コラム

2016-01-17

センター試験2日目  母親のコミュニケーション

きょうはセンター試験二日目ですね。

アジア圏はたいへんですよね。
日本も早くドイツのように、大学へ入るのが簡単になるといいですね。

希望者はラクに入学できて、卒業を難しくすればいいと思うんですよ。
そして、中高校生の多感な時期をいろいろな体験して楽しんでいただき、
ストレスのない健全な生活にすると、学校での陰湿ないじめも
減ると思うのですがね・・・
(いじめはいじめる側のストレスやフラストレーションから起こることが多いので)

みなさん、そう思いませんか?

ところで、親が子どもを精神的に追い詰めてしまうコミュニケーションがあります。
それは、ダブルバインド(二重拘束)的な言い方です。

もし、あなたが母親なら、あなたはこんなコミュニケーションしていませんか?
もし、あなたが子どもなら、こんなふうに言われていませんか?

母親 「なんで、できなかったの?」

子ども 「う~ん、やる気が起こらなかったから・・・」

母親 「勉強はやらなくてもいいものなの?」

子ども 「そんなことないよ。ちゃんとやらないといけないと思う・・・
      自分でもそれはわかってる・・・・」

母親 「じゃぁ、さぁ~ わかってて、なんでできなかったの?!」

子ども 「・・・。もうわかったって! 」
     
母親 「ほんとにわかってるの? 」

子ども 「う~ん・・・今度からちゃんとやるから」

母親 「そう言ってやらないじゃない!」

子ども 「・・・・・・・」

こんな会話はどうでしょう。

二人の関係は決してよいとは言えませんね。苦しいですね。

よく耳にするものですが、よくないことだと知らないだけだったりします。
言い方や伝え方、表現方法は、親の真似をしたり、連鎖しますから、
お母さんも知らずに使ってしまうことがあります。
人に罪はありません。「事」に注目しましょう。

では、どこがどのようによくないのでしょう?

お母さんの正直な気持ちが子どもに伝わっていませんよね。
これでは変化球を投げていますよね。

伝わるように話すには、
お母さんが自分の気持ちをつかんで、その気持ちを相手に誠実に率直に
伝えることですね。

たとえば、

母親 「今回はできなかったんだね」 ← 事実を言う

子ども 「うん。そうだよ」

母親 「どうだったら良かった?」  ←  目的を引き出す

子ども 「う~ん・・・うまくできれば良かったと思う」 

母親 「そうか。そうだよね。じゃ、どうしたらいいかな?」 ← 方法を引き出す

子ども 「もっと練習すればいい!」

母親 「すごい!わかってるね!」
  
子ども 「うん。わかってるよ」

母親 「良かった! お母さん、ちょっと心配だったんだ。
     でも、あなたのほうが不安だったでしょ。自分のことだもんね。
     お母さんは代わりになれないけど、あなたの力を信じて
     見守っているね」


さりげない会話で、お母さんの案ずる気持ちが伝わりますね。


こんなとき、どう言えばいいの?
わからないことは・・・お早めにご相談を



家族こころ相談室
Counseling Room Fairy 
http://www.fairy-miyoko.com/


とりあえずは本からヒントを!
著書 しあわせ思考
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%97%E3%81%82%E3%82%8F%E3%81%9B%E6%80%9D%E8%80%83-%E3%81%8D%E3%81%8F%E3%81%A1-%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%93/dp/4817407530/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1389591667&sr=1-1&keywords=%E3%81%8D%E3%81%8F%E3%81%A1%E3%81%BF%E3%82%88%E3%81%93

この記事を書いたプロ

家族こころ相談室 カウンセリングルーム フェアリー [ホームページ]

心理カウンセラー きくちみよこ

埼玉県川口市栄町2-5-16 402号 [地図]
TEL:048-256-5778

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載記事
日経新聞 掲載 きくちみよこ

日経新聞(埼玉版)2013年3月1日号35面に掲載されました!日経新聞 埼玉支局でも取材に来ていただきました。35面の「明日を彩る」のコーナーできくちみよこが紹介さ...

対談
大田尭東大名誉教授ときくちみよこ

5月6日 「東京大学名誉教授大田尭先生の勉強会」にて。月に1回、大田先生の研究室での勉強会です。95歳というご高齢にもかかわらず、今尚お元気で、今回は人の「...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
心理カウンセラーきくちみよこさん

家族は社会を構成する大切な基盤。夫婦、親子関係の悩みを親身にサポート(1/3)

 「今まで年齢、男女問わずさまざまな方のカウンセリングを行ってきましたが、悩みを抱える方々の根底には親子関係の不具合が悪く影響していることが多いですね。少しでも、現代人の悩みを少なくしていくには、家庭のあり方が重要だと感じ、家族カウンセリン...

きくちみよこプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

わかりあいたい人人間関係を良くする家族カウンセリングのプロ

屋号 : 家族こころ相談室 カウンセリングルーム フェアリー
住所 : 埼玉県川口市栄町2-5-16 402号 [地図]
TEL : 048-256-5778

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-256-5778

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

きくちみよこ(きくちみよこ)

家族こころ相談室 カウンセリングルーム フェアリー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

カップル・カウンセリング

夫婦のカウンセリングをやってくださるということでしたので...

匿名
  • 女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自分はまだ若いと思っている人ほど10年単位で長生きする・・・んだそうですよ!

みなさん、おはようございます。家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。小林正観氏の「ありがとうの...

[ 老後 高齢者 人生 ]

困っている人は相談に来ますが、あなたを困らせていると思われる人は来ません。

みなさん、こんにちは!家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。きょうのワンポイントアドバイス...

[ 家族 家庭  ]

親に気持ちがわかってもらえないもどかしさ、親も子どもがわからないもどかしさ

おはようございます。家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。タイトルにあるように親子ほどこの...

[ 家族 家庭  ]

家族間のトラブルが殺人までに発展しないうちに早めのご相談を!

おはようございます。家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。また悲しい事件が起きましたね。千葉...

[ 家族 家庭  ]

対人関係に悩んだら・・・はじめの一歩

みなさん、こんにちは!家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。新学期がはじまりましたね。学校で...

[ 家族 家庭  ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ