コラム

 公開日: 2015-02-27 

住いの耐震を考える。そもそも耐振性とは(軸組み工法) 2

基本に帰りそもそも耐振性とは2

耐力壁はバランスが大切


 とにかく壁という壁は全て耐力壁にしてしまえば強い家になるのでしょうか?
それは違います。
 窓の少ない面では耐力壁が多く窓の多い面では少ないという状況になりがちです。
また、浴室やトイレ、洗面など小さな空間があり壁が多い場所も耐力壁が増えてしまいます。

 実は偏った耐力壁の配置はかえって建物を危険な状態にしてしまいます。
阪神淡路の震災において筋交いをいくら入れても耐力壁の配置バランスが悪い建物は倒壊することが実証されました。その後平成12年の基準法改正では耐力壁バランスの確認が法律で施行されました。
このことで今まで設計者や大工さんが経験と勘で入れていたものに根拠が求められるようになったのです。



耐力壁は強固にしないといけない。


 筋違で地震の水平力を受けるとテコの原理で一方の柱に引き抜く力が加わります。
土台から柱が抜けようとします。
土台と柱の接合強度の不足で柱が浮き上がれば耐力壁としての機能は無くなります。
平成12年の建築基準法改正では阪神淡路の解析から柱の引き抜きに対する強固な接合が求められ、ホールダウン金物などの接合金物を設置する基準が設けられました。
これ以前は3階建ての建物に適応されていた引き抜き金物が2階建てでも必要になりました。



そもそも耐振性とはのまとめ


 軸組み工法、在来工法とも言われ国内の住宅の多くがこの工法で建てられ、優れた技術者も多く伝統工法の流れをくみ日本の住環境に適した工法ですが、阪神淡路大震災を大きな教訓として建築基準法が大幅に改定され、地震に対して安心できる建物となっています。

安心できるといえる耐震性の要は、
「耐力壁の数(量)」
「耐力壁のバランス」
「接合金物」
を計算により又は仕様規定により確実に儲けることです。

 住いの計画が進み設計図が手元に来たら、耐力壁の位置や数やバランスなど自分でも見て理解してみようとすることが大切です。
また接合金物などの図面がちゃんとあるということが大切です。
接合金物の根拠も聞いてみましょう。
「N値計算法によります」「許容応力度計算法によります」
など根拠となる言葉は限られています。

 意外に多いのは構造計算によります。という答えですが注意が必要です。
構造計算はN値なのか許容応力度なのか、そこまで聞いてみると相手も真剣にならざる負えません。
得てして建築会社によっては金物を図面化していなかったり、間違った使い方をしている会社も無いとは言えません。
耐震性の要と言える3要素がそろって耐震性が発揮されます。
すべてお任せでは無く、自分でも理解してみようという態度が大事なのだと思います。



耐振性のセルフチェック


1:耐力壁の壁料計算書が図面としてある。
2:耐力壁が図面に指示されている。
3:接合金物が図面に明記されている。
4:担当者が接合金物の計算根拠を明確に答えられる。
5:なんとなく見て耐力壁の位置のバランスが良い。(偏っていない)
実際にこのようなことがクリアーできていれば3つの耐震要素は満たしていると言っても良いでしょう。

良い家づくりのコラム
住まい方から構造までアーキクラフトの思うことです。
ご一読ください。

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

春の皮むきイベント  「冬に木を伐り、春に皮を剝き、夏に家を支える」 毎年恒例イベント

福田さん  昨日は大変お世話になりました。暑い中、なかな...

上戸新町
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(2

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
ダイニングは散らかる
イメージ

ダイニングは多機能空間ダイニングはご飯食べるところ、でも実は住まいのなかで一番忙しい場所。宿題した...

[ 間取り ]

ふるさとをつくる
イメージ

 ふるさとをつくる 新築しただけではまだまだひよっこ暮らしの変化でリフォームして半人前事情があって...

[ リフォーム ]

やってはいけないゴキブリ駆除

 やってはいけないゴキブリ駆除   シロアリ駆除と同じようにゴキブリ駆除という害虫予防策があります。...

[ リフォーム ]

中古購入前に確認したい7つのポイント
イメージ

 広告などを見て条件に合いそうな物件を見つけ、不動産屋さんに連絡を取り、現地内覧現況確認などの流れになりま...

[ リフォーム ]

中古既存住宅検査という仕事
イメージ

 中古既存住宅検査という仕事 鴻巣市で中古住宅購入前の既存住宅確認に伺いました。有料の現況検査です。...

[ リフォーム ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ