コラム

2012-12-07

【円高+大型連休=旅行!!】 日本経済の為にも、是非国内旅行で需要喚起!!

皆さまこんにちわ。平素より弊社代表のコラムをご開封頂き、誠に有難うございます。



ファイナンシャルプランニングという考え方で、個人法人合わせて延300件以上のコスト削減実績


企業研修・講演を年間100件以上実施
(プレゼンテーション、ロジカルシンキング、問題解決法、金融・不動産全般)

TSPコンサルティング株式会社 代表取締役

佐藤 毅(さとう つよし)です。

年末の差し迫ったこの季節になると、必ず手帳のある部分を見返します。

それは、年初に立てた目標を記載したページで、手帳の最初のページに記載しております。

年初に立てた目標と現在における進捗状況との差異や達成状況等を振り返るのですが、

中には早々に目標達成している項目もあれば、まだ達成にはもう少し…。
という項目もありまして、今から間に合うのか!?

という様な状況であります。

今年も気付けば残り3週間とちょっと。

年内に目標達成するべく動きながらも、来年の目標や予算設計も初めて行かないといけないですね。

ちなみに、今年掲げた目標の中で断然達成率が低い項目は…


ダイエット

です…(笑&涙)


現状維持というラインですが、目標の減量数値には達しておらず…。

はい、頑張ります!!


さてさて、今年の年末年始は会社勤めの方には誠に有難い‘超’大型連休であります。

人によっては、9連休という事も可能な夢の様なウィークになりそうです。

そんな中、時事通信社にて興味深い記事の記載がありましたので、シェア致します。

6年ぶり3000万人突破へ=年末年始旅行、中国は25%減―JTB推計

記事によると…、

 旅行最大手JTBが12月5日発表した年末年始(12月23日~2013年1月3日出発)の旅行動向推計によると、1泊以上の旅行に出掛ける人は昨年比1.3%増の延べ3002万8000人となった。国内景気は既に後退局面に入ったとみられているが、1月4日を休めば最大9連休となることや円高を背景に国内・海外旅行とも好調で、6年ぶりに3000万人を超える見通しだ。
 このうち海外旅行は、円高を追い風に0.3%増の65万7000人で、過去2番目の高水準となった。ただ、沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中関係悪化を受けて中国本土は25.3%減、韓国も島根県・竹島問題の影響が残り9.6%減といずれも落ち込む見通し。アジア全体では5.3%のマイナスを見込む。
 一方、今年は長い休みが取得できるため長距離の旅行が人気で、欧州が13.7%増、ハワイが9.8%増、北米が9.1%増と、いずれもプラス予想となった。
 国内旅行(帰省目的も含む)は1.3%増の2937万1000人の見込み。北海道、沖縄などに加え、13年秋に式年遷宮を迎える三重県の伊勢神宮周辺や13年NHK大河ドラマの舞台となる福島県会津方面の人気が高いという。 


そう、気になるのは円高を追い風とした国外への旅行です。

勿論、円高によって有利に海外に行けることは嬉しいこと。
ブランドモノが好きな人にしてみたら、国内で購入するよりもお安く購入出来るまたとないチャンス!!


そう考えると、国外旅行も良いモノに感じられます。

しかし、国外旅行は日本経済を明るくするのか!?
と言われると、必ずしもそうではないもの。。

勿論、国外旅行を手配する旅行会社各社及び空港とそれに伴う移動インフラ
(京成電鉄から、高速道路、JR等)は賑わうかも知れませんが、やはりその景気効果は限定的なのです。


地産地消ではありませんが、こんなに長いお休みが取れるこの季節。

是非、原点回帰という事で地元に帰ったり、国内旅行で日本経済活性化の為にお金を使ってみるのも良いのではないでしょうか!?

そうすることで、例えば東北地方の復興支援にもなります。

地元の産業や商品が消費されれば、観光地も大喜びです。

私は大変残念ですが、家に引き篭り黙々と仕事か飲んだくれる予定ですが…。

基本は正月は家に居たい派です、出不精なのであります。
ダイエット成功しないのも、デブ性が故かもしれません(笑)

結局はこのクールギャグに持って行きたかっただけかも…。


円高で国外旅行が増えるというのは明るい話題の様にも感じられますが、その消費の先がどこを向いているのか。
ここが一番のポイントだと思います。

日本経済が活気づく為には、消費が必要です、そう、日々の我々の消費活動が活況を呈すれば、景気は良くなるのです、。でも、こんな景気じゃ…。

だからこそ、今度の12/16(日)に選挙があるのです!!

是非、皆様選挙にも行きましょう!!そして、年末年始は国内消費をしましょう!!


最後まで購読ありがとうございました。


ご意見・感想、要望はこちらまで→
http://fp-tsp.com/contact.html

セミナー・講演情報は随時UPしております→
http://fp-tsp.com/index.html
(SEMINER&WRITINGのタブ内に記載があります)

ご興味有ります方は、ご参照下さい。


TSPコンサルティング株式会社
佐藤 毅

この記事を書いたプロ

TSPコンサルティング [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 佐藤毅史

東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 (本社) [地図]
TEL:03-5957-5027

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
金融商品の販売を行わないファイナンシャルプランナー 佐藤毅さん

経済や財務、金融商品などのお金に纏わる知識を広く持つコンサルタント(1/3)

 夢のマイホーム購入、子育て、教育、老後。人生の中で大きな決断が必要なときには必ずと言って良いほど、お金について考えなければならないことが多いものです。  しかし、この人生の大きな決断は人生で一度きり。本や雑誌の特集などに目を通し勉強し...

佐藤毅史プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

不動産に関して特に高い専門性を有するFP

事務所名 : TSPコンサルティング
住所 : 東京都豊島区東池袋1丁目36番3号 池袋陽光ハイツ507 [地図]
(本社)
TEL : 03-5957-5027

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

03-5957-5027

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤毅史(さとうつよし)

TSPコンサルティング

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

何故貯金が出来ないのか、スッキリとしました!同時に、危機意識も持つことが出来ました。

私は20代のOLをしている、都内在勤のOです。 勤め先は有名な...

O・M
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(12

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
【アホノミクスの功罪①】生活物資の価格高騰に消費者はどうすれば良いの!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月22日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

劇薬を超えた日銀の追加緩和~中小企業は景気回復していない!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

この国の間違った価値観~生活保護はあるべくしてあるべき!~

【直近開催の公開セミナー情報】◆11月5日(水)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

円安倒産増加に見る、日本のイマ アベノミクスは本当に正しいのか!?

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ ファイナンシャルプランナー(FP) ]

独立・起業を目指す人が押さえて欲しい、値決めの基礎知識

【直近開催の公開セミナー情報】◆10月11日(土)ビジネス教育出版社様にて講演します。10:00~13:00...

[ 経営者としての見解 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ