コラム

 公開日: 2016-04-28 

子どものこころに寄り添うとは どういうこと?パート5

みなさん、こんいちは!

子どもこころにに寄り添うとはどういうこと?パート5です。

ちょっと復習してみましょう。

たとえば、子どもがクレヨンでお絵描きをしていました。
つい夢中になって、紙からはみ出してしまい、
テーブルに描いてしまいました。
この「事実」をどのように捉えるか?受け止めるか?
でしたね。

1.「もう! なんてことしてくれるの!!」
  「せっかくさっききれいに拭いたのに・・・」
  と、思って怒ってしまうのか、

2.「あれ~、楽しくて夢中になってしまったのね~」
  「そうか!○ちゃんは絵がとっても好きなんだね~」
  「終わったらあとで一緒にお掃除しようね~」
  と、笑顔で言えるかです。

1は、あなたの気分も悪く、子どもはただ楽しくて
夢中になっただけなのに、お母さんの顔が険しくなり怖く感じます。
2は、あなたも子どもも気持ちよく、良い関係が保たれますね。
2は、健康にも良く、リラックスして脳から良いホルモンが放出されますか
穏やかで安定したこころで子どもに接することができ、
子どもの人格形成にもたいへん良い効果があります。

そして、これを読んでいるあなた(または知り合いの人)が
もし、そう思えないとしたら・・・


はい。きょうはここからです!


それは、もしかしたら・・・あなたの中(脳)にインプットされている
固定観念がそうさせているのかもしれません!

固定観念はなかなかの「くせもの」なのですね。

観念とは、人間が意識の対象となるものに対して
「これはこうだ」「これはこうするもの」とか「これはこうあるべき」とか、
ものごとの主観的な捉え方(意味づけ)をいいます。

その観念がこり固まってしまって、ほかの人が別の考え方や捉え方を
して示しても、それを認めたり受け止めることができずにいるほど強い
ものを固定観念といっています。

「絵を描くときは紙からはみ出してはいけない」とか
「食べ物はこぼしてはいけない」とか
「笑いながら食事をしてはいけない」とか
・・・

いろいろ人によって、インプットされた「これはこうだ」という意味づけが
ちがいます。

そこは「人格」の中でも「後天的につくられた性格」の部分です。
先天的な気質は変わりにくいのですが、後天的な観念や価値観は
自分が変わろうと思えば、いくらでも変えられます。

自分さえ変わろうと思えば変えることができるのです!

ところがそれを変わりにくくさせているのが「固定」されてしまったものです。
言い換えれば、一般には「頑固」
ということですね。

なので、頭ではわかっているのに・・・つい怒ってしまった!
なんていうことがあるわけなのです。


では、なぜ、観念(意味づけ)が固定されてしまうの?
と疑問に思いましたか?
そうでしょ。
頑固にならない人と、ものすごく頑固になってしまう人がいますよね。

ここなんです。

私は、私の個人的な意見ですが、ここは生まれ持つ「気質」と関係が
あるのではないかと思うんです。

なぜかというと、

私たちおとなもも子どものうちは、誰かになにかを教わらないと
何も知らないところから出発しますよね。

情動(感情が動く)だけは5歳児でおとなと同じ17種類のものが発達すると
発達心理学で言われていますが、ものの考え方は、あとから覚えていきます。

つまり、「怖い」と感じる感受性の度合いは、生まれつき個人差があるのです。

脳科学の研究では、おとなの人見知り(子どもの一過性の人見知りとはちがいます)
視線が怖い、他人が怖いは、脳の偏桃体の過剰反応だと言われています。

そこまででなくても、怖いと感じる遺伝子は個々にちがうということになりますから、
あなたが「怖い」に敏感なタイプだったとしたら、

あなたは親の言うこと(言葉、言い方)に敏感で、
そのため、抵抗ができないまま、怖さから、恐れから親に従ってしまう、
というケースがあります。

ここなのです!肝心なところは。

いわゆる「親の言うことを聞くいい子」というのは、
この可能性があるということになります。(あくまで可能性)

子どもは自分の思いを通したくてしかたないのが当たり前ですから、
2歳~4歳のイヤイヤ期はあって当然なのです。

この頃、「聞き分けのあるいい子」は逆に心配していいのです。
あなたはどうでした?

子どもは手がかかって、手をやいて当たり前。
おとなにとって都合のよい子は、もしかしたら、怖いという感受性が強く、
「お母さんが怒って怖いから言うこと聞くしかないかな」と
小さな胸を悩ませているのかもしれません。

それで、そういうタイプの子どもが育ってくる間に、「自分はこうしたい」という
主体性を自分で閉じ込めてしまうことがあるのです。

抑圧です。自ら抑圧してしまうことがあります。知らずに。

すると、自分の独自の考えが育たない、育ちにくいまま、
まわりの親や教師、おとなの考え方や価値観をそのまま疑問も持たずに
インプットして、おとなになってしまうケースがあります。(全部とはいいません)

そうした場合、いろいろな弊害を伴うのですが、

今回のテーマでいうと、
「テーブルはいつもきれいにしておくもの。だから、
クレヨンが紙からはみ出してはいけない!」
許せない。叱って子どもに教えなきゃいけない。と
思い込んでしまうわけなのです。


誰にも罪はありません。
みんな知らないだけなのです。


知らないで、これがいいことだ、これがしつけだ!
と思い込み、決めつけで、やってしまっていることが
確かに多いのですが、ちょっと気を休めて、
良い情報に耳を傾けてみませんか?

では、なぜ、早くに気づける人とそうでない人がいるのか?

また次回、お話ししましょう。





あなたのこころのお母さん
http://www.fairy-miyoko.com/


ご相談は、
家族こころ相談室
Counseling Room Fairy 


とりあえずは本からヒントを!
著書 しあわせ思考
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%97%E3%81%82%E3%82%8F%E3%81%9B%E6%80%9D%E8%80%83-%E3%81%8D%E3%81%8F%E3%81%A1-%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%93/dp/4817407530/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1389591667&sr=1-1&keywords=%E3%81%8D%E3%81%8F%E3%81%A1%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%93

この記事を書いたプロ

家族こころ相談室 カウンセリングルーム フェアリー [ホームページ]

心理カウンセラー きくちみよこ

埼玉県川口市栄町2-5-16 402号 [地図]
TEL:048-256-5778

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載記事
日経新聞 掲載 きくちみよこ

日経新聞(埼玉版)2013年3月1日号35面に掲載されました!日経新聞 埼玉支局でも取材に来ていただきました。35面の「明日を彩る」のコーナーできくちみよこが紹介さ...

対談
大田尭東大名誉教授ときくちみよこ

5月6日 「東京大学名誉教授大田尭先生の勉強会」にて。月に1回、大田先生の研究室での勉強会です。95歳というご高齢にもかかわらず、今尚お元気で、今回は人の「...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
心理カウンセラーきくちみよこさん

家族は社会を構成する大切な基盤。夫婦、親子関係の悩みを親身にサポート(1/3)

 「今まで年齢、男女問わずさまざまな方のカウンセリングを行ってきましたが、悩みを抱える方々の根底には親子関係の不具合が悪く影響していることが多いですね。少しでも、現代人の悩みを少なくしていくには、家庭のあり方が重要だと感じ、家族カウンセリン...

きくちみよこプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

わかりあいたい人人間関係を良くする家族カウンセリングのプロ

屋号 : 家族こころ相談室 カウンセリングルーム フェアリー
住所 : 埼玉県川口市栄町2-5-16 402号 [地図]
TEL : 048-256-5778

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-256-5778

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

きくちみよこ(きくちみよこ)

家族こころ相談室 カウンセリングルーム フェアリー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

初体験

カウンセリングははじめての体験だったので、緊張しました。 ...

R.T
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自分はまだ若いと思っている人ほど10年単位で長生きする・・・んだそうですよ!

みなさん、おはようございます。家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。小林正観氏の「ありがとうの...

[ 老後 高齢者 人生 ]

困っている人は相談に来ますが、あなたを困らせていると思われる人は来ません。

みなさん、こんにちは!家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。きょうのワンポイントアドバイス...

[ 家族 家庭  ]

親に気持ちがわかってもらえないもどかしさ、親も子どもがわからないもどかしさ

おはようございます。家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。タイトルにあるように親子ほどこの...

[ 家族 家庭  ]

家族間のトラブルが殺人までに発展しないうちに早めのご相談を!

おはようございます。家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。また悲しい事件が起きましたね。千葉...

[ 家族 家庭  ]

対人関係に悩んだら・・・はじめの一歩

みなさん、こんにちは!家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。新学期がはじまりましたね。学校で...

[ 家族 家庭  ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ