コラム

2014-08-04

断熱材はいろいろあるみたいだけど何がいいんだろう。

「断熱材はいろいろあるみたいだけど何がいいんだろう。」

 依頼者と話をしていて皆さん断熱材に関心が高いことを実感しています。
断熱材を選定するに当たっては何を優先して設定するかで変わってきます。



 まず、「工法」により選択肢が狭まります。
住宅の断熱工法は大きく分けて2つあります。一つは「充填断熱」といって壁の中に断熱材を充填していく方法と、「外張り断熱」といって壁の外部側に断熱材を張っていく工法です。

 もちろん一つの建物で両方の断熱工法を採用する場合もありますし、複合断熱といい充填断熱+外張り断熱という工法もありますが、基本的にそれぞれの断熱工法で使える断熱材は限定されます。

次の選択肢は「価格」、工法や断熱材により価格差があります。
「環境性能」という選択肢もあります。製造エネルギー負荷やリサイクル率、環境負荷などでの選択肢です。



 どんな断熱材がいいかと断熱材に興味があっても明確な基準をお持ちの方はまれですが、設計者としてお話をしているとおのずと方向性は見えてきます。
断熱材の検討要素は耐久性、経済性、施工性、環境性能、防音性など多岐にわたりますがすべての要素を完璧に満たすものはありませんので話しをしながら優先順位を決めていくことになります。

 断熱材の種類は主に原料によって分類されます。
鉱物系
プラスチツク系
発泡系
自然素材系の4つです。さらに細かく分類すると20種類以上になると思われます。

 とにかく価格という選び方であれば鉱物系が有利となります。
外張り断熱にこだわればプラスチック系が使いやすい素材です。
充填断熱では鉱物系、発泡系、自然素材系となり、環境負荷やリサイクルを考えれば鉱物系か自然素材系となります。
自然素材系は性能の割に価格は高めですし、素材自体は環境負荷が少なくても輸入に頼る素材では輸送エネルギーなどでトータルに環境負荷が低いとは言えない物もあります。



 最近は省エネの流れから新しい工法や素材が開発され、また輸入されるようになりましたが、注意しなければならないのは耐久性です。
壁の中に入れられた断熱材はそう簡単に交換はできません。

 これまで長年使われてきた断熱材は、欠点や問題点が洗い出され、対処方法や施工方法が確立されています。また、現場サイドでも慣れているため施工ミスなども起こりにくくなっています。

 新しい素材の耐久性は机上の想定によるところが大きく、実際の使用状況での経年変化などの想定は難しいところです。
現場で吹き付ける発泡系に関しては近年フロンや代替えフロンの使用が制限された関係から発泡方式を変えたところ、接着性能の低下や吸水性の問題などが発生しました。
これらの問題は改善されているようですが判断できるデータが乏しく不安が残ります。



 自然素材系はウールや古紙など輸入に頼るものが多く、輸送にかかるエネルギーや現地での製造では意外に製造エネルギーが高くなることが指摘されていますので、環境負荷を考えた上での選択では注意する必要があります。

 このように沢山の選択肢がある断熱材です。
予めハウスメーカーや工務店では使用する断熱材を決めているケースがほとんどです。
 建て主さんが迷わなくていいという利点もありますが、なぜその素材なのかを聞いて納得することも必要だと思います。またどういった暮らし方をしたいのかを考え自分たちの住まいに使う断熱材を決めていくのも納得のいく住まいをつくるには大切な事だと考えます。

現在一般的に採用されている断熱レベルでは、この省エネの流れの中で近い将来必ず性能不足となります。
少なくとも次世代省エネレベルを基本とし、さらにそれ以上の断熱性能を検討していくべきだと考えています。

関連コラム
自然素材系断熱材の使い方 木の繊維ウッドファイバー

断熱から素材にまつわるコラムがあります。
良い家づくりのコラム ご覧ください。

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

プライベート伐採に参加して

福田さん  先日は木の伐採に立ち会う機会を作ってくださり...

H
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
オープンキッチンのゴミ箱どうする?
イメージ

 キッチンプラン オープンキッチンゴミ箱どうする? 8畳のオープンキッチンダイニング2世帯住宅の親...

[ 間取り ]

古民家リフォームギャラりーUP

古民家リフォームギャラりーUPいたしました。刺激の少ない素材に徹底的にこだわりました。床:サワラ(無地3...

[ 建物の素材 ]

2世帯住宅の玄関のつくり方
イメージ

 ある程度いい感じの分離 当事務所で設計させていただいたお住まいのほぼ3割が二世帯住宅です。 2世帯住...

[ 間取り ]

キチンレイアウトのご相談
イメージ

 キッチンレイアウトのご相談を受けました。 3.64m(2間)幅のキッチンで窓を剥いたレイアウトを希望さ...

[ 間取り ]

キッチンレイアウトのヒント
イメージ

 キッチンレイアウトのヒント  誰しも十分な広さのあるリビングが取れればそれに越したことはありま...

[ 間取り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ