コラム

 公開日: 2014-09-08 

随想 さらば青春の日々 フーテン旅第四日その夜 そんなのアリ!

あり!蟻!アリ! そんなん有り?


笛吹川の川辺に野宿と決め込んだと思いなせえ。
夏の夕方ですわ。


田舎の蚊は都会者の血に飢えている。
なんでそんなんもってたんか知らんけど、足元と両脇と頭の上にキンチョーの渦巻き型蚊取り線香をいぶして、これまたなんでもってたんかわからんけど、バスタオルを川辺の砂利の上に広げて、その上にヨッコラショと横たわる。

それでも、田舎の蚊は寄ってくる。
パチッ!ポリポリを繰り返しながらも、あまりの疲れにいつしかウトウトと
・・・・・。

しばらくして、足指の異常な感覚で眼を覚ました。
痛痒いんです。
蚊とはちょっと違う感覚・・

川辺にはいろんなものが棲息しているわなあ。
バッタとかヤゴとか、蛇なんかもいるかもしれん。
そいつらが、足元に・・・?

コワーッ!



正直、ビビリました。
観るのが怖かった。
そやけど、この感覚の原因を究明せないかん!!??

思い切って上半身をガバッと起き上がらせて足元を観た。

なんとお・・・そこには、黒山の蟻だかり!!!

足の親指と人差し指(こんなところで人は指さへんけど)の間は、もうボロボロのグチュグチュです。体液が沁み出し、かさぶたになり、それがまた破れて、(もうこれ以上は言えません・・)

その足指の体液が沁み出している辺りを中心に、まるで蜜を求めるかのように大きな山蟻たちが密集してうごめいているんです!!!!

はっきりいって、卒倒しそうになりました。
自分で顔から血の気がひいてゆくのがわかりました。

VVWAー!(ヴヴワー!とでも読んでね)


跳ね起きて、身体中にも這い回っている蟻んこたちを必死でたたき落として、それでもキチンと蚊取り線香の始末をして、バスタオルを四つに畳んで、一目散に街道に駆け上りました。


背筋はまだゾクゾクしっぱなしでした。
頭の中では「蟻は甘いもんには目がない!俺の体液を舐めていた。よってオレの体液は甘い」みたいなわけの判らん三段論法が巡り続けていました。


瞬間、その足指の痛さなんか忘れていたはずです。

それから30分くらい小走りで逃げて、やっと目の前に、一軒のドライブインを発見。


頼み込んで、そのドライブインの納屋に泊めてもらえることになった。
やっぱり、あの時代は平和やったし、いい人が多かった・・
(まあ、ほんまに親切な人やったら、納屋には泊めんと思うけど・・)


敷地の端っこに建てられていた二畳ほどのスティール製の納屋。
中には、妙にフワフワするものやら、ゴツゴツするものやらが散乱していた。電気はなし。まだかろうじて残っていた夏の夕方の残照の中で、確認できたのは、とりあえず身体を横たえるスペースくらいはあるということ。


あの蟻の群れから逃れられるならどこでもよかった。


震える身体をそこに納めてやっとのことで安堵の溜息。
押し寄せる睡魔との闘いの最中にも、なにやら身体の近くを走り回る小動物の気配を感じてはいたけれど、もうどうでもよかった。


蟻よりだいぶん大きくて、きちんと動物の匂いをたてているそいつらと闘う気力はもう無かったんですわ。

「きっと明日は来る」


念仏のように小さく唱えているうちに、わけのわからん柔らかなものに沈み込んでゆく身体全体から意識が遠のいてゆくのでした。


以下次号に続く・・・・






私たちは「声の健康 こころの健康 身体の健康」を
サポートする健康文化産業です。
***************************************************
社会を音楽化する研究会ホームページ
http://syaonken.org/
***************************************************
通学形式の「声みがき塾」所沢
http://koe.syaonken.org/voice.html
***************************************************
公式講演依頼はこちらのサイトからお願いいたします
http://www.kouenirai.com/search/detail-200902-3914.html
***************************************************
介護予防ワークショップに関しては次のサイトをご参照。
http://homepage2.nifty.com/artbox2/
***************************************************
Yahoo!ショッピングに出店中の「声みがき術」関連商材。
http://store.shopping.yahoo.co.jp/box-store/
***************************************************
質問はどうぞお気軽にお問い合わせください。
info@syaonken.org
***************************************************
Facebook登録情報
牧野俊浩 https://www.facebook.com/toshihiro.makino
社音研  https://www.facebook.com/syaonken
***************************************************

この記事を書いたプロ

有限会社文化センターボックス [ホームページ]

音楽家 牧野俊浩

埼玉県所沢市北秋津876-2-B-103 [地図]
TEL:04-2998-0750

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
只今考え中
イメージ

毎年恒例の年末コンサートの日程が決定しました。2014年12月11日(木)午後6時半~8時半の予定です。本年は所沢にも縁のある、大正ロマンの旗手、竹久夢二の生誕1...

レッスンツール・商品
イメージ

「長生きしたけりゃ 長息しなさい!」「声みがき術」の指導の中から生まれた、上記テーマにそった新しい楽器が誕生しました。従来の5本組パンフルートに上の「ド...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
提案するセラピー音楽家 牧野俊浩さん

セラピー音楽家が提案する、介護予防のための「声みがき術」(1/3)

 「せっかく声を出すんやったら、自分の体を楽器みたいに鳴らしてみぃ。口先の言葉だけと違うて、身体全体で自分のことを相手に伝えられたら、これは気持ちええで」 牧野俊浩さんは「声みがき」インストラクター。歌うような西の言葉を通して、温かな人...

牧野俊浩プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

音楽を通して社会に貢献。介護予防にも対応。

会社名 : 有限会社文化センターボックス
住所 : 埼玉県所沢市北秋津876-2-B-103 [地図]
TEL : 04-2998-0750

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

04-2998-0750

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

牧野俊浩(まきのとしひろ)

有限会社文化センターボックス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

牧野先生の幅広い音楽体験が反映されたレッスンでした

オペラ体験のある方と聞いていたので、声量ばかりを強調され...

K・K
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
関西弁と標準語 説得力はどちらが強いか 私論
イメージ

本日のコラムに関しては、自分の嗜好が80%反映しているかもしれません。けれど、「声みがき術」に照らして考...

[ コミュニケーション力 ]

声と孫悟空の関連性
イメージ

本日は、とても勉強熱心な方のヴォイストレーニングの日でした。50代の男性ですが、介護職員をなさっています。...

[ 介護予防 ネタ ]

歌と絵の関係
イメージ

本日は、早朝からカラオケ教室の指導。といっても個人指導です。40分で3000円。このような生徒さんが以前...

[ カラオケ ]

つむぐこまひと 高麗1300年記念
イメージ

お正月をすぎると、すぐに誕生日がやってきます。本年1月10日で69歳となりました。本人としても全く考えた事のな...

[ 公演情報 ]

2月11日はお暇?(日にちを間違えました!2月11日が正解です)
イメージ

三日間立て続けにコラム投稿。ううむ、やっぱり、投稿頻度とアクセス数は関連があるようですね。昨日も言いまし...

[ 音楽 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ