コラム

2012-11-03

寒くなってきたので断熱材の話しなど その二

寒くなってきたので断熱材の話題など その二

私家版断熱仕様2012

断熱材の選定は、日常的に住宅を設計している専門家でも悩む問題です。
それだけ選択肢が多く決定的なものが無いとも言えます。
決定的なものがあれば、他の断熱材は駆逐され、ある一定のものがメジャーになっていることでしょう。

まず優先させるのは現場の特性に合ったものを選択し、そのうえで施工性やコストを検討していきます。必ずしもベストな選択が出来るとは限りませんが、現場特性を無視した選択ではよい結果は得られません。
また、断熱材メーカーが示すデータだけで決めるのも危険です。

私は埼玉県を中心に仕事をしていますのでこの地域に限定していえば、この断熱材でこのような施工をすれば概ね間違いはないという私なりの選定はあります。これはあくまで私の考えですが、数多くの施工経験と他の断熱材料の認定資格を取得した経験も加味して述べます。

◆ 基礎断熱

基礎断熱を採用するのは、室内土間部分と土間外周部の立ち上がり面、およびユニットバス廻りの土間と立ち上がり部分のみです。

室内土間は、当然のことですが土間が室内空気に接しています。土間の周りの基礎立ち上がり部分も同じです。
ユニットバスは、説明が複雑なので概略述べますが、そのシステム上外気が壁内部に侵入しやすいため、他の基礎部分とは絶縁し、基礎断熱としています。

基礎がらみの断熱材の種類は、スタイロフォーム保温版1Bとしています。
熱伝導率:0.04を30mmの厚さで熱抵抗値:0.75となります。
Ⅳ地域(埼玉県関東の大部分)の次世代省エネ断熱地域区分で熱抵抗値は土間外周部立ち上がりで0.5.外気面土間立ち上がりで1.7なので外周部は30mm一枚、外気面土間は68mmとなります。
土間は土中温度に影響されるので夏は断熱しないほうが冷えて快適という考えもありますが、暖房に関してはやはり不利になると考えて30mm入れています。

また、基礎廻りは内断熱とし、外部に断熱材が露出することは良しとしていません、第一にシロアリの蟻道になる可能性を避けるためです。シロアリは断熱材も食害しますし、断熱材と基礎の間を通り中に入られたら目視で気が付くことができません。

木造床の場合基礎断熱の危険性はこのようなところにあります。


◆ 床断熱

床下はウッドファイバーLDを現在使っています。
熱伝導率:0.038を100mm充填し、熱抵抗値:2.63を確保します。
Ⅳ地域(埼玉県及び関東の大部分)の次世代省エネ断熱地域区分で熱抵値は床下:2.2ですので十分クリアーしています。

また、施工性の良さと古紙リサイクル品でコストダウンが出来ることで今後はフクビのフクフォームエコ・0.036を採用してみたいと考えています。


◆ 壁断熱

壁断熱も充填断熱(内断熱)を採用し、様々な理由から外断熱は採用していません。

断熱材はウッドファイバーLD・熱伝導率:0.038を100mm充填し、熱抵抗値:2.63を確保します。
壁も床下と同じく次世代省エネ断熱地域区分で熱抵値:2.2ですので余裕があります。
現場の特性に合った選択と書きましたが、ウッドファイバーは間伐材のリサイクルから作られる木の繊維を固めたものです。

木材の大きな特徴に湿気を吸収し放出するというものがあります。この断熱材は木の繊維ですから木材のその特徴をそっくり備えています。
壁内には全く湿気を入れないのだ。という考え方のもとビニールシートで室内の壁下をすべて覆ってしまう工法もあります。グラスウール断熱やウレタン発泡・などはこの考え方ですが、そんなことが長い年月の期間可能でしょうか、建物は動くものです。
上記の断熱材では一度入った壁内の湿気が逃げ場を失い壁内結露に至るおそれがあります。もちろんそうならなければよいし、なった場合の処置も考えてあれば問題はないと思います。

また、私のように漆喰や杉板などを多用し、通気性がある素材を表面に使いながらその裏ではビニールで囲われているのではせっかくの素材特質が失われてしまいます。
自然素材の家というただのファッションではなく素材の持つ本来の性能を提供したいと考えています。
これが現場の特性に合った選択となります。


◆ 屋根断熱

夏、屋根は全外壁面積の約3倍・平屋に至っては5倍近い日射量を受けます。ですから暑さ対策としては何を差し置いても屋根です。屋根にお金を掛けましょう

屋根断熱も壁と同じくウッドファイバーLD・熱伝導率:0.038を採用していますが厚さはほぼ倍を指定しています。
100mm+89mm=189mmで熱抵抗値:4.97が得られます。次世代省エネ区分の基準は4.6ですので十分クリアーできます。
屋根の場合は納まり上の関係で断熱厚さを抑えたいときがあります。その場合はフェノールフォームの高性能なもの、(熱伝導率:0.22)であれば同じ性能を約100mmでクリアーできます。

値段も高く、性能も、製造エネルギーも高い品物です。

さらに断熱性能を上げることも当然できますし、特質が違う断熱材を併用するなどの考えもあります。
さらに断熱性能を高めてみたいという考えもありますが、その場合は、開口部の断熱性能も合わせて考えていかないといけません。
どのレベルで良しとするかコストとのにらめっこが続きます。


◆ 通気工法との併用(ダブルスキン)

断熱と相関しているのが、外壁と屋根のダブルスキン工法です。
屋根壁の仕上げ材はともに外皮と考え、その内側に十分な(壁21mm以上・屋根45mm以上)通気層を確保し、その内側を断熱層とします。壁内の空気は屋根の空気層に吸い上げられ、屋根トップの排気口から排出される仕組みです。



空気は一定の厚み以上を確保しないと両側の材料の摩擦を受け動きにくくなります。
通気層は日射に関しては建物を日陰に置く、というイメージです。
遮熱以外に大切なのが壁内の湿気を圧力差により吸い出す効果です。
その効果を最大限生かすためには、外周部に構造用合板(べニア)を張らないことが大切です。

私が行った計算では湿気を通す自然素材系断熱材を構造用合板で囲うと関東の厳冬期でも湿気が排出しきれず壁内結露を起こす判定が出ています。
耐力壁を簡易的に(効率よく)入れるために外周部べニア張りは一般的に行われている工法で間違いではありません。しかし自然素材系の断熱材の特性には合いません。
使う材料の特質を考えた工法を採用することが費用を有効に使い性能を上げることが出来るのだと考えています。

また、GW断熱などを否定してはいません、コストと性能を考えたときにとても優れた材料です。
高性能断熱材と言われる最近の16k以上の商品の完成度は高く、施工性もよくなっていますので状況により選択していきます。

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

新築のお礼を頂きました。

福田さん  ご無沙汰しています。お元気ですか。  少し...

いろは
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
オープンキッチンのゴミ箱どうする?
イメージ

 キッチンプラン オープンキッチンゴミ箱どうする? 8畳のオープンキッチンダイニング2世帯住宅の親...

[ 間取り ]

古民家リフォームギャラりーUP

古民家リフォームギャラりーUPいたしました。刺激の少ない素材に徹底的にこだわりました。床:サワラ(無地3...

[ 建物の素材 ]

2世帯住宅の玄関のつくり方
イメージ

 ある程度いい感じの分離 当事務所で設計させていただいたお住まいのほぼ3割が二世帯住宅です。 2世帯住...

[ 間取り ]

キチンレイアウトのご相談
イメージ

 キッチンレイアウトのご相談を受けました。 3.64m(2間)幅のキッチンで窓を剥いたレイアウトを希望さ...

[ 間取り ]

キッチンレイアウトのヒント
イメージ

 キッチンレイアウトのヒント  誰しも十分な広さのあるリビングが取れればそれに越したことはありま...

[ 間取り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ