コラム

 公開日: 2014-10-16 

介護予防に役立てる音楽活用法 その5 すべての芸術は音楽の状態に憧れる

すべての芸術は絶えず音楽の状態に憧れる

前回、共鳴・共振について書き記しているうちに次のような言葉を思い出しました。
「すべての芸術は絶えず音楽の状態に憧れる」

この言葉は 19世紀のイギリスの文学者 ウオルター・ペーターの著作「ルネサンス」の中で述べられました。決して音楽家の優位性を説いたものではなく、音楽の原理性や現象としては、人間そのものの中に完結する性質をみぬいたからだと思います。

音階そのものは実に精緻に数学的に定められているにもかかわらず、それを享受するためには極端な話、特別な他の学問の力を借りる必要はありません。ただ聴くという行為だけでその世界を楽しむ事ができるのです。

たとえば、詩や小説ならばどうでしょう。文字の理解、言葉の意味の理解が必要です。
絵画は、比較的音楽に近い位置にあるような気もしますが、それが空間芸術であるかぎり、いつも目の前に存在しつづける事で、「わかろうとする」気持ちを掻き立てるような芸術領域だと思います。

音楽は時間芸術です。好き嫌いは別としても、奏でられた瞬間、その振動の渦中に聞き手も演奏者も飲み込まれる事になります。そして時の流れの中で、次々と新しい振動を受け止めてゆくことになります。

「好きになった音楽」というのは、きっとその振動が自分にフィットした曲なのでしょう。
一瞬の振動であっても、人間の感覚は鋭敏です。味わったその振動を忘れられないのです。

歌い手の声、言葉の響き、メロディ・・・すべてそれは振動としてその場にいるすべての人に共有される事になります。
音楽セラピーの素敵さはそこにあるように思います。
それが共鳴・共振という表現につながってゆくのです。

生演奏では、実際に演奏をしている人と共鳴・共振することが可能になります。
リアルタイムでその人自身の振動を受け入れる事になります。

人間同士がお互いを受け入れる条件が整ってゆく瞬間です。

録音された作品を一緒に聴く事以上に、こういった生演奏の場というものが音楽セラピーには欠かせないと思うのは、このような音楽の特性をフル活用できるからです。

「すべての芸術は絶えず音楽の状態に憧れる」という表現の本質的な意味が、やっと少しわかったような気がします。シニアの方々との「共鳴・共振」を深めるために、どのような曲を持ち込めば良いのか。今後も研究を続けてゆきたいと思います。




私たちは「声の健康 こころの健康 身体の健康」を
サポートする健康文化産業です。
***************************************************
マイベストプロ埼玉に登録中です
http://mbp-saitama.com/artbox2/
***************************************************
社会を音楽化する研究会ホームページ
http://syaonken.org/
***************************************************
通学形式の「声みがき塾」所沢
http://koe.syaonken.org/voice.html
***************************************************
公式講演依頼はこちらのサイトからお願いいたします
http://www.kouenirai.com/search/detail-200902-3914.html
***************************************************
介護予防ワークショップに関しては次のサイトをご参照。
http://homepage2.nifty.com/artbox2/
***************************************************
Yahoo!ショッピングに出店中の「声みがき術」関連商材。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/box-store/
***************************************************
質問はどうぞお気軽にお問い合わせください。
info@syaonken.org
***************************************************
Facebook登録情報
牧野俊浩 https://www.facebook.com/toshihiro.makino
社音研  https://www.facebook.com/syaonken
***************************************************

この記事を書いたプロ

有限会社文化センターボックス [ホームページ]

音楽家 牧野俊浩

埼玉県所沢市北秋津876-2-B-103 [地図]
TEL:04-2998-0750

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
只今考え中
イメージ

毎年恒例の年末コンサートの日程が決定しました。2014年12月11日(木)午後6時半~8時半の予定です。本年は所沢にも縁のある、大正ロマンの旗手、竹久夢二の生誕1...

レッスンツール・商品
イメージ

「長生きしたけりゃ 長息しなさい!」「声みがき術」の指導の中から生まれた、上記テーマにそった新しい楽器が誕生しました。従来の5本組パンフルートに上の「ド...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
提案するセラピー音楽家 牧野俊浩さん

セラピー音楽家が提案する、介護予防のための「声みがき術」(1/3)

 「せっかく声を出すんやったら、自分の体を楽器みたいに鳴らしてみぃ。口先の言葉だけと違うて、身体全体で自分のことを相手に伝えられたら、これは気持ちええで」 牧野俊浩さんは「声みがき」インストラクター。歌うような西の言葉を通して、温かな人...

牧野俊浩プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

音楽を通して社会に貢献。介護予防にも対応。

会社名 : 有限会社文化センターボックス
住所 : 埼玉県所沢市北秋津876-2-B-103 [地図]
TEL : 04-2998-0750

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

04-2998-0750

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

牧野俊浩(まきのとしひろ)

有限会社文化センターボックス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

ヴィブラートのつけ方がわかりました

自分はずっとアマチュアコーラスをやってきたのですが、そこ...

T・M
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
関西弁と標準語 説得力はどちらが強いか 私論
イメージ

本日のコラムに関しては、自分の嗜好が80%反映しているかもしれません。けれど、「声みがき術」に照らして考...

[ コミュニケーション力 ]

声と孫悟空の関連性
イメージ

本日は、とても勉強熱心な方のヴォイストレーニングの日でした。50代の男性ですが、介護職員をなさっています。...

[ 介護予防 ネタ ]

歌と絵の関係
イメージ

本日は、早朝からカラオケ教室の指導。といっても個人指導です。40分で3000円。このような生徒さんが以前...

[ カラオケ ]

つむぐこまひと 高麗1300年記念
イメージ

お正月をすぎると、すぐに誕生日がやってきます。本年1月10日で69歳となりました。本人としても全く考えた事のな...

[ 公演情報 ]

2月11日はお暇?(日にちを間違えました!2月11日が正解です)
イメージ

三日間立て続けにコラム投稿。ううむ、やっぱり、投稿頻度とアクセス数は関連があるようですね。昨日も言いまし...

[ 音楽 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ