コラム

2012-12-10

【持家比率の低下から思う事】 住居選びこそ慎重に!誰も話さない、本当の意味での持家VS賃貸は!?

皆さまこんにちわ。平素より弊社代表のコラムをご開封頂き、誠に有難うございます。



ファイナンシャルプランニングという考え方で、個人法人合わせて延300件以上のコスト削減実績


企業研修・講演を年間100件以上実施
(プレゼンテーション、ロジカルシンキング、問題解決法、金融・不動産全般)

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役

佐藤 毅(さとう つよし)です。


とある方との会話の中で…。

「忘年会シーズンだから…」

というフレーズをこの時期はよく聞くという話を聞きました。

例え世の中、少子高齢化や増税を前にした世知辛い情勢。

そして雇用の非正規化、景気の先行き不透明感と、マイナス材料を挙げればキリがないのかも知れません。しかし、それでもこの時期になると、夜通しお酒を飲みワイワイ・ガヤガヤ…。

不思議な世の中です。戦争が無く、隣国から攻め込まれることの無い島国故の摂理なのでしょうか。

イマのこの平和を噛み締めつつ、私は自分のやるべきことに精進したいと思った次第です。



さてさて、不動産関連に詳しくFPとしては第一人者とも言われている小生でありますが、最近のご相談の中で良く伺うお話の中からお話します。

ご相談内容の件数で順位をつけるとしたら…

①投資用不動産の収益判定(業者が絶対にやらない)

②不動産の買い時と今後の相場展望

③住居選びのポイント

④購入か賃貸継続か!? はたまた購入する場合には、戸建かマンションか!?


というのが最近の相談のラインアップになります。

本日はその中でも

④の
購入か賃貸継続か!? はたまた購入する場合には、戸建かマンションか!?


について、不動産に詳しい第一人者のFPとしてコラムを書かせて頂きます。

いわゆる、総支払額的な話やその他諸々のどこでも書いてありそうな記事(オールアバウトや日経、プレジデントやその他の二流雑誌)の内容とは一線を画しますので、是非お読み下さい。

管理会社での勤務経験者として、またFPとして突っ込んだ内容を書かせて頂きます。

実は日本の持家比率についての統計を見るとき、

地方は変わらず、首都圏では低下傾向にある。

というのがデータより明らかになっております。というのも、

地方の過疎化による、都心への一極集中が原因ではありますが、首都圏は地価も高く賃料もその分高い。

では、その様な情勢下で住居を確保するには…。

やはり、賃貸しかないのかもしれません。また、わざわざ高額のローンを組まなくても住宅環境が大変良好で供給過剰なことからも、住宅を選び放題という様な状況が、賃貸比率の増加を後押ししているのかも知れません。

国税庁民間給与実態統計調査によると、会社員の平均年収は現在400万円ちょっとと、ピーク時に比較して18%近く下落している情勢です。

じゃあ、ずっと賃貸で何が問題なのか!?


という声が聞こえてきそうです。

はい、大問題ですよ!
(ある2つの問題をクリア出来れば問題なしです)

では何かというと…、

①連帯保証人の確保

②家賃を老後の年金生活時に継続支払い出来るのか


これが一番の課題となっております。

①についてですが、いわゆる連帯保証人になるための要件ですが、

「勤労収入のある人」
という条件であります。

さて、年金収入の人は!?

そう、要件外になりますので、賃貸住宅に暮らしている人で親御さんが連帯保証人になっている方。

親が65歳になった瞬間、追加の連帯保証人を管理会社より求められる事が必須であります。

小生が管理会社勤務時代にも同様の事をしておりました。


国民年金ベースになりますが、
40年間真面目に収めている人の年金がおよそ¥67,000/月額です。

都内の賃貸住宅ですと、平均して7~8万円が相場ですから、年金収入の方が保証人になれるのかというと、ちょっと無理な話の訳であります。


この連帯保証人という問題、実は相当でかいのです。

保証会社の保証で、お金で解決出来る!!

そう考えた方。

甘いです!!

必ずしも全ての物件に保証会社が保証をつけるかというと、これは約束されたわけではありません。

当然ですよね、。
リスクですから。

そうすると、老後は希望する物件への入居が覚束無い状況になるということです。

老後の住居探しは非常に難しい。

それは何故か。

事故物件化のリスクを孕んでいるからです。

其の辺は文面にすると長いので、後日日を改めます。


最後まで購読ありがとうございました。



本日のコラムに関するセミナーの概要を弊社HPで記載中です。
セミナー詳細は弊社HPへ。
http://fp-tsp.com/seminer.html

12月12日(水)
□10:00~13:00
持家か賃貸か!? ライフプランを元に考える住居の選択

□14:00~17:00
一戸建てかマンションか!?多角的アプローチで紐解く住居の選択

お申し込みは、弊社HPのお問合わせフォームへ
http://fp-tsp.com/contact.html



そのほか、ご意見・感想、要望はこちらまで→
http://fp-tsp.com/contact.html

セミナー・講演情報は随時UPしております→
http://fp-tsp.com/index.html
(SEMINER&WRITINGのタブ内に記載があります)

ご興味有ります方は、ご参照下さい。


TSPコンサルティング株式会社
佐藤 毅


この記事を書いたプロ

TSPコンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤毅史

東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 (本社) [地図]
TEL:03-5957-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金融商品の販売を行わないファイナンシャルプランナー 佐藤毅さん

経済や財務、金融商品などのお金に纏わる知識を広く持つコンサルタント(1/3)

 夢のマイホーム購入、子育て、教育、老後。人生の中で大きな決断が必要なときには必ずと言って良いほど、お金について考えなければならないことが多いものです。  しかし、この人生の大きな決断は人生で一度きり。本や雑誌の特集などに目を通し勉強し...

佐藤毅史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産に関して特に高い専門性を有するFP

事務所名 : TSPコンサルティング
住所 : 東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 [地図]
(本社)
TEL : 03-5957-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5957-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤毅史(さとうつよし)

TSPコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

何故貯金が出来ないのか、スッキリとしました!同時に、危機意識も持つことが出来ました。

私は20代のOLをしている、都内在勤のOです。 勤め先は有名な...

O・M
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(12

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【アホノミクスの功罪①】生活物資の価格高騰に消費者はどうすれば良いの!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月22日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

この国の間違った価値観~生活保護はあるべくしてあるべき!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

円安倒産増加に見る、日本のイマ アベノミクスは本当に正しいのか!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

独立・起業を目指す人が押さえて欲しい、値決めの基礎知識

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ