コラム

 公開日: 2013-05-02 

こんな気持ちでの歌い手人生出発でした

「つれづれ音楽生活」というメルマガを配信し始めて、もう9年以上たちました。

最初の頃、どんな考えをしていたのだろうと思いバックナンバーを覗いてみると結構いいこと言ってる。

で、時々はそんなお話を・・・・。これは2003年12月配信第2号のバックナンバーからの抜粋です。




■今日のバイブレーション■

音楽は体育の先に立ち、上にたたねばならない。
なぜなら魂が肉体をつくるのであって、その逆であってはならないからだ。
                 (プラトン:ギリシャの哲学者)
                      
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●今日のバイブレーションから思い浮かんだ事●
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この言葉を知ったのは、プロの歌い手になってからだ。

高校時代に柔道部という一見硬派風の部活動に精をだしてはいたものの、男だけの汗臭い取っ組み
合いに、それほど魅了されていたわけではない。高校二年で、運良く黒帯をとったのをきっかけに、無理やり擦り切れさせた黒帯で、胴衣を無造作風に巻き上げたものと、なるべく少な目の教科書をブックバンドで結わえたものを肩にして通学するスタイルに切り替えたということから考えて、まあ、一種の自己アピー
ル。

当時、ちょいと洒落た仲間がギターを手にし始めた頃だったから、「俺は、そんな軟弱なもんは相手にせん」という主張でもあったのかもしれない。

両面から、迫る奴もいた。(あいつ、どうしてるだろう・・。爪先の手入れだけはかかさず、それでも一応は三年間、道場には、いた)


まあ、ほとんどの部員が長髪で、お坊ちゃん風だった事を思うと、まあ・・その程度の柔道部ではあった。

 軟弱さは、心にスキができる。それみたことかとでもいわんばかりの顛末である。
腰を痛めた事のをいいことに、大学では、見事な転身で、女の子と歌でもうたってみっか、となった。

潜在的な欲求が、やっと満たされたともいえる。


以来、同期の仲間たちが4年間で、まなじりを結して企業戦士として羽ばたく時がきても、未練がましくもう一年大学に残りつづけている(つまり・・留年ってことですね)うちに、現在の歌い手という仕事の入り口にたつことになった。

 今回のバイブレーションは、少し耳に痛い言葉である。


当時、たいした歌もうたえなかったにもかかわらず、プロのオペラ合唱団に入団を許された陰には、きっと、「発声は、まるっきりできあがってはいないが、体格的には声量がでそうだ」とか「オペラは総合芸術であるから、まあ貧弱な音大出身と一緒に並べておけば舞台の重しくらいにはなるだろう」という事もあったのではないか。


 ならば、僕の場合は「その逆であってはならないからだ」からの出発といえる。

いまだに「魂をつくりきれていない!」の叱責が客席から飛んでくるのではとビクつきながら、それでも、メゲズに明日も、うたってゆく。


*******************************************************************************
こんな記事を書いていたようです。

最期のフレーズは今もさして変わらない気持ち。


この領域には完成というものがないですから。



********************************************************************************

そんな歌い手人生の出発から、はや44年。

なんとか「歌」というものの正体が見え始め、声の出し方がわかって来たときに、「声みがき術」というものを紹介し始めました。

声みがきのためのレッスンツール販売中です。
https://koemigaki.stores.jp/#!/

この記事を書いたプロ

有限会社文化センターボックス [ホームページ]

音楽家 牧野俊浩

埼玉県所沢市北秋津876-2-B-103 [地図]
TEL:04-2998-0750

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
レッスンツール・商品
イメージ

https://store.shopping.yahoo.co.jp/box-store/上記サイトにアクセスなさってください。PCで声みがき術を学びたい方なら絶対お得です。冊子版の著作が 2500円...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
提案するセラピー音楽家 牧野俊浩さん

セラピー音楽家が提案する、介護予防のための「声みがき術」(1/3)

 「せっかく声を出すんやったら、自分の体を楽器みたいに鳴らしてみぃ。口先の言葉だけと違うて、身体全体で自分のことを相手に伝えられたら、これは気持ちええで」 牧野俊浩さんは「声みがき」インストラクター。歌うような西の言葉を通して、温かな人...

牧野俊浩プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

音楽を通して社会に貢献。介護予防にも対応。

会社名 : 有限会社文化センターボックス
住所 : 埼玉県所沢市北秋津876-2-B-103 [地図]
TEL : 04-2998-0750

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

04-2998-0750

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

牧野俊浩(まきのとしひろ)

有限会社文化センターボックス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

面接に効果絶大でした

人前で話すのが苦手で、いつも面接で失敗して落ち込んでいま...

Y・S
  • 20代/男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
Q:脳の活性化にいい楽器ってあるのでしょうか?
イメージ

私自身が声を仕事にしているので、楽器の領域に関してはあまり知識がありません・・・苦し紛れの回答にはなるの...

Q:ボーカルスクールに通うメリットってなんですか
イメージ

A:ご質問有難うございます。まず、歌うことの意味を考えてみます。歌詞が読めて、譜面が読める、それで歌が...

[ カラオケ ]

質問の嵐!嬉しいですねえ!カラオケで洋楽を歌いたいんだって・・・
イメージ

Q:洋楽が大好きで、カラオケで上手に歌えるようになりたいです。いつも好きな曲を入れてみるものの、上に表示され...

[ カラオケ ]

またまたご質問を頂きました。Q 歌うためのボイストレーニングと話すためのボイストレーニングは別?
イメージ

Q 歌うためのボイストレーニングと話すためのボイストレーニングは別?A:歌手としてのボイストレーニングと...

[ カラオケ ]

介護予防に関して素敵なお問い合わせを頂きました 呼吸法がポイントです
イメージ

いつも考え続けてきた事へのご質問は 実に応えがいがあります。Q シニア世代の介護予防として、声を出す(...

[ 介護予防 ネタ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ