プロTOP:牧野俊浩プロのご紹介

セラピー音楽家が提案する、介護予防のための「声みがき術」(2/3)

提案するセラピー音楽家 牧野俊浩さん

吃音に悩んだ経験が、セラピー音楽家・牧野俊浩の原点

 「声を出す目的は何か。それは、人とコミュニケーションをとることです。だから、声が出ない・出せない吃音という問題は、人間にとってすごくつらい体験だと思います」
 
 親御さんの仕事の関係で転校を繰り返し、小学校を6回替わったという牧野さん。たったひと月で別の学校に移らなければならないこともあり、次第に「はじめまして、牧野です」という挨拶が苦痛になっていきました。

 「言葉が出なくなってしまったんや。いろんな土地に行ったから、方言の問題もあったしな。人との会話が怖くてね。一時期は、サングラスをかけて登校してたんや。そうすれば話しかけられることもないからなぁ」

 一番楽しいはずの小学生時代。ストレスが原因と思われる吃音で悩み、その救いとなったのが歌だった――それが、牧野さんが音楽家を目指すきっかけとなりました。
 「流行歌を口ずさんでいたら、おっその歌知ってる、とコミュニケーションの輪が拡がって、友だちもできた。じつはね、歌で『どもる』ことは絶対にないんですよ、映画『英国王のスピーチ』でもそうやったろ。歌うように話せば、言葉はスムーズに出てくる。吃音もそれでだんだん治っていったんやなぁ」

牧野さんにとって、音楽は気持ちを共有するための大切なツール。「僕の音楽活動の基本にあるのは、いい声を聴かせることではありません。歌の持っている力、含まれているドラマを、皆で共有することがいちばん大事なんです」

<次ページへ続く>

【次ページ】 音楽療法との違いは、「幸せになるための一歩」という解釈

最近投稿されたコラムを読む
只今考え中
イメージ

毎年恒例の年末コンサートの日程が決定しました。2014年12月11日(木)午後6時半~8時半の予定です。本年は所沢にも縁のある、大正ロマンの旗手、竹久夢二の生誕1...

レッスンツール・商品
イメージ

「長生きしたけりゃ 長息しなさい!」「声みがき術」の指導の中から生まれた、上記テーマにそった新しい楽器が誕生しました。従来の5本組パンフルートに上の「ド...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

牧野俊浩プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

音楽を通して社会に貢献。介護予防にも対応。

会社名 : 有限会社文化センターボックス
住所 : 埼玉県所沢市北秋津876-2-B-103 [地図]
TEL : 04-2998-0750

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

04-2998-0750

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

牧野俊浩(まきのとしひろ)

有限会社文化センターボックス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

牧野先生の幅広い音楽体験が反映されたレッスンでした

オペラ体験のある方と聞いていたので、声量ばかりを強調され...

K・K
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
体制が整いました!

本業であるステージ活動が忙しくなるにつれ、このコラムへの投稿からすっかり遠ざかっていました。やっと、これ...

[ 介護予防 ]

関西弁と標準語 説得力はどちらが強いか 私論
イメージ

本日のコラムに関しては、自分の嗜好が80%反映しているかもしれません。けれど、「声みがき術」に照らして考...

[ コミュニケーション力 ]

声と孫悟空の関連性
イメージ

本日は、とても勉強熱心な方のヴォイストレーニングの日でした。50代の男性ですが、介護職員をなさっています。...

[ 介護予防 ネタ ]

歌と絵の関係
イメージ

本日は、早朝からカラオケ教室の指導。といっても個人指導です。40分で3000円。このような生徒さんが以前...

[ カラオケ ]

つむぐこまひと 高麗1300年記念
イメージ

お正月をすぎると、すぐに誕生日がやってきます。本年1月10日で69歳となりました。本人としても全く考えた事のな...

[ 公演情報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

牧野俊浩のソーシャルメディア

ソーシャルメディアとは

リンク先は牧野俊浩さんが更新している外部メディアサイトです。

youtube
YouTube
2012-09-24
rss
ブログ
2015-04-21
facebook
Facebook
ページの先頭へ