コラム

 公開日: 2016-11-30 

空き家に関する条例と埼玉県のケース

2013年10月時点で全国に約820万戸もの空き家が確認されてから、益々深刻化する空き家問題。

今でこそ、2014年に「空き家対策特別措置法」が施行されたことによって、多くの自治体が対処できる様になりましたが、法律が施行される前は、各自治体が単独で問題解決のために動いていたようです。

各自治体の対応例をご紹介しましょう。




まずは、東京都足立区のケース。

足立区では、2011年10月に「足立区老朽家屋等の適正管理に関する条例」を制定し、老朽家屋の解体費用を最大100万円まで補助することを決めました。




さらに長野県白馬村では、長野冬期五輪後、観光客が大幅に減少したことにより、民間の宿泊施設や店舗が経営難に陥り、倒産や廃業が相次ぎました。

それに伴い、村内の廃屋も大幅に増加。結果として、足立区同様、解体費用の一部を補助する制度を定めることになったのです。




そして、前記した二例の様に、各自治体で空き家問題解決に向けた活発な動きが始まったきっかけとも言うべき自治体が、埼玉県所沢市なのです。

同市では、2010年に空き家問題に関する条例を制定。もちろんこの動きは全国ではじめてのことでした。その結果、一定の成果が見られたことにより、全国で空き家対策の条例が制定されるようになったのです。

                                           空き家王子.COM 代表 早水 大輔

この記事を書いたプロ

ダイユウエンタープライズ株式会社 [ホームページ]

不動産コンサルタント 早水大輔

埼玉県加須市北小浜292番地 [地図]
TEL:0480-63-0227

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ダイユウエンタープライズ株式会社代表取締役早水さん

建設業だからこそ出来るワンストップサービスで空き家問題を解決!(1/3)

日本における空き家問題はさらに深刻化していると言われている昨今に於いて、空き家の管理と有効活用を推し進めている専門家がいます。埼玉県加須市にある建設会社、ダイユウエンタープライズ株式会社代表取締役の早水大輔さんです。ダイユウエンタープラ...

早水大輔プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

建設業の知識と技術を最大限に活かした空室・空き家対策に強み

会社名 : ダイユウエンタープライズ株式会社
住所 : 埼玉県加須市北小浜292番地 [地図]
TEL : 0480-63-0227

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0480-63-0227

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

早水大輔(はやみずだいすけ)

ダイユウエンタープライズ株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
空き家管理して有効活用を!

空き家を有効利用したいなら、貸し出すのも一つの方法です。ただし、貸す以上、入居状況によっては原状回復やリフ...

[ 空き家 ]

迷惑な空き家にならないためには・・・

「空き家対策特別措置法」が完全施行されてから、多くの方たちの間で浸透しつつあるのではと思いますが、なぜそこ...

[ 空き家 ]

空き家対策措置法について

「空き家対策措置法」が施行されたことにより、市町村は空き家の所有者に対し、修繕の勧告や命令を促す権利を得る...

[ 空き家 ]

なぜ空き家は増えているのか?

昨今全国の自治体で大きな問題とされている空き家問題。その原因のひとつとして上げられるのは、少子高齢化問題で...

[ 空き家 ]

新築思考の強い日本人

空き家が増える要因はいくつも考えられますが、ここではそのひとつとして「新築住宅が空き家を増やす要因になって...

[ 空き家 ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ