コラム

2014-03-25

リフォームの優先順位ってなんだろう

新築よりリフォームの方が難しいかも


突然ですが、もしあなたが家をリフォームしたいと思った時に、何を優先しますか?

住んでいた家が経年劣化で傷みが激しくなったり、あるいは家族構成が変わったりしたとき、
人は家のリフォームを考えます。

例えば壁面が結露で傷んでいるとか、独立した子供たちの部屋が不要になったので間取りを変えたいとか、年をとった親と一緒に暮らすようになった…など。

さて、その時優先されるのはなんでしょうか。
コスト?それとも使い勝手?あるいは別の何かでしょうか。

すぐに答えをだすのは難しいことと思います。
ある意味、ゼロから新しい家を作る時と同じくらい難しいかもしれません。
そして施主さんにとって難しいということは、それを受ける業者にとっても難しい。

いや、業者からすれば家を新しく作るより難しいことかもしれません。
何しろすでに家はあるのですから、何でもかんでもやりたいようにやれるわけではありません。
元からあるものを生かしながら理想を実現するという制約があります。

いやむしろ、だからこそやりがいのあることと言えます。

さて、リフォームをしようかと考え始めた人は、おそらく何社かの業者から話を聞いて、
1つに決めることになると思います。

そしてきっと業者によって何を優先するかはちがってくると思います。
ある会社はコストの安さを強調するかもしれません。
またある会社はキッチンの使い勝手の良さを前面に押し出してくるかもしれません。
また施工の早さを自社の強みとして訴えてくる会社もあることでしょう。

施工途中で変更してもいいのでは


でも本人でさえ優先順位をすぐに決められないのに、
業者がある一面だけをプッシュしてくるのはおかしいかもしれません。

そこで私は施主さんと一緒に考えながらリフォームを進めていくことを提案しています。

即断即決ですぐできあがるリフォームも良いと思いますが、
その後数十年そこに暮らし、家族とともに住み続けていくわけですから、
家の改築をあわててする必要はないと思うのです。

ですから優先順位が決まっていない方のご相談も私は歓迎しています。
じっくり考えながらリフォームしたい方や、やりながら考えたい方の家について、
一緒に試行錯誤していくのも好きです。

ところで小説家や画家は作品に取り掛かる前から完成形が見えている人もいますが、
書きながら、あるいは描きながら徐々に作品のあるべき形が見えてきて、
当初の予定を変えたりする人も多いようです。

ものを作るという意味ではリフォームも同じ。
ですから施工途中の追加や変更もあってしかるべきと言えます。
私もそうした施主さんのご意向を尊重します。
逆に私からも「こうした方がいいかも」といったことを施工途中でも提案させてもらうことがあります。

リフォームにおける優先順位、それは施主さんと業者とでいかに理想となる形を探していけるか、
ということだと私は思います。

この記事を書いたプロ

合資会社 江刺家リファイン株式会社 江刺家工建(セキスイハイム指定工事店) [ホームページ]

建築家 江刺家啓一

埼玉県八潮市新町7-1 [地図]
TEL:090-7704-9808

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
江刺家リファイン 江刺家啓一さん

イベント、リフォーム、戸建て、全てにハイレベルなセンスと技術を生かす(1/3)

 「お客様やデザイナーの要望は、相談しながらなるべく受け入れるようにしています。難しいことを求めたのに、想像以上のものが出来上がったと喜んでいただくことが多いですね。その喜びを自分も分かちあえるので嬉しいです」 さわやかな笑顔で語る江刺...

江刺家啓一プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

ハイセンスと安全性が融合する、業界の枠を超えた建築家

会社名 : 合資会社 江刺家リファイン株式会社 江刺家工建(セキスイハイム指定工事店)
住所 : 埼玉県八潮市新町7-1 [地図]
TEL : 090-7704-9808

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-7704-9808

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

江刺家啓一(えさしかけいいち)

合資会社 江刺家リファイン株式会社 江刺家工建(セキスイハイム指定工事店)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
輪ゴム鉄砲を入り口にしたイベント
イメージ

 作る子供も教える親も減ったけど 引き金を引くと輪ゴムがぴゅっと飛んで行く輪ゴム鉄砲。昭和30年~50年代生ま...

アンティークを活かしたリフォーム 後編
イメージ

 オフィスの倉庫を変身させる ただのオシャレアイテムではなく、アンティークは古い暮らしの息吹を伝えるもの...

アンティークを活かしたリフォーム 前編
イメージ

 外見ではなく内側から発想する 家を新しく建てたり、リフォームしたりするとき、多くの人は建物の外観や間取...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ