コラム

 公開日: 2017-04-18  最終更新日: 2017-04-19

健康的に暮らすために敷地の使い方で注意したいこと

健康的に暮らすために敷地の使い方で注意したいこと


 健康的に暮らせそうな土地が決まれば次は敷地の使い方の検討です。
敷地の広い狭いは皆さんそれぞれですが多少窮屈な敷地条件であっても敷地内のどこに、どの方位で、どのような形状で建てるかは快適な健康生活にとってとても大切です。
ここからの段階は本来であれば家づくりを共にする良きパートナーが見つかっているはずですので、専門家の意見も聞きながら敷地の使い方をイメージしていきます。

①  樹木

 既存の樹木や植栽がある場合はできるだけ残す方向でイメージしてみましょう。
すでに成長している樹木や植栽は宝物です。木が育つには長い時間が必要です。切るのは簡単、すぐに無きものにできますが、育てるには長い年月がかかります。木があることで日影ができ、季節の変化で、生活にもめりはりを与えてくれます。

 針葉樹や常緑樹は風よけや、目隠しにもなります。広葉樹は日差し除けになるとともに地面も冷やしてくれます。
ちいさな苗から育てるのも楽しい暮らしですが、もしすでにあるのでしたらぜひ生かす工夫を考えてみてください。
その結果どうしても残せないときは致し方ありません。ごめんなさいと言いながらも挿し木などで命を繋いでいきたいです。

②風

 風を調べましょう。地域により卓越風というものがあります。一年間で最も多い風向きを言います。南風が多いのか東からの風が多いのかで窓の配置が換わります。特にできるだけ省エネで健康的に暮らそうと考えるのであれば風向きに合わせた窓の配置はとても大切です。

 同じ県内でも場所によって卓越風は変わります。
特に夏の省エネや厳しい北風を防ぎ意味でも風の道を読むことは大切です。
卓越風は気象庁のHPにアクセスすればデータを得ることができます。埼玉でしたら、浦和、熊谷、秩父、寄居、ときがわ、鳩山、所沢、飯能、久喜、鴻巣などのデータが得られますので最寄りのデータを参考にしましょう。

③屋根庇はできるだけ取りましょう。

 コストダウンや防水技術の進歩で庇や軒の出がない家が多くなりました。敷地条件が許す範囲で軒のでは出しましょう。
厳しい直射日光を遮るだけでなく、雨の日にも多少窓が開けられれば新鮮な空気を導けます。また壁に当たる雨も減らすことができ、湿気を防ぐことにもつながります、快適な環境に貢献してくれます。

④敷地の高低差

 敷地に自然の高低差や傾斜があるときはなるべく自然な土地の形状を活かすことを考えましょう。
地盤を荒らすことなく、安定した構造につながります。

⑤雨水

 雨水は可能な限り土地に浸透させましょう。
浸透桝をつくり地面に浸透させることでヒートアイランドを防ぎ、植物にもやさしい暮らしになります。

 敷地が決まったらこのようなことを考えながら土地の使い方を吟味していきます。
ここはとても大切なポイントです。
本来家はその敷地に一番ふさわしいカタチがあるはずなのです、正解は暮らし方によって、優先順位によって一つではありません。健康的に暮らすには、と云うキーワードでじっくりと考えてみたいものです。

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

新築のお礼を頂きました。

福田さん  ご無沙汰しています。お元気ですか。  少し...

いろは
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
子供たちの子供たちまで伝えたい=古びても味わいのある家
イメージ

 子供たちの子供たちまで使える家  子供たちに引き継げる住まいのポイント3つ。★融通性(可変性)のあ...

[ 子どもと住まい ]

家づくりはプランニングが一番大切
イメージ

 プランニングを大切に  耐震強度や温熱環境、デザインも大切なポイントですが、土台は「プラン」です。耐震強...

[ 家のしくみ ]

ポリエステル100%の断熱材は安定素材
イメージ

依頼していたサンプルが届きました。これはポリエステル100%の断熱材で 原料はペットボトルのリサイクルです...

[ 建物の素材 ]

薪ストーブを快適に使うために気を付けたいこと。
イメージ

 薪ストーブを快適に使うために気を付けたいこと。ブログから 坂東市の家 薪ストーブを採用したお住まいが...

[ 家のしくみ ]

断熱材で決定的に大切なこと
イメージ

 住まいの断熱工法  家づくりの質問などをいただくとどうしても寒い時期は断熱のお話が多くなります。断...

[ 建物の素材 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ