コラム

 公開日: 2013-02-01  最終更新日: 2014-07-03

【殖やし過ぎたツケは法律で…】 ガソリンスタンドの相次ぐ廃業に、政府と業界団体の思惑

皆さまこんにちわ。
平素より弊社代表のコラムをご開封頂き、誠に有難うございます。



ファイナンシャルプランニングという考え方で、個人法人合わせて延300件以上のコスト削減実績


ファイナンシャルプランナー(FP)として、講演・セミナーを年間100件以上実施

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役

佐藤 毅史(さとう つよし)です。


今日から2月が始まりました。1か月中、最も日数の少ない月になります。

それだけ密度と濃度濃く生活しないと、あっという間に月日が過ぎてしまいますので是非いつも以上に当月は気持ちを引き締めて取り組まれて頂ければと思います。筆者も特にその辺りを意識して当月を過ごしたいと思います。

筆者は現在、静岡県に出張で来ております。静岡は快晴…。ではなくて、あいにくの曇り空です!

明日の金融機関での職員向け講演の為、前日から静岡入りしている状態です。

明日は数百名の金融機関職員を前に、講演をします。6時間ですので、ほぼ研修ですね…。


明日への鋭気を養うべく、今日は駿河湾の美味しいお魚をお寿司で食べます☆

もう食べました!!

最高に美味い!!
生しらすに桜海老。

この様に記載すると、遊んでいるかの様に見られてしまうのですが、何事も私は常に一瞬一瞬が全力投球です!!

最高のパフォーマンスを挙げる為に、最高の自分で臨みたいと思います。

その為に大切な事は、3つ。

「睡眠・食事・お休み」

であります。
良く忙しい事を自慢する方や、寝不足で大変だよ~。。

と言いたげな顔をする、どや顔の人が居ますが大変失礼な言動ではないでしょうか!?

普通に考えてみてください。

クライアントの前では、常に100%の姿を演出する必要性があると思うのです。

疲れた姿で現れるのは、仕事が忙しく仕方ないという理由があるにせよ、クライアントに対しては大変失礼な言動です。体調を万全に整えて、いつでも100%の自分を講演前に準備する。

公私を分ける必要性がありますし、私もその事を独立に際してとある方より伺い、今現在の仕事におけるモットーにしております。

皆様もそんな些細なことかも知れませんが、仕事への取り組みの一つとして意識してみて下さい!!



さてさて、本日のコラムを書かせて頂きます。

規制のある処に緩和あり。またその逆も然りであります。

これは良く例え話で使われるのですが、レントシーキング効果と言われる理論で説明出来ます。

何だか難しい言葉に聞こえますが、以下の例で考えましょう。

例えば、とある村では美容室を3店舗迄しか開店する事が出来ないルールだったとします。

しかし、人口規模で見たら明らかに不足している状況で、どの店舗も超満員。

だとすれば、第二の魚を求めてそこに新しい企業が参入し競争が民主主義の中で興るのが自然の流れです。

しかし、ここで考えて欲しい事。
既存の業者は、どうしますでしょうか…!?

賂を積んで、便宜を図ってもらえる様にしますよね、きっとですが。

かたや新参者として参入のチャンスを待っている企業からすれば、同じく賂を積んで規制の枠の中に入れてもらえる様にお願いするはずです。
こうして賂というつまらぬモノが横行し、国が廃れ、血税が無駄に使われるのが規制と緩和の難しさなのです。

この時の無意味な業者間の規制を巡る争いがレントシーキングなのです。


さてさて、今日はそんなこんなで緩和の影響で一気に増えたロードサイドに立地するガソリンスタンドの○○な話をお伝えしたいと思います。

お付き合い下さい。


先日TVでも報道されており、私はガソリンスタンドでもアルバイトをしたことがあります。

危険物は勿論、難しい甲種危険物取扱者まで持っております。

そんなガソリンスタンドを巡るニュースで気になることがありました。



ガソリンスタンド2千店超が閉店…消防法改正で






記事によると…、

 2012年度中に閉店するガソリンスタンド(GS)が2000店を突破する見通しであることが、全国石油商業組合連合会(全石連)の試算で明らかになった。

 11年度(1034店)の2倍の水準で過去最多となる見込みだ。11年2月に施行された改正消防法で、GSの地下タンクの設置年数に応じ、油漏れ防止装置(1か所あたり500万円程度)などを1月末までに設置することが義務づけられているほか、エコカーの普及で給油が減っていることも閉店する店舗が増えている背景にあるとみられる。

 全石連によると、改正消防法で改修の対象となるGSは全国で約7000店舗。経済産業省が2年間の移行期間に必要費用の3分の2を補助する制度を設けているが、制度を利用するのは約5000店にとどまる。過当競争などで廃業する業者も含めれば、閉店は2000店を上回る見通しだ。


国が規制を緩和した事で、ガソリンスタンドの開業が一気に進み道路を挟んで対向にも店舗があるスタンドも多数出来ました。また少し車を走らせれば、リッター単価の安いガソリンを販売しているスタンドがあったりとして、ガソリンスタンドはデフレ経済下における価格競争の波に飲み込まれていたのです。

そこで、緩和した規制を引き締める効果がある制度の導入で、過当競争への一定の歯止めになるのか…。

しかし、昔からのガソリンスタンドの多くが廃業せざるを得ないというのは、ある意味では真面目にビジネスをしてきた方々にとっては、国のワガママなご都合主義的政策の被害者になっているだけなのかもしれないのです。

話は変わりますが、JAL再生についても、国民負担(血税の充当)なく再生させたことをさも素晴らしい事の様に報道するメディアも多数ありました。

しかし、株主は紙切れとなった同社株式を片手に苦々しい思いをしたはずですし、JALの関連会社に勤めているひとであれば、賃下げやリストラ等の被害に遭ったはずです。

つまり完全な負担の無い再生等はありえないということです。

同じように、今回のガソリンスタンドの閉店もその法制度自体は必要に応じて作られて変更もされますが、計画倒産を彷彿とさせるような、悪意のある改変には、いささかではありますが疑問を抱かずにはいられないのです。


国の政策に振り回されている人が一定数いることを是非、知っておいて頂けましたら幸いです。




最後まで購読ありがとうございました。

セミナー詳細は弊社HPへ。
http://fp-tsp.com/seminer.html


元不動産管理会社の営業マンとして、資産保全や有効利用に詳しく、不動産に詳しいファイナンシャルプランナーとして講演をすることの多い筆者ですが、この度2013年2月11日(祝・月)に住居(不動産)選びについての、勘所や今後の住居選びに知っておきたい内容について講演します。

オールアバウトや、経済誌に書かれている様な通常のコンテンツをセミナーでお話しても致し方ないので、

管理会社の目線で、
・資産保全
・老後の住居確保
・ライフプランで考える住居選択のタイミング
・資産価値の経年変化
・メンテナンスコストの考え方
・ではいつが買得なのか!?


上述をテーマにして、お話します。


ご都合空きましたら、是非ご検討下さい☆彡


2013年2月11日(祝・月)
◆10:00~13:00
持家か賃貸か!?
ライフプラン・各種優遇制度を元に考える住居の選択

◆14:00~17:00
一戸建てかマンションか!?
多角的アプローチで紐解く住居の選択


お申し込みは、弊社HPのお問合わせフォームへ
http://fp-tsp.com/contact.html



当コラム及び弊社のサービスに関するご意見・感想、要望はこちらまで→
http://fp-tsp.com/contact.html

セミナー・講演情報は随時UPしております→
http://fp-tsp.com/index.html
(SEMINER&WRITINGのタブ内に記載があります)

ご興味有ります方は、ご参照下さい。


TSPコンサルティング株式会社
佐藤 毅史

この記事を書いたプロ

TSPコンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤毅史

東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 (本社) [地図]
TEL:03-5957-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金融商品の販売を行わないファイナンシャルプランナー 佐藤毅さん

経済や財務、金融商品などのお金に纏わる知識を広く持つコンサルタント(1/3)

 夢のマイホーム購入、子育て、教育、老後。人生の中で大きな決断が必要なときには必ずと言って良いほど、お金について考えなければならないことが多いものです。  しかし、この人生の大きな決断は人生で一度きり。本や雑誌の特集などに目を通し勉強し...

佐藤毅史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産に関して特に高い専門性を有するFP

事務所名 : TSPコンサルティング
住所 : 東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 [地図]
(本社)
TEL : 03-5957-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5957-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤毅史(さとうつよし)

TSPコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

分かりやすい説明で、住宅購入の要諦を教えていただきました!

結婚して3年、子どもにも恵まれ何不自由の無い生活をしており...

T・I
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(17

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【アホノミクスの功罪①】生活物資の価格高騰に消費者はどうすれば良いの!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月22日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

この国の間違った価値観~生活保護はあるべくしてあるべき!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

円安倒産増加に見る、日本のイマ アベノミクスは本当に正しいのか!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

独立・起業を目指す人が押さえて欲しい、値決めの基礎知識

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ