コラム

 公開日: 2014-03-26 

社会運動 子どもの権利、人権を守るシステムづくりを!

子どもは誰の子であっても、どこに生まれても
みな公平に平等な待遇を受け、安全に生きる権利、
人間の尊厳をもって生まれているはずです!

しかし、国会の予算委員会のようすを見ていても
我が国の子どもの養育・教育にかける予算が
少な過ぎると思います。

確かに子どもには選挙権がありません。
すぐに選挙につながらなくても、子どもは社会の財産です。
子どもが大人になって未来社会をつくっていきます。

今だけを考える人は今選挙権のある高齢者に
受けがいい政策を考えるかもしれません。
しかし、私たちシニアもそんなこと望んでいません。

私たちシニアも未来の大人、つまり今の子どもに税金を
使ってほしいと願っています。

教育格差をなくし、子ども時代を伸び伸びと遊ばせてあげてください。
幼稚園から進学塾に通わなくてもいい社会にしましょう。
人格形成のだいじな時期に強制的に受動的にされる偏った生活は
決して健全な大人に育てるものではありません。
もう、気づいてもいいころです。

教育改革をおこない、教育格差をなくすには、
大学への入試の在り方から見直す必要があります。
入口は広く、出口は狭く。
大学入試は国立も公立の学校の授業、教科書をよく勉強する程度で
入れるようにする。
そうしたら怒り心頭の教育ママも存在しなくなります。
自主的に勉強するようになるでしょう。

入ってからどれだけ自主的に主体的に目的やそれに伴う目標をつくり、
真摯に向き合い努力していったかで卒業できるかどうかを決める。
対人能力も社会貢献能力もここで仕上げをしていく。
あくまで自主性や努力を認めることを重んじていけば、
おのずと自立した人格のおとなが形成されるわけなんです。

そうして社会の一員になることで、自分の社会的使命、役割を
見つけ出すこともできる、しっかりとした社会性のあるおとなが
誕生するわけなんですね。

また、ベビーシッター男児死体遺棄事件についてですが、
これは私たちの社会問題で大きな課題であると考えます。
それは預けた側の22歳母親についてです。決して母親を責めるわけではありませんよ。
受け取り違いなさらないように。
母親の実態、なぜ、2日間も見知らぬ他人に預ける必要があったのか?
夫は?その母親の親は?疑問が浮かびます。
いろいろな事情があったのでしょう。

なぜ、そうまでして働かなければならなかったのか?

おそらく視聴者の中にはそのような疑問を持つ人は多いと思います。
そのような環境で2児を育てなければならなくなった事実を社会問題として
メディアは取り上げていただきたいと思います。
子どもと母親を守るシステムがあってもいいですよね?
働き方を変えることができるサポートシステムがあってもいいですよね?

この少子化に産んでくれただけでもありがたい
という感謝の気持ちが社会全体にあれば、私たちの税金でまかなえますよね?

親になる権利は誰にでもありますが、子どもにとって親になる資格は決められていません。
しかし、親としての愛情ある養育態度、養育環境には必須条件があるはずです。
なぜなら生まれてきた子どもにも公平な人権があるからです。
人としての尊厳があるからです。だからこそ母親も守りましょう。
私たち大人は、もう真剣にそのことを考える時期にきたのではないでしょうか?

どこに生まれて来ても、誰の子として生まれて来ても、公平に育つ権利があります。
みな、子ども、かわいい子どもです。
どうか、公平に平等に恵まれますことを一日も早く願います。

どこに生まれ落ちても、みんな社会の子どもとして大切にだいじに育てましょう。

このようなお考えの方が一人でも多く増えることと声をあげることを願います。

この記事を書いたプロ

家族こころ相談室 カウンセリングルーム フェアリー [ホームページ]

心理カウンセラー きくちみよこ

埼玉県川口市栄町2-5-16 402号 [地図]
TEL:048-256-5778

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
メディア掲載記事
日経新聞 掲載 きくちみよこ

日経新聞(埼玉版)2013年3月1日号35面に掲載されました!日経新聞 埼玉支局でも取材に来ていただきました。35面の「明日を彩る」のコーナーできくちみよこが紹介さ...

対談
大田尭東大名誉教授ときくちみよこ

5月6日 「東京大学名誉教授大田尭先生の勉強会」にて。月に1回、大田先生の研究室での勉強会です。95歳というご高齢にもかかわらず、今尚お元気で、今回は人の「...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
心理カウンセラーきくちみよこさん

家族は社会を構成する大切な基盤。夫婦、親子関係の悩みを親身にサポート(1/3)

 「今まで年齢、男女問わずさまざまな方のカウンセリングを行ってきましたが、悩みを抱える方々の根底には親子関係の不具合が悪く影響していることが多いですね。少しでも、現代人の悩みを少なくしていくには、家庭のあり方が重要だと感じ、家族カウンセリン...

きくちみよこプロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

わかりあいたい人人間関係を良くする家族カウンセリングのプロ

屋号 : 家族こころ相談室 カウンセリングルーム フェアリー
住所 : 埼玉県川口市栄町2-5-16 402号 [地図]
TEL : 048-256-5778

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-256-5778

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

きくちみよこ(きくちみよこ)

家族こころ相談室 カウンセリングルーム フェアリー

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

初体験

カウンセリングははじめての体験だったので、緊張しました。 ...

R.T
  • 20代/女性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
自分はまだ若いと思っている人ほど10年単位で長生きする・・・んだそうですよ!

みなさん、おはようございます。家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。小林正観氏の「ありがとうの...

[ 老後 高齢者 人生 ]

困っている人は相談に来ますが、あなたを困らせていると思われる人は来ません。

みなさん、こんにちは!家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。きょうのワンポイントアドバイス...

[ 家族 家庭  ]

親に気持ちがわかってもらえないもどかしさ、親も子どもがわからないもどかしさ

おはようございます。家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。タイトルにあるように親子ほどこの...

[ 家族 家庭  ]

家族間のトラブルが殺人までに発展しないうちに早めのご相談を!

おはようございます。家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。また悲しい事件が起きましたね。千葉...

[ 家族 家庭  ]

対人関係に悩んだら・・・はじめの一歩

みなさん、こんにちは!家族相談士でカウンセラーのきくちみよこです。新学期がはじまりましたね。学校で...

[ 家族 家庭  ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ