コラム

 公開日: 2014-07-28 

みんなで建具を開けよう!

かつての日本の住まいにドアは存在しませんでした。
平安時代、庶民の多くが今に近い「家」に住むようになってから1200年、日本の住まいは1200年以上にわたり蔀戸や引き戸で成り立ってきました。



そのなりゆきを考えるに建物の構造、柱と梁で成立する軸組み工法の特徴によるもので、壁で囲まれるということが無かったため小さな開口しかふさぐことが出来ない「ドア」は必要なかったのです。

今の住まいはどうでしょう。
仕事柄沢山の住まいを目にしたり、図面に接することがありますが、室内の開口部のそのほとんどはドアとなっています。
住いの中のドアは洋風建築が入ってきた明治期から始まり、一般の住まいに普及しだしたのは昭和になってからです。
1200年以上も身近にあり、当たり前だった建具がドアに換えられていった理由はなんでしょう。
なぜドアは引き戸を凌駕し、現代の住まいに蔓延しているのでしょう。

暮らしの中で考えるに風を通したり、開けたままで便利なのは言うまでも無く引き戸が有利です。
引き戸のドアに対しての不利な点はなんでしょうか、



個室の独立性
ドアは鍵がかけやすく、外部から開けることに抵抗しやすい作りになります。
これは確実にプライバシーを確保することに役立ちそうです。
防音性
引き戸に比べれば多少防音性は上がります、また防音性を高めようと思いえば引き戸に比べ簡単に性能を上げることが出来ます。
暮らしの利便性でほかにいことは見当たらないようですがどうでしょうか。

鍵が必要なところ、玄関などは確かに防犯上引き戸よりドアに優位性がありますが、住まいの内部と考えたときに1200年の歴史を覆すほどドアに優位性は認められないと思うのです。

暮らし方から考えるのではなく、つくる側から考えるとドアが勝ちえた現在の優位性を理解することが出来ます。
まず部品が少ない。
敷居や鴨居という溝を突いた部材をつくるのは手間と材料が余計にかかります。
一番小さな単位の一本引きでさえ敷居と鴨居は6尺幅、約1.65mから必要になり、尚且つ戸当たりが必要です。
真壁であれば戸当たりは柱ということになりますが、大壁が主流の家のつくりでは戸当たりをわざわざ作らなければなりません。
ドアであっても枠は必要ですが、複雑な敷居鴨居のような溝は必要なく、枠自体もドアを囲うだけで済みます。

住いの構造も柱を表に現さない大壁構造が主流になったのもドアの普及を助けたようです。
また、個室重視の戦後の住まいのつくり方や、洋風な暮らしへの趣向の高まりからもドアが使われるようになったようです。

1200年の歴史も案外簡単に覆ってしまうものですね。
私の設計では引き戸を多用します。
全て引き戸という家も少なくありません。

開放的に暮らすことや、通風を考えると引き戸になります。
また車いすでの移動などを考慮しても引き戸が有利になります。
防音には少し弱い引き戸ですが、逆に家族の気配を感じることが出来ます。
まず自分以外の人の生活音が聞こえるのが引き戸です。

気配を感じ、温度を感じ、声がを聴き、ぬくもりを感じます。
家族の暮らしを考えたときにそれらの事はとても大切な事で、なくてはならないものです。
それらを感じることで安心できて落ち着ける場所になるのだと思います。

家族同士気を使い、気配を感じながらひとつ屋根の下に暮らすには引き戸がふさわしいと考えています。

だって日本人ですから
私は1200年の歴史を守って行きたいと考えています。


引き戸を多用した住まいの事例集があります。
お問い合わせください。

家をつくろうと思ったら読んでいただきたいコラムです。こちらからどうぞ 良い家づくりのコラム

876mの木工教室参加者募集中(家づくりのイベントではありません)

アーキクラフト
川越市吉田134番地
049-234-5312
craft@hkg.odn.ne.jp
http://www.archi-c.com/

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

伐採見学会で家に使う木材をプレゼントされました。

こんばんは。石原の家です。 先週は伐採見学会おせわになりま...

石原の家
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(6

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
上尾市 通り土間のあるこぐまさんの家UPしました。
イメージ

 上尾市 通り土間のある こぐまさんの家UPしました。 上尾市で土地から求めた住まいづくりでした。...

[ 実例集 ]

伐採見学会です。
イメージ

11月27日伐採イベント開催です。来年家づくりをお考えの方ぜひ林業の現場をご覧ください。 開催日時...

[ 山と材木 ]

上尾市 こぐまさんの家 ギャラリー掲載しました。
イメージ

上尾市で土地から求める家づくでした。 ご夫婦とお子様2人これからの暮らしを支える家づくりです。プロジェ...

[ 子どもと住まい ]

無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?
イメージ

 無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?  一般的に床材として商品になっている無垢の床材の厚みは、9mm、1...

[ 建物の素材 ]

押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方
イメージ

 押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方  収納編 部屋の仕上げ材は気にするけれど収納の中までは...

[ 建物の素材 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ