コラム

2015-09-16

自然塗料を比較してみた。

自然塗料を比較してみた。


 
 無垢材を扱う仕事がら木材に使う塗料についてよく質問をお受けします。
「せっかくの無垢材なので無垢材に相応しい塗装をしたいが、何がいいの」
というご質問です。

 塗装は素材の保護や汚れ防止、均一な色目にする、光沢を出したい、など様々な目的がありますが塗料を選ぶ際には目的を明確にすることが大切です。
今回は室内の塗装についてメジャーどころの商品を勝手に評価してみました。

自然素材には自然素材を

膜を張らない塗料、浸透性塗料を選ばないと木材の性能が失われます。
素材を活かす塗料を選びましょう。
また、個人的には塗装しない「すっぴん」というのも是非選択肢の中に入れて頂きたいと思います。

1:オスモカラー(フロアーカラー)




色原料   : 顔料として鉱物顔料として酸化鉄(黄・赤・黒)と有機性粘土が使われています。
バインダー : 再生可能な植物油(ひまわり油、大豆油、アザミ油)
ワックス成分: 植物由来(カルナバワックス、カンデリラワックス)
溶剤     : 脂肪族炭化水素―脱芳香族化した白色ミネラルオイル(ベンゾールは含まず)有害物質を医薬品レベルまで取り除いた流動パラフィン(石油由来)
オスモカラー(フロアーカラー)は防虫防腐剤を一切含まず乾燥して表面は人体動物に安全でヨーロッパの玩具安全基準をクリアーしています。

2:リボス(カルデッド)




色原料   : 顔料として土壌鉱物顔料(無毒)
バインダー :植物油(亜麻仁油・オレンジピールオイル・アルミナ)
ワックス成分: 石油由来(マイクロワックス)
溶剤     :イソアリファーテ(石油由来)

3:アウロ



色原料   : 無機顔料(酸化チタン、珪土、コバルト、ジルコニウム)
バインダー :植物油(有機栽培亜麻仁油・オレンジオイル・植物由来ダマール樹脂・昆虫由来セラック)
ワックス成分: 植物由来(カルナバワックス)
溶剤     :植物由来ユーカリ油 オレンジシトラール

自然塗料と言われるメジャーどころはこの3社
いずれもドイツの塗料メーカーです。
3社の製品はどれも浸透性で亜麻仁油やひまわり油など植物性の原料が使われ、木材との相性も良く、木部に深く浸透し、木の質感を残しながら着色や表面保護が可能になります。

オスモカラー
一番手軽に手に入りやすくホームセンターなどでも販売しています。自然塗料の中では一番普及しています。オスモだけがひまわり油を使用しています。
成分全てが自然素材では無く溶剤として使われている流動パラフィンは調べてみると石油由来の物質ですがVOCは未指定でシックハウスを引き起こす可能性は無いと言っています。
また自然素材であってもアレルギー反応を引き起こす可能性があり、人の健康に及ぼさないアレルギー反応の少ない原料を使用しています。とも言っています。

リボス
亜麻仁油を主成分としています。
オスモと同じく木部との相性はよく深く浸透し着色保護が可能となります。
こちらもすべてが自然素材では無く、イソアリファーテという石油由来の溶剤を使っています。
オスモと同じく成分選定には主張があります。
「健康に害のある成分は丹念成分でも使用はしない」がコンセプトということで、安全性が高ければ化学物質も使用するというスタンスのようです。

アウロ
こちらもリボスと同じく亜麻仁油が主成分ですが有機栽培亜麻仁油と原料の育て方まで契約農家での有機栽培とこだわりが見えます。
アウロだけが原料の100%が天然成分です。
廃棄してもそのまま堆肥にできる塗料で減量の栽培から農薬や化学肥料を使用しないという徹底ぶりです。

 このように比較してくると3社ともこだわりが感じられます。
大きな違いは自然素材100%を望むならアウロで、化学物質も安全な範囲であれば許容するという合理的な考えがオスモとリボスですね。
それにしてもなぜドイツ自然塗料メーカーがこれほど補給しているのでしょうか。
その辺も今度調べてみたいなと思います。

どれも体に安全安心を謳いますが、特にアレルギーが気になる方は実際にサンプルを試してみてから決めることをお勧めします。
次は当事務所でもよく使う国産自然塗料を比較対象にしてみたいと思います。

※成分は公開されている範囲で各メーカーサイトを参考にしました。
使用した写真は各メーカーサイトのトップページから勝手にお借りしました。

塗料以外の素材コラムはこちらにもあります。
どうぞご覧ください
素材コラム

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

プライベート伐採に参加して

福田さん  先日は木の伐採に立ち会う機会を作ってくださり...

H
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
オープンキッチンのゴミ箱どうする?
イメージ

 キッチンプラン オープンキッチンゴミ箱どうする? 8畳のオープンキッチンダイニング2世帯住宅の親...

[ 間取り ]

古民家リフォームギャラりーUP

古民家リフォームギャラりーUPいたしました。刺激の少ない素材に徹底的にこだわりました。床:サワラ(無地3...

[ 建物の素材 ]

2世帯住宅の玄関のつくり方
イメージ

 ある程度いい感じの分離 当事務所で設計させていただいたお住まいのほぼ3割が二世帯住宅です。 2世帯住...

[ 間取り ]

キチンレイアウトのご相談
イメージ

 キッチンレイアウトのご相談を受けました。 3.64m(2間)幅のキッチンで窓を剥いたレイアウトを希望さ...

[ 間取り ]

キッチンレイアウトのヒント
イメージ

 キッチンレイアウトのヒント  誰しも十分な広さのあるリビングが取れればそれに越したことはありま...

[ 間取り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ