コラム

 公開日: 2014-08-06 

断熱材は冬のため?それとも夏のため?

断熱材は冬のため?それとも夏のため?




「断熱材は冬の暖かさを保つためで、窓を開ける夏は断熱材はあまり関係が無い。」と思われている方が意外に多いのです。
どちらの季節もエネルギー使用を少なくし、快適に暮らすために断熱材は必要になりますが、その地域により少し意味合いが違います。

次世代省エネ基準(長期優良基準)では日本を6地域に分け、どの地域であっても一定の断熱性能を持たせるために地域ごとに断熱基準を設けています。

 大まかに言うと北海道は(Ⅰ地域)、北東北は(Ⅱ地域)、南東北と新潟が(Ⅲ地域)、関東は主に(Ⅳ地域)に属します。
断熱性能の基準は熱抵抗値で表されますが、判り易いように一番普及している一般的なグラスウール(住宅用24K)Cクラスで北東北(Ⅱ地域)で求められる次世代省エネの基準厚さは、
 
 充填断熱の場合、屋根断熱は185mm、壁は90mm、床が135mmとなります。

この基準はこれまで(現行)の新省エネルギー基準に比べると格段に高い基準になっています。
現行基準では同じ北東北(Ⅱ地域)では屋根断熱は50mm、壁は35mm、床が35mmなのです。

 では私たちの身近な地域関東(Ⅳ地域)ではどうでしょう。
同じく一般的なグラスウール(住宅用24K)Cクラスで比較すると、

充填断熱の場合、屋根断熱は北東北と同じ185mm、壁は90mm、床が100mmとなります。

床断熱においては北東北の135mmに比べ100mmと薄くなりますが、屋根断熱と壁断熱の性能は北東北、青森や秋田と同じ性能が求まられています。
 これが何を意味しているかというと、関東近郊(Ⅳ地域)では冬の寒さ対策より夏の日射による輻射熱の対策が求められているということになります。
東北地方では冬の断熱を主として考え、関東近郊では冬よりも夏の断熱が重要なポイントなのです。



 確かに夏は窓を開けて風を通すことが快適に暮らすために大切な事ですが、35度を超えるような近年の夏ではそうも言っていられません。
窓を閉めエアコンを使う生活も健康のためには必要になります。その時のエネルギー負荷を考えると夏の断熱も大切です。
また窓を開けた暮らしにおいても日射からの輻射熱で建物自体が暖められては壁や天井からジワジワ熱が発散され風を入れても快適とは言えません。

 このように断熱材は冬も考え、夏も考え、関東近郊ではより夏を意識した断熱が近年必要になってきているということです。
これから家を建てようとする方は是非、次世代断熱を基準とし、予算の許す範囲でさらに性能を上げる工夫をしてみましょう。

近い将来更なる断熱基準が求められることは必然の事、子供たちの世代にエネルギー資源を残すことも考えていきましょう。

長期優良基準(次世代省エネ)をベースに木の家をシンプルに造ります。
事例集お問い合わせください。事例集お問い合わせください。

断熱・素材・環境のコラムもあります。
良い家づくりのコラムお読みください。

埼玉の設計事務所 川越市吉田134 049-234-5312
アーキクラフト

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

新築のお礼を頂きました。

福田さん  ご無沙汰しています。お元気ですか。  少し...

いろは
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
上尾市 通り土間のあるこぐまさんの家UPしました。
イメージ

 上尾市 通り土間のある こぐまさんの家UPしました。 上尾市で土地から求めた住まいづくりでした。...

[ 実例集 ]

伐採見学会です。
イメージ

11月27日伐採イベント開催です。来年家づくりをお考えの方ぜひ林業の現場をご覧ください。 開催日時...

[ 山と材木 ]

上尾市 こぐまさんの家 ギャラリー掲載しました。
イメージ

上尾市で土地から求める家づくでした。 ご夫婦とお子様2人これからの暮らしを支える家づくりです。プロジェ...

[ 子どもと住まい ]

無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?
イメージ

 無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?  一般的に床材として商品になっている無垢の床材の厚みは、9mm、1...

[ 建物の素材 ]

押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方
イメージ

 押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方  収納編 部屋の仕上げ材は気にするけれど収納の中までは...

[ 建物の素材 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ