コラム

 公開日: 2013-01-04  最終更新日: 2014-07-03

【バブルの遺産がビジネスチャンス!?】 保養所に絡む新規の再生ビジネスを考える

皆さまこんにちわ。
平素より弊社代表のコラムをご開封頂き、誠に有難うございます。



ファイナンシャルプランニングという考え方で、個人法人合わせて延300件以上のコスト削減実績


ファイナンシャルプランナー(FP)として、講演・セミナーを年間100件以上実施

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役

佐藤 毅史(さとう つよし)です。

本日は1月4日(金)

三が日が明けて、人によっては本日より仕事初めという方も多いのではないでしょうか!?

人によっては本日を有給休暇として、12/29~1/6の9連休という方も多いのではないでしょうか!?

う、羨ましい…。
筆者も自堕落な生活をしておりましたが、基本は仕事をしておりました。と言っても、在宅で出来る仕事というのは、今月提出する講演資料や原稿類の作成であります。

明日より本格的な仕事開始であります!といっても、最初は事務所に言って年賀状作成であります…。

個人事業主の時からのお知り合いの多くは自宅に年賀状を送付して頂けたのですが、

昨年9月に法人登記をしましたので、仕事関係の年賀状が事務所と自宅で分散しております。。

事務所にどれくらい年賀状が届いているのか…。
心配でありますが、楽しみであります。

さてさて、

不動産に詳しいファイナンシャルプランナーの第一人者として、本日は不動産再生における新規のビジネスチャンスについてコラムを執ります。

バブル経済の真っ只中、日本企業の多くがこぞって従業員への福利厚生の一環で自社で保養所の保有であったり、リゾート会員件の売買を活発に行いました。

しかし、バブル崩壊後の日本経済では失われた20年として不良債権が遅々として進まず、

各企業がバブル最盛期にこしらえた従業員への福利厚生等が経営を大きく圧迫。

福利厚生の縮小や、廃止が現在の情勢であり、地方の保養所は閑散としている状態です。

そんな中、産経新聞に興味そそられる記事の記載がありましたのでご紹介します。


お荷物じゃない!“閉鎖保養所”は宝の山…期待の再生ビジネス





【ビジネスの裏側】

 業績悪化に苦しむ関西電力が、経営効率化のため社員向け保養所の全廃を決めた。関電に限らず、経営難の企業は赤字の保養所を相次いで閉鎖している。その一方、保養所を一般観光客が低料金で利用できる宿泊施設に再生させるビジネスが急成長している。「お荷物」になった保養所を有効活用したい企業にとって、「救世主」になるか-。

なぜ?電力社員に「値下げ」待望論 電気料金と賃金のビミョーな関係

 関電は4月からの電気料金値上げに伴い、平成25~27年度の間、年間平均1553億円のコストをカットする。その一環で、保養所「須磨クラブ」(神戸市須磨区)と「あかぐり崎クラブ」(福井県おおい町)の閉鎖を決定。関電の保養所はゼロになる。

 「夏休みに子供を連れて行ったなあ…」

 須磨クラブを利用した管理職の男性は感慨深げにため息をついた。神戸の須磨海岸のすぐ近くで、テニスコートも完備。家族サービスに適した環境だけに閉鎖を惜しむ声はある。

 一方、レジャーの多様化などを受け、保養所を使わない社員は増加の一途だ。実際「保養所があったとは知らなかった」と驚く若手社員もいる。

 両保養所の23年度の収支は、運営費・維持費計7500万円に対し、利用料収入は計1200万円。差し引き6300万円の赤字では、保養所が「お荷物」と呼ばれても仕方がないだろう。

 一方、閉鎖が決まった豪華な保養所に目を付け、有効活用で「宝の山」に化けさせるというビジネスの動きが活発だ。

 三菱地所の社内ベンチャー制度を活用して平成13年に創業し、20年に独立した「四季リゾーツ」(横浜市)は、利用状況が悪い保養所の運営を受託し、観光客らに開放するビジネス「四季倶楽部」を展開。1人1泊朝食付きで5250円という一律の低料金で、箱根、軽井沢など全国に34の施設を展開している。

 近畿の「四季倶楽部 京都加茂川荘」(京都市北区)は地下鉄の駅から徒歩2分。瀟洒(しょうしゃ)な和風の建物は7年に完成。和室や大浴場のほか、地中に埋めた甕(かめ)に落ちる水滴の音を楽しむ音響装置「水琴窟」まであり、麻雀ルームも完備。

 これらの設備をオーナー企業から引き継ぎ、21年9月に旅館として再スタートさせた。業績は上々で、保養所時代に約4割だった客室稼働率は約7割にアップした。

 利用料収入は四季リゾーツが丸々受け取り、オーナー企業は一銭ももらえないが、四季リゾーツの山中直樹社長は「当社が運営・維持費を賄うので、企業側の負担が減る」と解説する。

 電力料金の引き上げで厳しい世間の目にさらされる関電の関係者は「保養所の今後は関係各所と協議中だ」とするが、施設を眠らせず運営を委託するという手段は検討に値するのではないか。

 「四季倶楽部」の事業は行政からも注目されている。

 神戸市が六甲山・摩耶山活性化に向け、民間事業者からアイデアを募る事業では、保養所などを一般旅行者に開放する同社の提案が候補に入っている。実現可能と判断されれば、25年度から3カ年の活性化プロジェクトとして、市から助成や規制緩和などの支援を受けられる。

 ただ、このビジネスは、無条件でおいしいというわけではない。

 山中社長は「六甲は箱根や軽井沢などに比べ、豪華な保養所が少ないこと、道路整備が十分でないことから、慎重に進めないといけない」とシビアに見る。

 実際、六甲と並ぶ関西の保養地、和歌山・南紀白浜についても、委託の問い合わせがあるというが、「アクセスが悪すぎる」と、さらに厳しい。「地域にリゾート地として浮揚する余地があるとは思えない。話を持ち込まれることは少なくないが、お断りしている」と打ち明ける。

 施設が豪華なだけではダメ、地名が有名なだけでもダメ。利便性やリゾートとしての将来性などの前提がそろわなければ、ビジネスにはならない。保養所が再生され生き残るためには、厳しい条件をクリアしなければならないようだ。


 「バブルの遺産」
を再生させ、それをビジネスにする。簡単な様であっても、実際にはそう簡単ではない。

今後どの様に拡大するのか、人口減・景気後退。
そして、働く人の価値観多様化。

福利厚生施設の需要は確実に減る中、自社従業員以外の一般顧客をどれだけ取り囲むことが出来るのか。

今後の大きな課題となりそうです。

今後の動向が注目される不動産業界の中でも一つ注目に値する再生ビジネス。

集合住宅のリノベや再建築問題。そして、都市開発等。

不動産をめぐる再生案件が今後のビジネスチャンスになるものと考えます。是非注目してみましょう!




最後まで購読ありがとうございました。

セミナー詳細は弊社HPへ。
http://fp-tsp.com/seminer.html


元調理師で牛丼マイスターの筆者が、‘飲食業界’から見た2013年日本経済展望について、熱く語ります!
また、今年独立開業したい人、またこれから開業に向けて準備したい方向けに、年間400件以上の失業コンサルタントとして活動し、独立開業時の資金準備に定評のある社会保険労務士の先生とコラボレーションセミナーを開催します!

ご都合空きましたら、是非ご検討下さい☆彡

2013年1月12日(土)
◆10:00~13:00
新春1発目!!
1杯の牛丼を学べば経済の基礎と日本経済のこれからが見えてくる!!

◆14:00~17:00
独立開業前・FPとして知っておきたい!
返済不要の助成金と創業融資の基礎知識


お申し込みは、弊社HPのお問合わせフォームへ
http://fp-tsp.com/contact.html



当コラム及び弊社のサービスに関するご意見・感想、要望はこちらまで→
http://fp-tsp.com/contact.html

セミナー・講演情報は随時UPしております→
http://fp-tsp.com/index.html
(SEMINER&WRITINGのタブ内に記載があります)

ご興味有ります方は、ご参照下さい。


TSPコンサルティング株式会社
佐藤 毅史

この記事を書いたプロ

TSPコンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤毅史

東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 (本社) [地図]
TEL:03-5957-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金融商品の販売を行わないファイナンシャルプランナー 佐藤毅さん

経済や財務、金融商品などのお金に纏わる知識を広く持つコンサルタント(1/3)

 夢のマイホーム購入、子育て、教育、老後。人生の中で大きな決断が必要なときには必ずと言って良いほど、お金について考えなければならないことが多いものです。  しかし、この人生の大きな決断は人生で一度きり。本や雑誌の特集などに目を通し勉強し...

佐藤毅史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産に関して特に高い専門性を有するFP

事務所名 : TSPコンサルティング
住所 : 東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 [地図]
(本社)
TEL : 03-5957-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5957-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤毅史(さとうつよし)

TSPコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声
オサダ
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(12

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【アホノミクスの功罪①】生活物資の価格高騰に消費者はどうすれば良いの!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月22日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

この国の間違った価値観~生活保護はあるべくしてあるべき!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

円安倒産増加に見る、日本のイマ アベノミクスは本当に正しいのか!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

独立・起業を目指す人が押さえて欲しい、値決めの基礎知識

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ