コラム

2016-05-18

NHKあさイチ 女性リアル 子どもがいない生き方

NHKあさイチ 女性リアル 子どもがいない生き方

今朝は「子どもがいない生き方」について
トークしていました。

これについて、家族相談士、カウンセラーの視点でとらえると、
子どもを産む産まない、子どもがいるいない、
どんな生き方があってもいいのですが、
人生における「人の成長」自己の成長という観点でとらえると、
人生のどこかで、なんらかの形で、子ども期の人間とふれあうこと、
かかわることで、自分自身の精神性がより高められ成長できる、
ということは確かだと思います。
(80~90%の人はそうだと思います。虐待など例外もあるので)

そういう意味では、21世紀は、老若男女すべての人たちで、
みんなで子育ても仕事も家事もおこなう時代が
到来したのだと私は思います。

家制度、家長制度の終わりです。

私はいま62歳ですが、私の親世代(80歳代)までは、
家制度がまだまだ歴然とあり、家長は長男でという男性中心の社会が
あたりまえにありました。
それが常識となっていました。誰もそれに疑問も持たずに黙々と
そういうものだと思っている女性が多かったように思います。

しかし、その中でも私が思春期になる頃(1970年代)には
「ウーマンリブ運動」という女性解放運動が先進国で起こり、
日本では、榎美沙子さんらの運動が印象的でした。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%AA%E3%83%96%E9%81%8B%E5%8B%95

いまの70歳代60歳代の人たちは記憶にあると思います。
都心部にいた女性でいま活躍している女性はやはりこの頃、
刺激を受けキャリア志向になったのだと思います。

そうした時代の流れ、社会的背景の移り変わりにより、
現代では、いま、生きている全員がひとつの家族のように、
国全体が家族のようにみんなで協力し合い、助け合い、
そして・・・なにより「分け合う」ことが大切で最も重要なことだと
私は考えます。
喜びも悲しみも分け合う。

そのためには、他者に対する「共感性」が最も必要とされます。
共同体、共同生活には、共感性は欠かせません。
人の気持ちを汲めない、寄り添えないとやっていけませんから。
「私のことじゃないから知らない」というわけにはいきません。

その共感性を養うことに一番よいことが「子育て」なのです。
もちろん、ちゃんと子どもと向き合う子育てのことですが・・・
なぜかというと、子どもほど「言うことを聞いてくれない」ものはありません。
それを体験することで、自分以外の人間をどうにかすることはできない、
という学びを得るのです。上から支配しようとしてもどうにもならないことを
学んで人は人として成長するのです。

ですから、それが自分の子どもでもそうではなくても、
子ども期の人間と真剣にかかわり触れ合うことで、
他者を自分の都合や勝手でどうにかすることはできないことを
しっかり学び覚えて、そこからよりよい信頼関係の築き方、
どちらも尊重しながら折り合いをつけるスキルなど対人スキル、
社会性を身につけていただくことができるのです。

核家族できょうだいもいない時代です。
ボランティアでもなんでもいいので、人生のどこかで
そういう体験を得ていただきたいと思います。

大学生からひとり暮らしの高齢者まで、みんな総出で、
社会を大きなひとつの家族として、役割を分かち合いながら
良い未来社会を創っていきましょう!



あなたのこころのお母さん
ご相談は
家族こころ相談室
Counseling Room Fairy 
http://www.fairy-miyoko.com/

とりあえずは本からヒントを!
著書 しあわせ思考

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%97%E3%81%82%E3%82%8F%E3%81%9B%E6%80%9D%E8%80%83-%E3%81%8D%E3%81%8F%E3%81%A1-%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%93/dp/4817407530/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1389591667&sr=1-1&keywords=%E3%81%8D%E3%81%8F%E3%81%A1%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%93

この記事を書いたプロ

家族こころ相談室 カウンセリングルーム フェアリー [ホームページ]

心理カウンセラー きくちみよこ

埼玉県川口市栄町2-5-16 402号 [地図]
TEL:048-256-5778

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載記事
日経新聞 掲載 きくちみよこ

日経新聞(埼玉版)2013年3月1日号35面に掲載されました!日経新聞 埼玉支局でも取材に来ていただきました。35面の「明日を彩る」のコーナーできくちみよこが紹介さ...

対談
大田尭東大名誉教授ときくちみよこ

5月6日 「東京大学名誉教授大田尭先生の勉強会」にて。月に1回、大田先生の研究室での勉強会です。95歳というご高齢にもかかわらず、今尚お元気で、今回は人の「...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
心理カウンセラーきくちみよこさん

家族は社会を構成する大切な基盤。夫婦、親子関係の悩みを親身にサポート(1/3)

 「今まで年齢、男女問わずさまざまな方のカウンセリングを行ってきましたが、悩みを抱える方々の根底には親子関係の不具合が悪く影響していることが多いですね。少しでも、現代人の悩みを少なくしていくには、家庭のあり方が重要だと感じ、家族カウンセリン...

きくちみよこプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

わかりあいたい人人間関係を良くする家族カウンセリングのプロ

屋号 : 家族こころ相談室 カウンセリングルーム フェアリー
住所 : 埼玉県川口市栄町2-5-16 402号 [地図]
TEL : 048-256-5778

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-256-5778

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

きくちみよこ(きくちみよこ)

家族こころ相談室 カウンセリングルーム フェアリー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

カップル・カウンセリング

夫婦のカウンセリングをやってくださるということでしたので...

匿名
  • 女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自分はまだ若いと思っている人ほど10年単位で長生きする・・・んだそうですよ!

みなさん、おはようございます。家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。小林正観氏の「ありがとうの...

[ 老後 高齢者 人生 ]

困っている人は相談に来ますが、あなたを困らせていると思われる人は来ません。

みなさん、こんにちは!家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。きょうのワンポイントアドバイス...

[ 家族 家庭  ]

親に気持ちがわかってもらえないもどかしさ、親も子どもがわからないもどかしさ

おはようございます。家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。タイトルにあるように親子ほどこの...

[ 家族 家庭  ]

家族間のトラブルが殺人までに発展しないうちに早めのご相談を!

おはようございます。家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。また悲しい事件が起きましたね。千葉...

[ 家族 家庭  ]

対人関係に悩んだら・・・はじめの一歩

みなさん、こんにちは!家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。新学期がはじまりましたね。学校で...

[ 家族 家庭  ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ