コラム

2014-12-02

◆居抜デザインのしくみ 居抜(いぬき)最大の「欠点」を「利点」に変える方法!!



今回は居抜(いぬき)テナントでの出店についてのお話です。

ちなみに「居抜テナント」とは前店舗の造作が残ったままのテナントのことを言います。
簡単に言うと閉店したお店をそのまま次の出店者が賃貸するということです。

その逆は「スケルトンテナント」と言います。
構造体(柱や壁)のみで内装がない状態のことです。
スケルトンとは「骨組み」ということです。
つまり骨しかないテナントを「スケルトンテナント」と言います。

一昔前までは、お店は閉店する時は全ての内装を解体して「スケルトン」状態にして返却しなければいけませんでした。
ところが、最近「居抜テナント」の人気が高まり、閉店時に解体しなくてもいいよというオーナーさんも増えてきました。

「居抜テナント」の利点はもちろん初期投資が安くすむことです。
これは非常に大きな利点です。
この大きな利点で人気が増えているといっても過言ではないでしょう。
しかし、このあまりに大きな利点が全面に出ていて欠点があることの認知が薄れている気がします。

もちろん初期投資は大きな利点です。
しかし、ちゃんと欠点はあります。
何事にも欠点はあります。

それは、そのテナントは「居抜」であるという点です。
こいつ何を言っているんだ?と思われるでしょうが、つまりこういう事です。

そのテナントは、その内外装で誰かが出店し、そして「失敗」したから「居抜テナント」なんだということです。

・・・もちろんそうではない時もあります。
閉店の理由は「不振」だけではありませんので一概には言えませんが、
やはり一番多い理由は「不振」でしょう。

そして、もちろん「不振」の理由は内外装だけではありません。
ですから、この理由だけで「居抜」は駄目だということはできませんが、
欠点の大きな一つであることは確かです。

居抜テナントの多くは「誰かが、一生懸命考え、お金を使い、出店し、失敗したテナント」なのです。
このことは「居抜」での出店を考える際は常に意識に置かなければなりません。

しかし、逆を言うとそこにしっかりと意識を置いていれさえすれば「利点」とも言えます。
なぜなら、誰かが1回失敗してくれているのです。
その理由をしっかりと考え対処さえすればいいという考えかたもできるからです。

「出店を失敗する」ということはそう何度もできる経験ではありません。
その経験値が「居抜テナント」には表れている可能性は十分にあります。

多くのオーナー様は「居抜」は早く出店できるとお考えです。
それこそ、そのまま使えそうなレベルの「居抜」であればちょちょいと直して今月中に・・・。なんて方もいらっしゃいます。
ですが、ちょっと一呼吸置くことをお勧めします。

前店舗はなぜお客様の満足を得られなかったのか?
これを考えるのはそう簡単なことではないように思います。
じっくりと考え一つ一つ丁寧に対処し出店に臨む。

これが「居抜テンナト」の最大の欠点を最大の「利点」に変える方法ではないでしょうか。

今後「居抜デザインのしくみ。」では、
外装を変える際の注意点や、レイアウトを変える時のポイントなどなどをお話できればと思っております。
只今、更新がカメさん状態なのでいつになることやらですが・・・すみません。

それでは、あなたのお店に少しでもお役に立つことを願って・・・。

ではでは。

店舗デザインのことなら 『株式会社ドット・デザイン・オフィス』

●はじめに
●会社概要
●デザイン実績

この記事を書いたプロ

株式会社DOT DESIGN OFFICE(ドット・デザイン・オフィス) [ホームページ]

店舗デザイナー 永井進治

埼玉県川越市脇田本町29-2-201 [地図]
TEL:049-265-5242

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社ドットデザインオフィスの永井進治さん

最適で費用対効果の高いデザインを提供する「あなたの便利な店舗デザイン屋さん」(1/3)

 埼玉県川越市に事務所を構える「株式会社ドット・デザイン・オフィス」代表取締役の永井進治さんは、飲食店などの店舗を専門とする店舗デザイナーです。「デザイナー」との言葉を聞くと、一般的にクリエイティブな作品を創り上げる専門職というイメージが先...

永井進治プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

費用対効果が高く店舗に適したデザインを追求

会社名 : 株式会社DOT DESIGN OFFICE(ドット・デザイン・オフィス)
住所 : 埼玉県川越市脇田本町29-2-201 [地図]
TEL : 049-265-5242

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-265-5242

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

永井進治(ながいしんじ)

株式会社DOT DESIGN OFFICE(ドット・デザイン・オフィス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
◆厨房デザインのしくみ  不安になる必要はないですよ!!保健所の検査あれこれ。
イメージ

今回は「厨房デザイン」のしくみです。「保健所」の検査を絡めてお話したいと思います。 保健所検査は...

[ 厨房デザインのしくみ ]

◆レイアウトデザインのしくみ  オープンキッチンレイアウトの裏ワザ?(大げさです・・・。)
イメージ

今回は1度すっとばしてしまった「レイアウトデザイン」のしくみです。 前回の「飲食店編」の続きのお話しをし...

[ レイアウトデザインのしくみ ]

◆厨房デザインのしくみ  オープンキッチンの最大の利点はなんでしょう?
イメージ

今回は「厨房」のお話です。「厨房」に関しては飲食店にしか関係ないと思われるかもしれませんが、今回の「厨...

[ 厨房デザインのしくみ ]

◆外装デザインのしくみ 外装材はこの9種類をおさえておけば大丈夫!!
イメージ

今回は第2回目の「外装デザイン」のしくみです。「外壁(がいへき)」 についてお話したいと思います。 外...

[ 外装デザインのしくみ ]

◆内装デザインのしくみ 「子供」と「ガラス」と「アクリル」と・・・。
イメージ

さて今回は「内装デザインのしくみ」ということでお送りします。ずばり、題名のままなのですが「ガラス」と「ア...

[ 内装デザインのしくみ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ