Q&A(このプロの回答)

職場の健康診断について
今年5月より、社会福祉法人で介護士として、夫の扶養範囲内で雇用保険
のみ給料天引きの契約で入職した、57歳の主婦です。
毎年秋に、健康診断を実施しているとの事で、当然受けられるのもと思っていましたが、社会保険に加入していない者は、受けられないとの通達が8月にありました。夫が国保に加入している主婦は、居住市の健康診断を無料でうけられますが、私の様な夫が加入している社会保険の会社では、主婦検診を7月に申し込みを締め切っていたため、自費で受けざるを得ません。雇い主が、労務者に対し、正社員・パート(労働時間あるいは日数や雇用形態)に関わらず、全員に受けさせる義務があると認識していましたが、間違いなのでしょうか。
投稿日時:2012-09-02 11:28:03
ビジネス

亀岡亜己雄 かめおかあきお

亀岡亜己雄の回答

会社がパートに健康診断を受けさせる義務

こんにちは。社会保険労務士の亀岡です。

まず、現在の実態ですが、雇用保険に入っていることから、週の労働時間は20時間以上と考えられます。また、「夫の被扶養者の範囲内で雇用保険のみ」ということですので、社会保険(健康保険・厚生年金)には入れてもらってないことから週の労働時間は、正社員のおおむね4分の3にいっていないと考えらえます。

これを踏まえて順番に説明します。

健康診断には、2種類あって、法定健康診断と会社指定の健診です。ひろばぁさんがいっている定期健康診断は、法定健康診断のことかなあと推察したします。

この法定健康診断は、労働安全衛生法で決まっています。名前のとおり、立法上の義務なので、会社は必ず実施しなければならないことになっており、健診項目まで決まっています。そこで、法定健康診断の対象者にパート労働者が対象になるかです。

労働安全衛生法は、「常時使用される労働者」に健康診断を実施せよと決めています。そこで、「常時使用される労働者」にパートは入っているのかということになります。

健康診断の実施対象である「常時使用される労働者」の考え方として、厚生労働省が通達を発しています。それが、ア、契約期間が1年以上の従業員(または1年以上雇用される予定の従業員)、イ、週の所定労働時間(会社が規則で決めている労働時間)が同種の仕事に就く通常の労働者の4分の3以上というものです。アとイの両方を満たす必要があるというのが行政です。

※「通常の労働者」の解釈は、問題で、複雑です。

この行政通達は、所定労働日数がひどく少ないパート労働者を「常時使用される労働者」に該当させていいかという点から、考え方を示しているものです。

※通達は、厚生労働省が示した指針、考え方であって法律ではありません。

この行政の考え方に沿いますと、ひろばぁさんは、法定健康診断の対象者から外れることになります。会社が言っている「社会保険がないものは受けられない」は、これだけで確定はできませんが、このことであると推察いたします。

次に、行政通達上、健康診断の対象者から外れるとして、会社の就業規則や安全衛生などの規定がどうなっているか、可能であれば確認されることをおすすめします。

就業規則等で、健康診断を実施すると規定があり、対象者が特に限定されていないこともあります。また、パート用の就業規則等がない場合は、正社員用が規定されることになると考えられます。パート用の規定がある場合は、それに従うことになります。

念のため、確認なさってみてください。パートの健康診断の実施が規定されていると判断できる場合には、会社は健康診断を実施する義務があります。

さらに、ひろばぁさんと同じ、あるいは似たような働き方のパート従業員に対し、これまで、健康診断を実施してきたような実態にあるかどうかを確認してください。もし、そのような実態にあれば、そのことが契約内容になると考えられる可能性が出てきます。

実際、働いている側からは、これらの主張はしにくいですが、スッキリするためにも、事実は事実として念のために確認をしてみてください。

なお、行政通達は、週の労働時間が通常の労働者の2分の1以上4分の3未満のパートにも健康診断を実施することが望ましいともいっています。「望ましい」という行政の考えです。権利や義務は発生しません。

ここからは補足ですが、会社に対する安全配慮義務や健康配慮義務の点からすると、何かあったときを考えますと、会社は、社会保険の有無にかかわらず、パートにも健康診断を実施しておくべきということは言えます。

先に触れました行政通達の話とは別に、安全配慮義務や健康配慮義務は、法的な責任が発生する問題ですので、先に触れました行政通達の話とは別になります。従業員の安全や健康を害さないように配慮する義務です。

たとえば、健康を害して、そのことと法定健康診断を受けさせていなかったことに何らかの関係が生じるような場合などを想定しますと、健康診断を受けさせないことに、安全配慮義務や健康配慮義務に関する法的な問題は残ると考えられます。

回答日時:2012-09-04

質問者

すっきりしました(^^)

亀岡先生のご回答は、素人の私にとって、とてもよく理解できる上、より詳しく説明していただいた内容でした。
特に、順を追ってのご説明には、先生のお人柄が伺えます。
先生のご回答を踏まえて、更にスッキリさせる為に、勇気!!を出して確認してみようと思います。
背中を押して頂き、大変感謝しております。

返信日時:2012-09-05 21:38:18

亀岡亜己雄

返信ありがとうございます!

返信していただきありがとうございます。

少しでもお役に立てて光栄です。

心機一転がんばってください!

特定社会保険労務士 亀岡 亜己雄

返信日時:2012-09-06 05:41:42

Q&A一覧に戻る

最近投稿されたコラムを読む
主な業務実績等
どんどん進む

★業務実績・企業の労務顧問、労務相談(年平均500件の対応実績)・中小企業の経営分析業務、管理会計研修・中小企業の人件費管理・中小企業の労務リスク対策・...

けがや病気の救済制度
どんどん進む

中小企業のお手伝いや労働者の労働問題の対応の中で、業務上のけがや病気、通勤途中のけが、業務外のけがや病気などで精神的あるいは身体的に機能が正常時よりも衰える...

 
このプロの紹介記事
労務監査、労務分析による労務リスク対策を得意とする社労士 亀岡亜己雄さん

企業内の労務リスクマネジメントは企業の経営資源の適切な活用の第一歩(1/3)

「最近の労働問題は、人材の募集や採用、配置、異動、人事考課や昇給、昇進など労務管理にまつわる事柄のほか、経営者の発言や決めたことの押し付けなどが原因になっているケースが散見されます。データ上最多であるパワハラ、いじめ・嫌がらせに関しては、上...

亀岡亜己雄プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

採用から退職までの助言と支援、労働問題の事前措置と事後対応

事務所名 : 首都圏中央社労士事務所
住所 : 埼玉県春日部市一ノ割1-7-44 [地図]
TEL : 048-748-3801

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-748-3801

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

亀岡亜己雄(かめおかあきお)

首都圏中央社労士事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
★会社の歓送迎会後の交通事故による死亡が労働災害とされた例
イメージ

 事案の概要  この事件は、従業員Bが従業員7名の会社Yの中国人研修生の歓送迎会に出席後、業務のた...

[ 裁判例に見る労務:労働災害 ]

◆「始末書を書け」と命じることはできるか
イメージ

日々、相談を受けている中で、多くの事案で登場するものの一つに「始末書」があります。「始末書」は、雇用社...

[ 裁判例に見る労務:始末書・誓約書等 ]

★定年前の無期雇用と定年後の嘱託有期雇用の労働条件の相違が不合理とされた例
イメージ

 嘱託有期雇用の賃金低下措置に問題を投げかける判決  一般に、多くの企業では、一定年齢により定年と...

[ 裁判例に見る労務:嘱託雇用、有期雇用 ]

◆メモやノート等はパワハラにおける損害賠償請求の役に立つのか
イメージ

パワハラは、労働問題の中でも証拠が残しにくいと言われている分野です。その足元をみてか、企業サイドは、...

[ 裁判例に見る労務・パワハラ ]

★パワハラの行為類型に関する情報の留意点
イメージ

 パワハラの当事者は、ネット上の種々の情報からパワハラにあたるか否かを判別する手掛かりを見出そうとし...

[ パワハラ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ