コラム

 公開日: 2013-09-16  最終更新日: 2014-07-03

半沢直樹流税理士の選び方

2012年春ごろ、「これ1冊で安心!役に立つ税理士&知って得する節税」という本が、ダイヤモンド社から出ています。



仰々しいタイトルですが、その中の冒頭で、今、半沢直樹で大ブレイク中の直木賞作家、池井戸潤氏の税理士の選び方が掲載されていました。

池井戸潤氏が選ぶ税理士のポイントを大別すると、次の5点です。

(1)若くて面倒見のよい人
  →自分より先に死ぬ税理士はダメで、自分の相続とかもあるので、長くやってもらえる税理士を選びた   い。

(2)勉強して、修行して、実績を積んで独立した人
  →税理士をただ単に交代するだけでも非常に面倒なため、ちゃんとしている人を最初から選んでおきた   い。

(3)税理士本人が面倒を見てくれこと
  →大きい税理士事務所などは、修行中の職員を雇って、その修行中の人が来て、
   経理を見るケースがあり、これでは頼りにならないから。

(4)勉強している人
  →人間なのでミスはあるが、勉強不足、知識不足、怠慢はまずい。

(5)処理が速い人
  →融資を受ける際などに、試算表がすぐ出てこないと非常にまずいので。


池井戸氏の顧問税理士は、大学時代のゼミの同級生で、偶然、上記に合致するような良い税理士と出会えたそうです。

また、池井戸氏は、銀行をやめて独立したあと、会計ソフト会社の依頼で、税理士・会計士向けの講演をよくやっていたそうです。
そこで税理士とつきあいが多くあり、良い・悪い税理士の区別が、わかってきたそうです。

さらには、銀行員時代担当していた中小企業の役員もやっているため、中小企業や税理士の実態を非常によく理解されています。


税理士の選び方は、千差万別ですが、とても参考になる、1つの見方だと思います。
それ以外にも、著者ならではの興味深い経費の考え方なども、この本の中で述べられていますので、ご興味ある方は一読することをお薦めいたします。


あと個人的に、もっとも興味深い記述が、別にありました。

「吉川英治文学新人賞(約100万)は、税務上、どういう取扱いになるのか?」

という質疑について、国税庁のHPにて、文書回答例が公開されているのですが、その質疑は、池井戸潤氏ご本人と顧問税理士が問い合わせて、回答を得たものだそうです。
(※質問者の名前は出ていませんが。)

結論としましては、吉川英治文学新人賞の賞金は一時所得で、消費税不課です。
下記URLで、確認できます。
http://www.nta.go.jp/tokyo/shiraberu/bunshokaito/shotoku/110217/02.htm

この記事を書いたプロ

大沢税理士事務所 [ホームページ]

税理士 大沢育郎

埼玉県上尾市今泉1-3-17 [地図]
TEL:048-781-2543

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
大沢育郎さんプロフィール写真

長期的な視点と分かりやすいサービスでクライアントを親身にサポート(1/3)

 「私は31歳で会計事務所を立ち上げました。自分が経営者になることで、クライアントの気持ちに寄り添うことができ、より一層質の高いサービスが行えるようになりました」と爽やかな笑顔で話す税理士の大沢育郎さん。税務の仕事に就いて16年のキャリアを...

大沢育郎プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

メディア業界も注目する解説力と成長を後押しする豊富な知識

事務所名 : 大沢税理士事務所
住所 : 埼玉県上尾市今泉1-3-17 [地図]
TEL : 048-781-2543

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-781-2543

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

大沢育郎(おおさわいくろう)

大沢税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
新刊発売のお知らせ
イメージ

私が監修しました、「これならできる個人事業の経理と税金 第2版」が、2014年6月5日(木)に発売となりました。...

「NAIL TIMES」創刊号
イメージ

雑誌「NAIL TIMES」創刊号で、インタビュー記事が掲載されました。http://goo.gl/t23Hli

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ