コラム

 公開日: 2014-12-19  最終更新日: 2016-03-04

◆内装デザインのしくみ 「子供」と「ガラス」と「アクリル」と・・・。

さて今回は「内装デザインのしくみ」ということでお送りします。
ずばり、題名のままなのですが「ガラス」と「アクリル」についてです。





共に透明な素材です。
窓や室内扉に使用されることが多いかと思います。

透明度の違いなどなど小難しい話は色々とありますが、
今回はその使用に関する問題をざっとお話していこうかと思います。

まず簡単に言いますと「ガラス」は石で「アクリル」はプラスチックです。
すごく、ざっくり言っているので若干言い過ぎな面も多分にありますが、
質感や性質の面でそう考えていただけるといいかと思います。

では、内装材として使用する際のそれぞれの利点・欠点を挙げていこうかと思います。

■ガラスの利点は傷付きにくさ!!

まずは「ガラス」の利点、「アクリル」の欠点です。

ガラスの利点は何と言っても傷つきにくさです。
拭いても拭いても、それなりに新品的な感じを保ちます。
もちろんある程度は傷つきますが、それが透明度に影響しにくいという感じです。

それに比べて「アクリル」は拭けば拭くほど傷が付きます。
そして傷付けば付くほど、透明度がどんどん下がっていきます。

これは、同じ「アクリル」でも製造方法による違いもあります。

アクリルには「押出材」と「キャスト材」の2種類があって、
読んで字のごとく「押出材」はトコロテンの様に溶けたアクリルをにゅる~と押し出して作ります。
それに対し「キャスト材」は鋳物のように溶けたアクリルをかたに流し込み冷やして完成になります。

この二つの実質的な違いは、簡単に言うとこうなります。

「押出材は安いが傷付きやすい。キャスト材は高いが傷付きにくい。」

もちろん、いくらキャスト材が傷付きにくいといってもガラスには負けます。


■アクリルの利点は安全さ!!

次に「アクリル」の利点、「ガラス」の欠点です。

「アクリル」の利点は何と言っても安全さです。

「ガラス」は簡単に割れます。割れると刺さります。刺さると怪我します。
これは「ガラス」は硬い素材だからです。
たわまないので割れるのです。

それに比べると「アクリル」はたわみます。
たわむので粘りがあり割れにくいのです。
割れにくいので刺さりにくく、刺さりにくいので怪我しにくいのです。

この利点は小さなお子さんのいる環境では絶大です。

(・・・といっても「アクリル」も過度な力が加われば割れはします。)

ちなみに「強化ガラス」はどうかというと、
もちろん、普通のガラスよりは割れにくです。ですが割れます。
強度については一概には言えませんが、
3m位からその3つを落としたとして、
一番形状を保ってくれる信頼性が高いのは「アクリル」だと思います。

ですが、1番安全なのはと言われれば「強化ガラス」でしょう。
個人的に「強化ガラス」の最大利点は硬さではなく安全性です。
「強化ガラス」は割れると体を傷付けにくい形で粉々になります。
ですが・・・「強化ガラス」は何しろ高い!!

さてさて、本当にざっとお話しましたが、
この様に「ガラス」と「アクリル」は一長一短な素材です。

ですが、当コラムお得意技の「無理やりガッとまとめてみる」的に言うと、

「子供がいるならアクリル!!いないならガラス!!」

って感じですかね。

もちろん使う場所(床に使う等は特に)によってベストな選択は変わってきますので、
その辺は施工される方とじっくり話し合ってみて下さい!!

最後に・・・最近我が家で「ガラス」から「アクリル」に変えた大型扉の写真でお別れです。





そうです「子供」がガシガシ叩くのです。
自主施工で\20,000-程かかりました・・・(涙)。

ちなみに浮かれた飾り付けのテーマは「こたつでクリスマス」です。
汚くてすみません・・・。



それでは、あなたのお店に少しでもお役に立つことを願って・・・。

ではでは。

店舗デザインのことなら 『株式会社ドット・デザイン・オフィス』

●はじめに
●会社概要
●デザイン実績

この記事を書いたプロ

株式会社DOT DESIGN OFFICE(ドット・デザイン・オフィス) [ホームページ]

店舗デザイナー 永井進治

埼玉県川越市脇田本町29-2-201 [地図]
TEL:049-265-5242

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社ドットデザインオフィスの永井進治さん

最適で費用対効果の高いデザインを提供する「あなたの便利な店舗デザイン屋さん」(1/3)

 埼玉県川越市に事務所を構える「株式会社ドット・デザイン・オフィス」代表取締役の永井進治さんは、飲食店などの店舗を専門とする店舗デザイナーです。「デザイナー」との言葉を聞くと、一般的にクリエイティブな作品を創り上げる専門職というイメージが先...

永井進治プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

費用対効果が高く店舗に適したデザインを追求

会社名 : 株式会社DOT DESIGN OFFICE(ドット・デザイン・オフィス)
住所 : 埼玉県川越市脇田本町29-2-201 [地図]
TEL : 049-265-5242

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-265-5242

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

永井進治(ながいしんじ)

株式会社DOT DESIGN OFFICE(ドット・デザイン・オフィス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
◆厨房デザインのしくみ  不安になる必要はないですよ!!保健所の検査あれこれ。
イメージ

今回は「厨房デザイン」のしくみです。「保健所」の検査を絡めてお話したいと思います。 保健所検査は...

[ 厨房デザインのしくみ ]

◆レイアウトデザインのしくみ  オープンキッチンレイアウトの裏ワザ?(大げさです・・・。)
イメージ

今回は1度すっとばしてしまった「レイアウトデザイン」のしくみです。 前回の「飲食店編」の続きのお話しをし...

[ レイアウトデザインのしくみ ]

◆厨房デザインのしくみ  オープンキッチンの最大の利点はなんでしょう?
イメージ

今回は「厨房」のお話です。「厨房」に関しては飲食店にしか関係ないと思われるかもしれませんが、今回の「厨...

[ 厨房デザインのしくみ ]

◆外装デザインのしくみ 外装材はこの9種類をおさえておけば大丈夫!!
イメージ

今回は第2回目の「外装デザイン」のしくみです。「外壁(がいへき)」 についてお話したいと思います。 外...

[ 外装デザインのしくみ ]

◆照明デザインのしくみ LED電球の寿命って、どうなの?!
イメージ

今回はドット・デザイン・オフィスの技術担当スタッフより、「LED電球」についてのお話をお送りさせていただき...

[ 照明デザインのしくみ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ