コラム

2014-09-15

随想 さらば青春の日 フーテン旅<完了> 追想・・・・ 

おまけです・・・・
高台の草原で、僕は一人の女性と並んで腰をおろして、ススキが風にゆれているのを黙って眺めていました。やっと合唱団の本隊が到着し、合宿が始まってすぐの事だと思います。
黄昏にはまだ少し間があった時刻です。

この旅の出来事を思い出しながら、彼女に伝えきったところで言葉が途切れ、なんだかちょっと照れくさい気持ちになりました。

(この情景は今でもよく思い出します。特別に彼女と付き合っていたわけではないのですが、何故か二人で、この草原に並んで腰をおろしているのです)


きっと最後の顛末も話したはずやなあ。

ん・・皆さんも聞きたいってか・・・・。わかりました。
じゃあ、オマケということで、このシリーズ最終回。
ほんまの最後やで。


湖に着いたはいいものの、合宿する旅館は、名前しかわからない。
とりあえず、地元の人に尋ねながらなんとかその場所につきました。

玄関で挨拶をしたものの、ご主人も女将さんも仰天しっぱなしで埒があかない。まだ合宿開始の予定日には3,4日あったはずやな。
こんなに早く来られても困るし、そんな格好でも困る。とのこと。

まあ普通の反応ですわな。


僕としては、皆が来るまで、旅館の仕事をなんでもいいからお手伝いさせて頂いて、宿泊と食事の面倒をみてもらおうという虫のいい腹づもり。

なんとか明日からはその条件で働かせてもらえることになったものの、今晩は部屋に空きがない。

もし泊まるなら、もう少し山を登ったところに別棟の宿泊設備があるから、今日のところはそちらに泊まってほしいとのこと。


僕としては、それでも願ったり叶ったり。
とりあえず目的の旅館にたどり着けたことで、一気に気力は萎えてしまっていたけれど、元気をふりしぼって山道をのぼってゆきました。

雨上がりの急な山道はシンドかったです。

やっとのことで、すこし上にあった簡易宿泊所にたどり着き、泥まみれの足を洗い、タオルを水に濡らして身体を拭き清め、とりあえずの宿泊用の毛布のようなものを身体にまきつけて僕は横たわりました。

シーンと静まりかえった山小屋にひとり。
でも少しも怖くはありませんでした。
山の夜の空気はつめたく、自分の体温だけが自分自身を温めていたのですが、それほど寒さは気にはなりませんでした。

八日間の思い出が次々とまどろみの中に現れては消え、消えては現れするうちに僕は深い眠りに落ちてゆきました。




翌朝から旅館での仕事・・・宿泊者の布団の上げ下げ、玄関の掃除、廊下の掃除、雑用をしながら本隊の到着を待ちました。
彼等が到着した時には、いっぱしの使用人面(づら)をしていた事でしょう。

本隊が到着するやいなや、僕は団の責任者に変身。
旅館のご主人女将さんも、二度ビックリなさったことでしょうね。
今度は客の代表としてお二人と向かい合うことになったわけですから。


そんな話を、すべて、そのススキの中で彼女に伝えたんでしょうね。
「フーッ・・・」と溜息が聞こえたような気がしました。

「ぼちぼち、晩御飯やで、帰ろうか」
二人はゆっくりと腰をあげ、みんなが待つ合宿所の方に降りてゆきました。


未だに、彼女に会うとその情景を思い出してしまうのです。
あの時、風にゆれていたススキの穂の白さが、今も目の奥に焼きついています。その話をすると、きっとまた笑いながら「なんで、あそこに二人でいたんだろうね」って、彼女は言うだろうなあ。

淡き青春の思い出・・・・

これにて完結。
ハチャメチャな旅日記でしたが、最後の〆は柄にもなくちょっとシミジミ系でまとめてみました。

最後までお読みいただき有難うございました。



これにてすべて落着・・・・このフーテン旅で学んだ事は数多くあります。
すでに高齢者の域に達した私ですが、この旅の思い出は決して色あせることなく、今も原色のまま胸に残っています。

大学卒業後も人生のフーテン旅を志し、「歌手」という道を選択して今も歩き続けています。
この業界にも海千山線のやからが跋扈し、今までにも様々な難局に遭遇してきましたが、いつも思い出すのは、あの日毎日歩きながら、とりえあえず、「次の電信柱まで歩けば、何とかなる」と
信じて、自分を鼓舞していた事です。

いまもなお、この思いを胸に歩き続けています。
道中お世話になった皆様、本当に有難うございました。

<完>牧野俊浩



私たちは「声の健康 こころの健康 身体の健康」を
サポートする健康文化産業です。
***************************************************
社会を音楽化する研究会ホームページ
http://syaonken.org/
***************************************************
通学形式の「声みがき塾」所沢
http://koe.syaonken.org/voice.html
***************************************************
公式講演依頼はこちらのサイトからお願いいたします
http://www.kouenirai.com/search/detail-200902-3914.html
***************************************************
介護予防ワークショップに関しては次のサイトをご参照。
http://homepage2.nifty.com/artbox2/
***************************************************
Yahoo!ショッピングに出店中の「声みがき術」関連商材。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/box-store/
***************************************************
質問はどうぞお気軽にお問い合わせください。
info@syaonken.org
***************************************************
Facebook登録情報
牧野俊浩 https://www.facebook.com/toshihiro.makino
社音研  https://www.facebook.com/syaonken
***************************************************

この記事を書いたプロ

有限会社文化センターボックス [ホームページ]

音楽家 牧野俊浩

埼玉県所沢市北秋津876-2-B-103 [地図]
TEL:04-2998-0750

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
只今考え中
イメージ

毎年恒例の年末コンサートの日程が決定しました。2014年12月11日(木)午後6時半~8時半の予定です。本年は所沢にも縁のある、大正ロマンの旗手、竹久夢二の生誕1...

レッスンツール・商品
イメージ

「長生きしたけりゃ 長息しなさい!」「声みがき術」の指導の中から生まれた、上記テーマにそった新しい楽器が誕生しました。従来の5本組パンフルートに上の「ド...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
提案するセラピー音楽家 牧野俊浩さん

セラピー音楽家が提案する、介護予防のための「声みがき術」(1/3)

 「せっかく声を出すんやったら、自分の体を楽器みたいに鳴らしてみぃ。口先の言葉だけと違うて、身体全体で自分のことを相手に伝えられたら、これは気持ちええで」 牧野俊浩さんは「声みがき」インストラクター。歌うような西の言葉を通して、温かな人...

牧野俊浩プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

音楽を通して社会に貢献。介護予防にも対応。

会社名 : 有限会社文化センターボックス
住所 : 埼玉県所沢市北秋津876-2-B-103 [地図]
TEL : 04-2998-0750

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

04-2998-0750

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

牧野俊浩(まきのとしひろ)

有限会社文化センターボックス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

縦口と横口の使い方がよくわかりました

多分しゃべり方が悪いとは思うのですが、いつも人から「暗い...

T・K
  • 50代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
関西弁と標準語 説得力はどちらが強いか 私論
イメージ

本日のコラムに関しては、自分の嗜好が80%反映しているかもしれません。けれど、「声みがき術」に照らして考...

[ コミュニケーション力 ]

声と孫悟空の関連性
イメージ

本日は、とても勉強熱心な方のヴォイストレーニングの日でした。50代の男性ですが、介護職員をなさっています。...

[ 介護予防 ネタ ]

歌と絵の関係
イメージ

本日は、早朝からカラオケ教室の指導。といっても個人指導です。40分で3000円。このような生徒さんが以前...

[ カラオケ ]

つむぐこまひと 高麗1300年記念
イメージ

お正月をすぎると、すぐに誕生日がやってきます。本年1月10日で69歳となりました。本人としても全く考えた事のな...

[ 公演情報 ]

2月11日はお暇?(日にちを間違えました!2月11日が正解です)
イメージ

三日間立て続けにコラム投稿。ううむ、やっぱり、投稿頻度とアクセス数は関連があるようですね。昨日も言いまし...

[ 音楽 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ