コラム

 公開日: 2015-11-10 

浴室が一番省エネにつながるのです。 埼玉で省エネな暮らし

浴室から省エネが始まるのです。


 かなり以前から省エネという言葉はありましたが東日本大震災以降「省エネ」の意味合いが変わってきたように感じています。
省エネが「推奨すべき事柄」から「当たり前の事」になったのではないでしょうか。
照明器具もLEDとなり、自動車もEVなどが主流になりつつあります。
この流れは加速しさえすれ停滞することは今後も無いのだと思います。



 住まいの設備も省エネが進行していますが照明器具などは別としてそう簡単に変えられるものではありません。
新築やリフォームの機会がある方はコストバランスを考えながらも、その時点で最も省エネな機種を選定することをお勧めいたします。

 宅の省エネは浴室と給湯器にとても密接な関係があります。
浴室は一般家庭の消費エネルギーの約30%を消費すると試算されています。

 現在の主流はメーカーが製造するユニットバスになります。
最近の商品では浴槽の断熱化を進めた商品が見受けられます。
浴槽蓋も専用で保温性が優れ6~7時間経過後でも2度程度の温度低下に押さえられています。
家族みんなが同じ時間帯に入浴できれば保温や追い炊きも必要性が薄くなりますが、家族が多い場合や時間帯がばらける場合はとても優れた機能です。

 またマンションのリフォームなどでは追い炊き機能が建物の機能上取り付けられない場合も多くあります。このような場合にも保温性の高い浴槽は省エネに暮らす優れた機能です。

 またシャワーヘッドにも注目してみてください。
マッサージ機能などもありますが注目すべきは節水機能です。
従来のシャワーに比べ節水型では2/3程度の水量で機能するようです。

給湯器は設置位置が大事


 給湯器もエコジョーズやエコウィルなど省エネタイプが普及してきました。
エコジョーズとは排熱を再利用し、少ないガスの量で効率よくお湯を沸かします。
従来型に比べ約15%の効率化でガス消費量も12~15%少なくて済むようです。



 またガス消費量が少ないということは二酸化炭素の排出量もその分少ないということなので環境負荷にも貢献できます。
未だ一般型に比べ器具金額は20%ほど割高なようですがメーカによれば一般家庭で年間約16500円ほどガス代の節約になると説明しています。
給湯器は一般的に10年はトラブルなしで使える物なのでイニシャルコストは十分賄えます。

 給湯器は設置する場所でさらに効率を上げられます。
ポイントは給湯器と浴室とキッチンの位置関係にあります。
新築であれば計画段階でキッチンと浴室はできるだけ近くに配置すべきです。
給湯器からそれぞれの場所までお湯は配管を経由して送られます。単純に経路が長くなれば管の中のお湯温度は下がります。リモコン設定が40℃でも実際に出てくる温度は38℃かもしれません。

 浴室の配置によっては外観的な都合で給湯器を近くに設置したくない場合も出てきますが新築であればプランの段階でそこまで配慮していくことが大切です。
どうしても浴室とキッチンの距離が離れてしまう場合もあります。その場合の給湯器の位置は浴室に近く設置しましょう。
キッチンに比べ多くお湯を使うのは浴室だからです。

 浴室は約家庭内エネルギーの約30%を消費します。対してキッチンは約10%と言われています。
またシャワーなどはぐにお湯が使えないとストレスを感じてしまうばかりか節水にならなくなってしまいます。浴室優先で省エネを目指しましょう。

 また距離が離れた2階などでお湯が必要な場合は電気式の湯沸かし器の方が省エネにつながる場合があります。
保温性の高い浴槽(浴室)と高効率給湯器を最適な位置に配置して省エネな暮らしを目指しましょう。

省エネな暮らし:断熱素材コラムはこちらもご覧ください。断熱素材コラムはこちらもご覧ください。

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

プライベート伐採に参加して

福田さん  先日は木の伐採に立ち会う機会を作ってくださり...

H
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
上尾市 通り土間のあるこぐまさんの家UPしました。
イメージ

 上尾市 通り土間のある こぐまさんの家UPしました。 上尾市で土地から求めた住まいづくりでした。...

[ 実例集 ]

伐採見学会です。
イメージ

11月27日伐採イベント開催です。来年家づくりをお考えの方ぜひ林業の現場をご覧ください。 開催日時...

[ 山と材木 ]

上尾市 こぐまさんの家 ギャラリー掲載しました。
イメージ

上尾市で土地から求める家づくでした。 ご夫婦とお子様2人これからの暮らしを支える家づくりです。プロジェ...

[ 子どもと住まい ]

無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?
イメージ

 無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?  一般的に床材として商品になっている無垢の床材の厚みは、9mm、1...

[ 建物の素材 ]

押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方
イメージ

 押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方  収納編 部屋の仕上げ材は気にするけれど収納の中までは...

[ 建物の素材 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ