コラム

 公開日: 2016-08-24  最終更新日: 2017-09-30

2世帯住宅の玄関のつくり方

ある程度いい感じの分離


 当事務所で設計させていただいたお住まいのほぼ2割が二世帯住宅です。
2世帯住宅はどこまで共有し、どこで分離するのかそれぞれのご家族の暮らし方が問われるとともに2家族のコミュニケーションが自然にとれるような間取りの工夫も必要になります。

 まずは家族のつながり方を考えてみましょう。
今までの暮らしの中で生活スタイルが確立されてきた親世帯のスタイルを変えてもらうのは難しく、良い結果は望めません。
ドライなようですが、それぞれの生活スタイルを重視し、「ある程度分離」しながら考えるのが妥当なところです。

「ある程度分離」というのがポイントです。接点がなくなってしまっては楽しく暮らせません。
せっかく縁あって一緒の屋根の下に暮らすことになったのですから、「完全分離」は寂しいものです。お互い楽しく暮らせるような工夫をしてみたいと思います。

 2世帯住宅で一番ストレスになるのが日常の生活リズム(時間帯)の違いです。
生活には当然音が伴います。
完全防音ではアパートに暮らすのと同じそれでは味気ないですね。時間帯の違いによる生活音は、間取りや分離の仕方である程度克服できます。
ストレスの無い暮らし方を考えていきましょう。


玄関とホールは共有しないと少し寂しい


 玄関はそんなお互いのつながりを意識させる大切なパブリック空間となります。
暮らし方にもよりますが、玄関ドアと玄関ホールを共有することをお勧めしています。
生活時間帯が違うにしろ影響が少ないのは玄関です。

並んで二つの玄関よりもぐっと距離感が縮まり会話も増えます。
出来れば少し広めの土間などをつくり、小さなテーブルやベンチなどをしつらえて、ちょっとしたリビングとしての演出が出来れば仲良し二世帯になれそうですね。

また、収納やクローゼットなども共有することで面積の有効利用にもなります。
お互いのリビングへの入り口などは引き戸にして、ある程度開放して置けば自然に気配も伝わり安心で来るとともに、帰ってきた子供たちもどちらの世帯にも障害なく入っていけます。



出来るだけ自然にコミュニケーションが取れる形態を考えたいところです。
また、玄関の中や外にベンチなどを置き共有したり傘タテを共有したりしてみましょう。
二家族のシンボルになるような植栽を玄関前に植えるのもいいですね。

大切なのは同じところを通る。
同じものをみる。
同じものを使う。
せっかく一緒に暮らすのですから楽しく暮らせる工夫を仕掛けていきたいと考えています。
最近完成した2世帯土間玄関のお家です。



[[自然素材の住まい1年目と6年目の見学会ご案内しています。 https://www.archi-c.com/イベントのご案内/]]

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

新しい暮らしでのこの夏の過ごし方など伺いました。

〇「木の家だからって外気温が暑いのだから涼しいわけはあり...

木玩の家
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
上尾市で土地から求める家づくり【こぐまさんの家】
イメージ

 上尾市で土地から求める家づくり【こぐまさんの家】玄関からそのままつながる通り土間が南側にあり、冬は写...

[ 実例集 ]

子供たちの子供たちまで伝えたい=古びても味わいのある家
イメージ

 子供たちの子供たちまで使える家  子供たちに引き継げる住まいのポイント3つ。★融通性(可変性)のあ...

[ 子どもと住まい ]

家づくりはプランニングが一番大切
イメージ

 プランニングを大切に  耐震強度や温熱環境、デザインも大切なポイントですが、土台は「プラン」です。耐震強...

[ 家のしくみ ]

ポリエステル100%の断熱材は安定素材
イメージ

依頼していたサンプルが届きました。これはポリエステル100%の断熱材で 原料はペットボトルのリサイクルです...

[ 建物の素材 ]

薪ストーブを快適に使うために気を付けたいこと。
イメージ

 薪ストーブを快適に使うために気を付けたいこと。ブログから 坂東市の家 薪ストーブを採用したお住まいが...

[ 家のしくみ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ