コラム

 公開日: 2013-03-09  最終更新日: 2014-07-03

【日本の景気は本当に良くなるのか!?】アベノミクスの本当のトコロを検証する!!

皆さまこんにちわ。
平素より弊社代表のコラムをご開封頂き、誠に有難うございます。



ファイナンシャルプランニングという考え方で、個人法人合わせて延300件以上のコスト削減実績


ファイナンシャルプランナー(FP)として、講演・セミナーを年間100件以上実施

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役

佐藤 毅史(さとう つよし)です。

『医者の不養生』

この言葉の意味を私佐藤に置き換えると…、

『FPの不養生』

とでも言えるかも知れません。。

巷でのファイナンシャルプランナー(FP)の印象。

それは、
・保険屋
・怪しい海外積立商品の販売屋
・お金をコツコツ貯めている人

色々なイメージがフィックスしそうですが、私は上記3つのどれにも合致しません。

というのも、上記のうち3つ目がなかなか厄介なところです。

私も仕事柄、多くの方の内容がフィックスしない保険の見直しや家計改善のお手伝いをしておりますが、
じゃあ自分は!?

と問われると、100%完璧とは断言できない部分があるのです。
どの職業においてもそのはず。
特に私の場合、飲み会の時の過ぎたる行為で終電を逃すという事が多いので、交通費が結構な額になる事もしばしば…。

反省ですね…。でも、そういった経験もあるからこそ、実態に即した提案ができるのが弊社の魅力です。

巷であふれる節約本やダイエット本。
あれ、全て実用性ゼロです。ほぼ皆無。

節約して○○万円貯める本

あれは、著者が儲ける為のモノであって、皆さんの財布にはお金が貯まらない内容です。もし貯まるなら、もっと世の中豊かな人がいても良いはずです。

形だけの上っ面仕事をする自称ファイナンシャルプランナー(FP)のまあ多い事。

私はそのような本質を知らない人達への警鐘も鳴らしつつ、本当に必要な保障や提案を常に実行していきたいと考えております。中途半端な書籍が増えた様に感じております。でも、本質は違うのです。


さてさて、本題へと参ります。





ここ最近は円安株価高の様相を呈しておりますので、何だか明るい様にも感じられます。

良くご相談のお客様にも、
「アベノミクスって何?」という言葉をよく聞きます。

 でも、中身は?と聞かれると自信を持って答えることが出来る人は多くないと思います。

 今回は、アベノミクスについて解説します。


 アベノミクスはアベ(安倍首相)とエコノミクス(経済学)の合成語です。

 つまり、安倍首相の経済学という意味の造語です。

 具体的には、安倍首相は「3本の矢」と説明しています。

 中身はというと、1本目は大胆な金融緩和、2本目は機動的な財政出動、3本

 目は民間投資を喚起する成長戦略です。

 「3本の矢」と言っても当たり前の内容ですので、アベノミクスは、政府と

 して当たり前のことをやります、と宣言しているに過ぎません。

 最近、円安になり、景気も良くなっているイメージを持っている方も多いと思いますが。実は何も行われていません。

 期待感から円安、株高になっているにすぎないのです。

 お金を増やしても(金融緩和)、そのお金が使われなければ景気は良くなりません。

 つまり民間投資を喚起する成長戦略がアベノミクスのカギとなります。

 それにはips細胞のようなイノベーション(技術革新)により新しい産業や雇用が生まれたり、大胆な規制緩和により新規参入者が増えることが必要です。

 そうならないと日本経済は成長しないと思います。

 アベノミクスは成功するでしょか。

 TPPひとつをとっても、農業団体や医師会の既得権益の高い壁があります。

 成長戦略がうまくいかないと更に借金が増えるだけで、日本経済は立ち行かなくなるでしょう。

 日本経済は崖っぷちです。国民一丸となってアベノミクスを応援しませんか。 

と言えるのかも知れません。

安倍総理は、この今の情勢を見るや、経済界や財界に対して成果を早急に求めるべく賃上げせいと要求しました。

コンビニ大手のセブンイレブンを持つセブン&iホールディングスが先日ベースアップを発表しました。それよりも前には同業界国内2位のローソン社が、定期賞与の内部留保取り崩しによる増加を発表しました。

いずれにしても、抜本的な景気回復がまだ伴っていない情勢下、企業も安易な賃上げは行えていないのです。

むしろ賃上げした後の負担増加が企業業績を圧迫することを懸念しているのです。

消費に回して欲しいと云う切なる願いも事実ですが、この景気回復がイザナギ景気と言われた時代のそれと似ている事もそうですが、果たして企業はどうするのか。

今後の動向に注目したいところです。


くれぐれも、悪い物価上昇
(物価は上がるのに、賃金は変わらないかむしろ下がる)
にならない事を切に願いたいです。



最後まで購読ありがとうございました。

セミナー参加のお申し込み、FP相談(資産運用、保険の見直し、不動産売買のセカンドオピニオン)
お申し込みは、弊社HPのお問合わせフォームへ
http://fp-tsp.com/contact.html


当コラム及び弊社のサービスに関するご意見・感想、要望はこちらまで→
http://fp-tsp.com/contact.html

セミナー・講演情報は随時UPしております→
http://fp-tsp.com/index.html
(SEMINER&WRITINGのタブ内に記載があります)

ご興味有ります方は、ご参照下さい。


TSPコンサルティング株式会社
佐藤 毅史

この記事を書いたプロ

TSPコンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤毅史

東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 (本社) [地図]
TEL:03-5957-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金融商品の販売を行わないファイナンシャルプランナー 佐藤毅さん

経済や財務、金融商品などのお金に纏わる知識を広く持つコンサルタント(1/3)

 夢のマイホーム購入、子育て、教育、老後。人生の中で大きな決断が必要なときには必ずと言って良いほど、お金について考えなければならないことが多いものです。  しかし、この人生の大きな決断は人生で一度きり。本や雑誌の特集などに目を通し勉強し...

佐藤毅史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産に関して特に高い専門性を有するFP

事務所名 : TSPコンサルティング
住所 : 東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 [地図]
(本社)
TEL : 03-5957-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5957-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤毅史(さとうつよし)

TSPコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

何故貯金が出来ないのか、スッキリとしました!同時に、危機意識も持つことが出来ました。

私は20代のOLをしている、都内在勤のOです。 勤め先は有名な...

O・M
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(12

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【アホノミクスの功罪①】生活物資の価格高騰に消費者はどうすれば良いの!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月22日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

この国の間違った価値観~生活保護はあるべくしてあるべき!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

円安倒産増加に見る、日本のイマ アベノミクスは本当に正しいのか!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

独立・起業を目指す人が押さえて欲しい、値決めの基礎知識

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ