コラム

 公開日: 2015-08-29  最終更新日: 2017-06-02

システム導入の問題事例の紹介

システム導入についての概要は、システム導入の成功をご覧ください。

システム導入の問題事例

顧客概要    :一般消費財製造業、資本金: 12億円、東証二部上場(直前)
           売上300億円、従業員400人、国内3工場
業務の状況   :零細な外注が多いが長年の付き合いで、計画変動等にも対応できている。
           生産管理システムが老朽化しているため、業務遂行に支障が出ている。
           また、必要性はあるがロット管理ができていない。
顧客のご要望  :上場を見据えると老朽化したシステムをリプレースする必要がある。
と状況        コンサルタントに業務分析とシステム要件作成を依頼したが、特に調達業務に
            思ったような成果が上がるとは思えない結果であった。
            しかし、システム導入作業で検討を行う事として作業を進めた。
主要な要件   :要件定義を実施した結果、主に3つの施策を行う事を決定した。
         1.ロット管理を段階的に適用。当初は月次ロット、慣れたところで日ロットに移行する。
         2.3段階発注方式を採用する。
         3.集中購買を行う。(工場間で共通の部品が多い)
要件の詳細
     1.ロット管理
      ・ロット管理の経験が無いため、運用案を提示し運用方法の検討を行った、
       システムは改訂なし。
      ・ロットNOは業者の現品票記載の納入年月とした。(入荷時に現品票の作成業務を
       行う余裕がないため)
     2.3段階発注
      ・部品が重量物のため、先入先出が困難なこともあり、必要数を発注し、工程直納を行う
       運用とした。運用案がすでに検討済で不足しているシステム機能を作成する。
      ・業者任せの運用のため、業務レベルの向上を図る必要があり、予定の開示、内示、
       引取発注の3段階発注方式を行う事とした。
           <参考>現状の調達方法
             ①外注に計画を提示し、支給タイミングを取得。
             ②原材料の調達先にこれを納期として連絡し、納期を確認。
              納期がおり合わない時は、分納を含めた調整(上記①、②)を行う。
             ③製品から初工程に向けて順番に①、②を繰り返す。
            残念な結果であるが、現状の業務運用に固執する課長と主要メンバーの一部を
            配置転換するという事態になった。     
            また、新システムの稼働が迫っていたため、システム化には間に合わず、システムの
            標準機能での発注後、納期調整を行う運用となった。システムの安定稼働後に
            システム化を行った。
     3.集中購買
      ・システムの機能はなかったが、非常に軽い改造で対応が可能となった。
       本社工場で、全工場分をまとめて発注する運用とした。

問題   :システム導入期間が延びてしまった。
      主な理由としては、以下の2点
       1.システム導入前に決めておくべき「業務運用方法」が検討されておらず、
         システム導入の要件定義で運用方法の検討が必要になり、
         時間がかかってしまった。
        ※本来の要件定義では、目標とする業務運用とシステム機能のギャップを洗い出し、
         対応を検討するものであるが、今のままではまずいが、どうしたら良いかは解らない
         という部分があった。
       2.現状の業務運用の詳細が把握されていいなかったため、現状運用とシステムのギャップを
         確認するために、何名かの実担当者からのヒアリングを行い、現状運用の詳細を整理する
         必要があった。
システム導入を成功させるには、システム導入の成功をご覧ください。

この記事を書いたプロ

アッシュ

システムコンサルタント 藤井政雄

埼玉県さいたま市岩槻区大字小溝765-20 [地図]
TEL:048-876-9029

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
システム導入の成功

本題に入る前に、システム導入の成功とはなんでしょうか?逆説的ですが、失敗しないと言う事になります。では、失敗とはどのような事でしょうか?失敗にも大小様...

業務改善の成功

本題に入る前に、業務改善の成功とはなんでしょうか?生産性を向上させる事で、原価削減、受注競争力の向上などで経営基盤を強化させる事と言えるでしょう。で...

 
このプロの紹介記事
製造業の収益・経営改善をサポートするコンサルタント 藤井政雄さん

中小製造業の生産効率向上を業務改善コンサルティングとシステム支援(1/3)

製造業を中心に業務改善、IT導入のコンサルティングを行う「アッシュ」の藤井政雄さん。システム開発会社での設計コンサルティングや製造業でのシステム導入におけるコンサルティングに携わるなど、業務改善コンサルタントとして活躍しています。「収益...

藤井政雄プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

システム導入や業務改善時に発生するコミュニケーション問題解決

会社名 : アッシュ
住所 : 埼玉県さいたま市岩槻区大字小溝765-20 [地図]
TEL : 048-876-9029

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

048-876-9029

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

藤井政雄(ふじいまさお)

アッシュ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
プロのおすすめコラム
製造業が悩む生産効率が上がらない2つの理由とその対策

業務改善についての概要は、業務改善の成功をご覧ください。 サービス業などに比べ生産効率の高い製造業 本...

[ 製造業の効率化よろず相談 ]

システム導入を成功させます。

本題に入る前に、システム導入の成功とはなんでしょうか?逆説的ですが、失敗しないと言う事になります。では...

[ システム化プロジェクトを成功させる ]

業務改善で不満を解消

 はじめに 業務改善で不満は解消できるのか? どのようにすれば良いのか? 他社ではどのようになってい...

[ 事例でみる業務改善 ]

業務改善とシステム導入

業務改善とシステム導入まづは、パッケージ選定まで。実は、ここがとっても重要。1.システム導入の一般的な流...

[ システム導入 ]

費用について

弊社のサービスの費用は、基本的に次の通りとなります。業務改善、システム導入を成功させるための費用としては...

[ 製造業の効率化よろず相談 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ