コラム

2014-11-25

●雑感 「フェイスブック」の存在が「顔出しパネル」を強力な広告媒体に変える?!    



少し前の事になりますが(1か月位前)「るーぱん」というお店の改装プランに携わらせていただきました。
どこをどう直したかは、また後日お話できればと思いますが今回はそのお話の際に同時に「顔出しパネル」の作成を依頼された事について書いていこうかと思います。

まず、この「るーぱん」というお店ですが埼玉県の方ならピンとくるイタリアン料理のチェーン店です。
埼玉県だけで13店舗を展開されております。

北海道函館の「ラッキーピエロ」などなど、なにかと今話題の「ご当地レストラン」ということになるかと思います。
TVでも度々紹介されており、この前はSMAPの香取さんやザキヤマさんなどが「おじゃマップ」という番組で伺っておりました。
放映がゴールデンの時間帯だったのでご覧になった方もいるかと思います。社長さんもばっちり出演されていました。

私も家族と一緒に拝見させていただき、皆言っておりましたが、そうなんです「るーぱん」の社長さんはイケメンなんです!!

さて、そんなかっこいい社長さんと改装プランについて打合せをさせていただいた際に「顔出しパネル」を作ろうというお話になりました。

「顔出しパネル」といえば、あの観光地にあるやつです。
穴の開いたパネルから顔を出して、写真をパチリと撮るあれです。

通常、飲食店の広告として「顔出しパネル」という案が出てくることはぼありません。
その理由は至極単純で外食にちょっと行って「顔出しパネル」で写真を撮ろうという人は皆無だったからです。

しかし、今後一つの案として検討する価値はある様に思います。
その理由はSNS(ソーシャルネットワークワークサービス)の存在です。
(SNSとは「facebook(フェイスブック)」や「Twitter(ツイッター)」などが代表として挙げられる、主に友人・知人同士のネットを通したコミュニティーツールの総称といったところでしょうか。)

日常を日常のままに友人などに向かって表現するSNSは、
今や強力な広告媒体としても認知されております。
口コミの強力さをそのままに大多数に広がる効果は確かに魅力です。
この魅力を使わない手はないでしょう。
では、どうすれば自分の店舗についてSNS利用者が書き込んでくれるのか。

私はSNSのハードユーザーではないので、大きいことは言えませんが、
利用している友人などを見るに要するに話題を提供するということだと思います。
思わず友人に話したくなってしまう何か・・・。

飲食店についていえば、普通の料理・普通のサービス・普通の雰囲気では話題としてはやはり無理があります。

ならば、おいしい料理・素晴らしいサービス・素敵な雰囲気にすれば良いというのは当たり前ですが、
これらは当たり前すぎてどこの飲食店でも目指し日々努力していることですし、一朝一夕でできるわけでもありません。

そこで一つの案として「顔出しパネル」というのはどうでしょうか。

今日はお父さんの誕生日。
そんなに特別なお店って訳でもないけれど外食に来た。
店の前に置かれた「顔出しパネル」。
入る時にちらっと見えた。
食事を終えて帰る時。
子供たちがパネルに寄っていき穴に顔を出したりしている。
なんとなく、携帯電話で写真をとる。
これSNSにアップしようかな。
「今日はパパの誕生日に外食してきました~!!」

まぁなかなか、こんなに綺麗にはいかないとは思いますが、
決してゼロではないでしょう。

元々「顔出しパネル」というものは来ていただいたお客様に楽しんでいただく目的のものです。
「顧客満足度」を上げるための媒体とも言えます。
しかし、SNSの存在を通すと「広告媒体」と捉えることもできるようになってきていると感じます。
お店を持つ方々、ひとつ検討してみてはいかがでしょうか。

最後に「るーぱん」さんで作った「顔出しパネル」をのせさせていただき、
本日の雑感『日々』は終りです。



実は2種類あります。
各店舗に置いてあるとのことですので、埼玉県在住の方は是非探してみて下さい。

店舗デザインのことなら 『株式会社ドット・デザイン・オフィス』

●はじめに
●会社概要
●デザイン実績

この記事を書いたプロ

株式会社DOT DESIGN OFFICE(ドット・デザイン・オフィス) [ホームページ]

店舗デザイナー 永井進治

埼玉県川越市脇田本町29-2-201 [地図]
TEL:049-265-5242

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
株式会社ドットデザインオフィスの永井進治さん

最適で費用対効果の高いデザインを提供する「あなたの便利な店舗デザイン屋さん」(1/3)

 埼玉県川越市に事務所を構える「株式会社ドット・デザイン・オフィス」代表取締役の永井進治さんは、飲食店などの店舗を専門とする店舗デザイナーです。「デザイナー」との言葉を聞くと、一般的にクリエイティブな作品を創り上げる専門職というイメージが先...

永井進治プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

費用対効果が高く店舗に適したデザインを追求

会社名 : 株式会社DOT DESIGN OFFICE(ドット・デザイン・オフィス)
住所 : 埼玉県川越市脇田本町29-2-201 [地図]
TEL : 049-265-5242

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-265-5242

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

永井進治(ながいしんじ)

株式会社DOT DESIGN OFFICE(ドット・デザイン・オフィス)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
◆厨房デザインのしくみ  不安になる必要はないですよ!!保健所の検査あれこれ。
イメージ

今回は「厨房デザイン」のしくみです。「保健所」の検査を絡めてお話したいと思います。 保健所検査は...

[ 厨房デザインのしくみ ]

◆レイアウトデザインのしくみ  オープンキッチンレイアウトの裏ワザ?(大げさです・・・。)
イメージ

今回は1度すっとばしてしまった「レイアウトデザイン」のしくみです。 前回の「飲食店編」の続きのお話しをし...

[ レイアウトデザインのしくみ ]

◆厨房デザインのしくみ  オープンキッチンの最大の利点はなんでしょう?
イメージ

今回は「厨房」のお話です。「厨房」に関しては飲食店にしか関係ないと思われるかもしれませんが、今回の「厨...

[ 厨房デザインのしくみ ]

◆外装デザインのしくみ 外装材はこの9種類をおさえておけば大丈夫!!
イメージ

今回は第2回目の「外装デザイン」のしくみです。「外壁(がいへき)」 についてお話したいと思います。 外...

[ 外装デザインのしくみ ]

◆内装デザインのしくみ 「子供」と「ガラス」と「アクリル」と・・・。
イメージ

さて今回は「内装デザインのしくみ」ということでお送りします。ずばり、題名のままなのですが「ガラス」と「ア...

[ 内装デザインのしくみ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ