コラム

2014-09-24

高齢者が逆腹式呼吸をマスターすると・・・

このところ逆腹式呼吸の話題をよく持ち出します。
呼吸法にあまり詳しく無い方にとっては、「なんじゃらほい」というフレーズかもしれませんが、要するに息を吐ききった状態でも、横隔膜が下に下りたままになっているのでお腹はパンと前に迫り出している状況をつくるということです。

息をするということは肺の中を空気が出入りすることですね。
けれど肺には自分で広がったり縮まったりする筋肉はありません。横隔膜が収縮して下に動くと、胸腔が広がり、肺の外側の圧力が下がります。そのため、圧力が等しくなるように、空気が肺の中へ流れこみます。横隔膜がゆるんで上に戻ると、肺と胸壁の弾性で空気が肺から押し出されます。これが呼吸の基本システムです。

横隔膜を十分に活用するというのが「腹式呼吸」です。
一般的に女性は不得意とされています。ですからいつも肩を持ち上がるようにして胸を広げる胸式呼吸をしているのです。なぜか?それに関してはまたいずれ僕の知っている知識でご説明をします。とりあえずは「横隔膜」を使いましょう!という事を覚えておいてください。

「逆腹式呼吸」は息を吐く状態でも横隔膜があがらない状態をつくる呼吸法です。
ですから、横隔膜による圧力の変化の力を借りる事ができません。

そのかわり、背筋や胸筋やそれにつながる筋肉の緊張で息を外に押し出す事になります。
ですから自然な呼吸法とはちょっと違います。普段あまりつかっていない筋肉の活性化が必要になるわけです。脳内で感じるバランス感覚は、いわばマニュアル車での半クラッチの状態です。

それぞれの部位の筋肉の活性化という意味では、是非高齢者の方々にお勧めしたい呼吸法です。息を吸う時には普通の腹式呼吸で、横隔膜を下ろします。その分お腹は少し迫り出します。その状況を維持したまま息を吐き出そうとすると、先ずは背筋が緊張するのがわかると思います。それは直立した姿勢をさらに頑丈に構築しようとするきっかけとなります。背中が丸まらないように、シャンとした姿勢をすること、これはきっと高齢者の方々にとっては実年齢からマイナス10歳くらいのイメージを与える事になります。
せっかく息をするのならお得な息の仕方をしてみてはいかがですか。
是非お試しください。




私たちは「声の健康 こころの健康 身体の健康」を
サポートする健康文化産業です。
***************************************************
社会を音楽化する研究会ホームページ
http://syaonken.org/
***************************************************
通学形式の「声みがき塾」所沢
http://koe.syaonken.org/voice.html
***************************************************
公式講演依頼はこちらのサイトからお願いいたします
http://www.kouenirai.com/search/detail-200902-3914.html
***************************************************
介護予防ワークショップに関しては次のサイトをご参照。
http://homepage2.nifty.com/artbox2/
***************************************************
Yahoo!ショッピングに出店中の「声みがき術」関連商材。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/box-store/
***************************************************
質問はどうぞお気軽にお問い合わせください。
info@syaonken.org
***************************************************
Facebook登録情報
牧野俊浩 https://www.facebook.com/toshihiro.makino
社音研  https://www.facebook.com/syaonken
***************************************************

この記事を書いたプロ

有限会社文化センターボックス [ホームページ]

音楽家 牧野俊浩

埼玉県所沢市北秋津876-2-B-103 [地図]
TEL:04-2998-0750

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
只今考え中
イメージ

毎年恒例の年末コンサートの日程が決定しました。2014年12月11日(木)午後6時半~8時半の予定です。本年は所沢にも縁のある、大正ロマンの旗手、竹久夢二の生誕1...

レッスンツール・商品
イメージ

「長生きしたけりゃ 長息しなさい!」「声みがき術」の指導の中から生まれた、上記テーマにそった新しい楽器が誕生しました。従来の5本組パンフルートに上の「ド...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
提案するセラピー音楽家 牧野俊浩さん

セラピー音楽家が提案する、介護予防のための「声みがき術」(1/3)

 「せっかく声を出すんやったら、自分の体を楽器みたいに鳴らしてみぃ。口先の言葉だけと違うて、身体全体で自分のことを相手に伝えられたら、これは気持ちええで」 牧野俊浩さんは「声みがき」インストラクター。歌うような西の言葉を通して、温かな人...

牧野俊浩プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

音楽を通して社会に貢献。介護予防にも対応。

会社名 : 有限会社文化センターボックス
住所 : 埼玉県所沢市北秋津876-2-B-103 [地図]
TEL : 04-2998-0750

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

04-2998-0750

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

牧野俊浩(まきのとしひろ)

有限会社文化センターボックス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

縦口と横口の使い方がよくわかりました

多分しゃべり方が悪いとは思うのですが、いつも人から「暗い...

T・K
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
関西弁と標準語 説得力はどちらが強いか 私論
イメージ

本日のコラムに関しては、自分の嗜好が80%反映しているかもしれません。けれど、「声みがき術」に照らして考...

[ コミュニケーション力 ]

声と孫悟空の関連性
イメージ

本日は、とても勉強熱心な方のヴォイストレーニングの日でした。50代の男性ですが、介護職員をなさっています。...

[ 介護予防 ネタ ]

歌と絵の関係
イメージ

本日は、早朝からカラオケ教室の指導。といっても個人指導です。40分で3000円。このような生徒さんが以前...

[ カラオケ ]

つむぐこまひと 高麗1300年記念
イメージ

お正月をすぎると、すぐに誕生日がやってきます。本年1月10日で69歳となりました。本人としても全く考えた事のな...

[ 公演情報 ]

2月11日はお暇?(日にちを間違えました!2月11日が正解です)
イメージ

三日間立て続けにコラム投稿。ううむ、やっぱり、投稿頻度とアクセス数は関連があるようですね。昨日も言いまし...

[ 音楽 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ