのは
「高額商品」

例えば、住宅や車。高額な家電製品等の嗜好品類の購入について、TVshow及び雑誌類に寄稿する方も多くいます。

確かに、高額商品(例えば1億円)の消費税を考えた際に、

5%で500万円ですが、
8%だと800万円になり、10%だと1,000万円になります。

消費税も無視できないですよね。

駆け込み需要が起こるのも、納得。

しかし、考えて欲しいのです。

家電業界において、エコポイントという制度がかつてありましたよね。

一定期間までに購入すると、より多くのポイントが政府(国)よりもらえるという制度でした。

ポイント目当ての駆け込み需要が興り、液晶TVからエアコン類が大量に販売されるという状況になりました。

量販店に長蛇の列ができる姿もTVに放映されました。しかし、そのエコポイント終了後に何が起こったのか。

駆け込み需要の反動で売上が激減し、量販店が独自に付与されなくなったエコポイント分を価格値引き若しくは独自に付与するという形で販促営業活動を展開したのです。

そう、無理に消費を喚起する形での消費増税前の駆け込み需要は、その後に値下げという可能性を十分に孕んでいるのです。

必ずしも私のコラムの記載の通りになるとは、言い切れません。もしかしたら、高度経済成長期の様な旺盛な消費が復活する可能性もあります。しかし、過去の歴史を見るにその可能性は低いように思いますので、駆け込み需要としての高額商品の購入は慎重に検討されることが良いと思います。

流行り廃りが早い状況下、致し方ないのかも知れません。

慎重な判断の中で購入を後押しする諸制度もあります。駆け込みという事で何も考えずに購入をするのは、慎重に考えられる方が良いと思います。

最後まで購読有難うございました。


明日以降ですが、消費税の増額前に購入をしておいた方が良いものを、弊社代表よりいくつかご提案致します。


P.S.
セミナーのお知らせです。平日のセミナーですので、土日に仕事をされている方向けにオススメ致します。勿論、フリーの方も参加お待ちしております。

9月19日(水)
①10:00~13:00
身近な事例に学ぶ! 株式投資のイロハとその感所
 「株式投資」と聞くと、多くの専門家やストラテジストの方々が難しい係数(PER,PBR,ROE等…)であったり、難解な専門用語を駆使して、持論を展開するシーンが雑誌やTVの経済ニュースで報道されている所を見たことがある人も多いのではないでしょうか?
  でも、株式投資というのはそういった係数も大事ですが、係数だけではなく、身近な出来事や季節柄のイベント(催事)、興行などで株価が動くようなシーンも多数考えられます。

 本セミナーでは、専門家が使うような係数であったり数字は極力考えずに、世の中の動きや催事、季節柄のイベントなどから株価がどのように動くのか。マーケット要素を盛り込み、株式投資のイロハと投資における感所をお伝えしていきます。
http://www.bks.co.jp/seminar/s09/KNY-TAKESHI-SATO-20120919.html


②14:00~17:00
貴方はどう答える!? 事例を元に考える相続の話
相続の事例は正に百人百色。似たような事例があっても、その中身の細かい点に関してはかなり異なります。
本セミナーではFPとして講師が相談を受けた事例を盛り込み、実際にどのような回答が適切なのか…。
一般的な教科書的内容で解決できないのが、相続。
事例を元に、解決方法や対策を受講者の方にも考えて頂きながら、相続についてお話していきます。
土地の分割により相続税評価額の変化を数値として考えてまいります。
http://www.bks.co.jp/seminar/s09/SZK-TAKESHI-SATO-20120919.html


詳細はリンクより確認頂けましたら幸いです。マイベストプロを見た!!

という方には、抽選で5名様。

¥10,000相当の個別相談(1.5H)を無料で提供致します。また、次回のセミナーについても優先的に応募をお受けする事も可能です。

是非お越し下さいましたら幸いです。

ご意見・要望、相談依頼とセミナーのお申し込みはこちらまで↓

info@fp-tsp.com


TSPコンサルティング株式会社
代表取締役  佐藤 毅

この記事を書いたプロ

TSPコンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤毅史

東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 (本社) [地図]
TEL:03-5957-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金融商品の販売を行わないファイナンシャルプランナー 佐藤毅さん

経済や財務、金融商品などのお金に纏わる知識を広く持つコンサルタント(1/3)

 夢のマイホーム購入、子育て、教育、老後。人生の中で大きな決断が必要なときには必ずと言って良いほど、お金について考えなければならないことが多いものです。  しかし、この人生の大きな決断は人生で一度きり。本や雑誌の特集などに目を通し勉強し...

佐藤毅史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産に関して特に高い専門性を有するFP

事務所名 : TSPコンサルティング
住所 : 東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 [地図]
(本社)
TEL : 03-5957-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5957-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤毅史(さとうつよし)

TSPコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

何故貯金が出来ないのか、スッキリとしました!同時に、危機意識も持つことが出来ました。

私は20代のOLをしている、都内在勤のOです。 勤め先は有名な...

O・M
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(12

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【アホノミクスの功罪①】生活物資の価格高騰に消費者はどうすれば良いの!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月22日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

この国の間違った価値観~生活保護はあるべくしてあるべき!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

円安倒産増加に見る、日本のイマ アベノミクスは本当に正しいのか!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

独立・起業を目指す人が押さえて欲しい、値決めの基礎知識

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ