>   >   >   >   >   >  雇用時事ニュースから見える労務

コラム一覧 :雇用時事ニュースから見える労務

1件~15件(18件)

過去の15件

◆就業規則の抽象的な表現のあてはめはトラブルのもと

イメージ

雇止めや解雇といった、企業サイドがイニシアチブをとる雇用契約終了は相変わらず多くなっています。ハラスメントにしても、ケースにより雇止めや解雇という形、あるいは、強引に退職の意思表示を引き出す形で、雇用契約が終了する場合が多発しています。雇用契約終了の場面では、企業側からみ... 続きを読む

雇用時事ニュースから見える労務

2015-12-19

★自己都合か会社都合か-離職理由の処理について

イメージ

労使双方、つまり、労働者と会社の双方とも労働者の退職の際に、自己都合か、はたまた会社都合かとまるで2者択一であるかのように離職理由を考えます。とりわけ、労働者にとっては離職理由によって、感情的に納得できないことになるし、何より事実通りに処理されていない場合は許せない気持ちが... 続きを読む

雇用時事ニュースから見える労務

2015-05-15

◆退職届や退職願とは何か

イメージ

 近年の労働問題の共通の傾向として、離職理由にかかわらず「必ず退職届や退職願を出せ」と企業から半ば強制ともとれる態様を受けるケースが顕著にみられます。明らかな解雇や契約期間満了による退職であっても企業が退職届や退職願の提出を求めるがゆえに労働者はまったく納得していないこと... 続きを読む

雇用時事ニュースから見える労務

2015-05-13

◆求人票対策強化の意図するもの

イメージ

厚生労働省が、2014年3月24日から、求人票の記載内容と実際の労働条件が違っていた場合の申出専用窓口、「ハローワーク求人ホットライン」を開設して、半年が経過しました。中小企業経営者は、厚生労働省のwebサイトを閲覧することはしないと思われますが、一部新聞報道等でご承知の方も... 続きを読む

雇用時事ニュースから見える労務

2014-10-10

◆労働問題の相談が多い「自己都合退職」

イメージ

厚生労働省が昨年の労働相談件数を公表していますが、専門家のブログなどでも話題として取り上げられておりますのは、100万件超える高止まりで推移しているほど労働問題が多発していること、いじめ・嫌がらせが解雇を抜いて2年連続でトップであることです。これらが短絡的に述べられているよ... 続きを読む

雇用時事ニュースから見える労務

2014-07-15

★中小企業における就業規則作成の留意点

就業規則には様々な目的や効果がありますが、規則というと小規模企業は敬遠しがちです。それは、規則を作ることで、従業員に見られて、対応しなければならなくなるケースが増えると考えられること、法律を守らなくていけなくなることを懸念するからです。もちろん、このような思考は、コンプライ... 続きを読む

雇用時事ニュースから見える労務

2014-06-06

◆企業も70歳まで雇用を視野に入れた対応が必要

政府は、経済財政諮問会議(議長・安倍首相)の有識者会議「選択する未来」委員会において、人口減少と超高齢化への対策をまとめた提言案を明らかにしました。内容は、70歳までを働く人と位置づける、出産・子育て関連の給付など支援額を倍増させるというものです。 これは、5月半ばに諮問会... 続きを読む

雇用時事ニュースから見える労務

2014-05-07

◆特定労働者派遣の増加の兆し

派遣各社大手が、技術系、理系の職種や介護職種における特定派遣の拡大をする動きがめだっています。いずれも、将来、発展が見込める分野と位置づけられるもので、将来に向けた人材の確保が狙いのようです。これまで主流だった登録型派遣は、人材は登録して置くが、常用雇用ではありません。派遣... 続きを読む

雇用時事ニュースから見える労務

2014-03-24

◆安易に有期雇用にすべきではない

近年、規模を問わず、労働契約を有期に設定する企業が増加しています。なんのためらいもなく有期雇用契約にしているように思えます。しかし、一たび労働者によって、契約問題になった際に、そもそも有期労働契約自体が妥当なのかどうかが主張の一旦になることがあります。有期労働契約の問題と言... 続きを読む

雇用時事ニュースから見える労務

2014-03-10

★あっせんに応じて丸くおさめるほうが得策

あっせんによる紛争解決は、年々勢いを増しています。収益と資金を追いかけている企業からすれば、労使紛争に鈍感なのも無理はありません。しかし、労働者の間であっせんは、メジャー級の紛争解決手段になりつつあります。理由は、最も短い時間と手間で紛争解決に至る可能性があるからです。あっ... 続きを読む

雇用時事ニュースから見える労務

2014-02-15

◆基本事項で恐縮です-解雇の話

近年、権利ばかりを主張し、まじめに働かないと従業員を揶揄する経営者の声を多く耳にします。浪花節的には非常によくわかります。しかし、一歩下がって従業員の内容を聞く必要があります。といいますのは、企業は、第一ステップとして、従業員の言っている内容に不合理な点があるかないかを見極... 続きを読む

雇用時事ニュースから見える労務

2014-01-24

★有期雇用契約の期間設定におけるリスク

有期雇用契約により労働する形態は、非正規雇用の一態様にカウントされ、その導入や運用は企業の任意に委ねられているかのように映ります。極端に言えば、雇用期間1か月とすることは妥当なのか、あるいは、初めに雇用期間1年、次第に6か月、3か月、2か月と短縮することは妥当なのかという例が実務上... 続きを読む

雇用時事ニュースから見える労務

2014-01-10

◆「仕事減らしによる退職」に潜む労務リスク

近年、退職労働者の退職事由が違うことが原因で紛争に発展するケースが増えています。中立的視点でこの紛争を眺めてみますと、正しい退職理由で処理していないためにリスクを抱えることになるケースが多くなっています。今回のコラムタイトルに取り上げましたものもその一つです。労働者のほうは... 続きを読む

雇用時事ニュースから見える労務

2013-12-16

★学生に対する労働法の出前講義がブーム

社会人ならば、「ブラック企業」「パワハラ」「退職強要」などの言葉を知らない人はいないでしょう。企業から見れば、万人が知るところとなっている現況が決して歓迎できない話です。こうした社会事情が如実に表れているなあと感じることに、最近の教育現場における労働法講義の出前があります。... 続きを読む

雇用時事ニュースから見える労務

2013-12-06

◆偽装自己都合退職のリスク

退職勧奨の結果、労働者が退職届を出してきた、社内のセクハラやパワハラがひどく、継続して勤務できなくなったので退職すると言ってきた、残業手当を支払ってくれないと退職届を提出した・・・貴社ではこれらの場合の離職をどのように扱っているでしょうか?貴社では、自己都合退職で処理してし... 続きを読む

雇用時事ニュースから見える労務

2013-11-29

1件~15件(18件)

過去の15件

RSS
主な業務実績等

★業務実績・企業の労務顧問、労務相談(年平均500件の対応実績)・中小企業の経営分析業務、管理会計研修・中小企業の人件費管理・中小企業の労務リスク対策・...

 
このプロの紹介記事
労務監査、労務分析による労務リスク対策を得意とする社労士 亀岡亜己雄さん

企業内の労務リスクマネジメントは企業の経営資源の適切な活用の第一歩(1/3)

「最近の労働問題は、人材の募集や採用、配置、異動、人事考課や昇給、昇進など労務管理にまつわる事柄のほか、経営者の発言や決めたことの押し付けなどが原因になっているケースが散見されます。データ上最多であるパワハラ、いじめ・嫌がらせに関しては、上...

亀岡亜己雄プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

採用から退職までの助言と支援、労働問題の事前措置と事後対応

事務所名 : 首都圏中央社労士事務所
住所 : 埼玉県春日部市一ノ割1-7-44 [地図]
TEL : 048-748-3801

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-748-3801

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

亀岡亜己雄(かめおかあきお)

首都圏中央社労士事務所

アクセスマップ

プロのおすすめコラム
◆「始末書を書け」と命じることはできるか
イメージ

日々、相談を受けている中で、多くの事案で登場するものの一つに「始末書」があります。「始末書」は、雇用社...

[ 裁判例に見る労務:始末書・誓約書等 ]

★定年前の無期雇用と定年後の嘱託有期雇用の労働条件の相違が不合理とされた例
イメージ

 嘱託有期雇用の賃金低下措置に問題を投げかける判決  一般に、多くの企業では、一定年齢により定年と...

[ 裁判例に見る労務:嘱託雇用、有期雇用 ]

◆メモやノート等はパワハラにおける損害賠償請求の役に立つのか
イメージ

パワハラは、労働問題の中でも証拠が残しにくいと言われている分野です。その足元をみてか、企業サイドは、...

[ 裁判例に見る労務・パワハラ ]

★パワハラの行為類型に関する情報の留意点
イメージ

 パワハラの当事者は、ネット上の種々の情報からパワハラにあたるか否かを判別する手掛かりを見出そうとし...

[ パワハラ ]

◆就業規則の抽象的な表現のあてはめはトラブルのもと
イメージ

雇止めや解雇といった、企業サイドがイニシアチブをとる雇用契約終了は相変わらず多くなっています。ハラスメ...

[ 雇用時事ニュースから見える労務 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ