コラム

 公開日: 2014-07-25 

人の暮らしに家は必要でしょうか。

人の暮らしに家は必要でしょうか


 冬の縁側、夏の簾を通り抜ける風。
光りと風を沢山取り入れた住まいほど気持ちのいいものはありません。
でも日本の四季はほんとうにやっかいなものです。
氷点下にもなる冬から熱帯に近い夏まで365日の間で繰り返されます。
自然を取り入れた住まいと言いますがいかに困難な事かがわかると思います.



 家が無くても生きていければこれほど自然と同化した暮らしはありません。
世界を見てみると気候の変化が少なく、安定した暮らしやすい地域、ハワイや太平洋の島々でも家はあります。
 もちろん気候の厳しいツンドラや砂漠地帯では家は人を守るシェルターのように存在しています。
砂漠地帯では自然を取り込むなどと言ってはいられません。容赦のない太陽から身を守るために土や石で固め窓も無いシェルターが家となります。
また熱帯の国々では風を通すため竹や草を材料としスカスカの床や壁で家をつくります。

 形や考え方はそれぞれですが人は家が無いと生きてはいけないことに気が付きます。
世界各地でその地域に適した住まいが作られている理由は外敵から身を守るための目的と、快適に過ごせる「気候」を身の回りにつくりたいからといえそうです。
その目的を達するために多彩な形態となり、各国の民家、各地の伝統家屋となっているのです。



 日本は四季の移ろいが美しい言いますが、365日の中で激しい気候変化を繰り返します。
日本の大部分の地域では「住まいは夏を旨とすべし」といわれ夏を快適に暮らす住まいが作られてきましたが、これは冬は我慢しなさいということです。
断熱という発想が無い時代これは仕方がない事だったのだと考えますが、季節の移ろいを
快適に過ごす優先順位として夏の克服があったのだと思います。

 今の私たちの住まいはどうでしょう。
冬もできるだけ快適に暮らしたいとすれば「断熱」をしっかりすることが求められます。
小さなエネルギーでも断熱がしっかりしていれば寒い冬も快適に過ごせますが、夏はどうでしょう。

 断熱は屋根壁からの強烈な輻射熱を緩和するために夏にも有効ですが、幾ら高性能な断熱を行っても断熱性能で外気温より室内気温を下げることはできません。
室温を快適な温度保つためには一般的にはエアコンなどのエネルギーを使用することが費用対効果の面では有効ですが、自然のチカラを使う方法もあります。



 地下室に入りひんやりとして涼しい感覚を体験した方も多いと思います。
地下は外気温の影響を受けにくく安定した気候をつくります。また土深い井戸の水などを利用したり、土深く穴を掘り空気を循環させる方法などもあります。
これらの自然な力を利用した快適に過ごせる方法があることがわかっているにもかかわらず普及しないのは、ひとえに費用対効果の問題です。

 自然のチカラは穏やかなものでエアコンのように急激な制御はできませんので常に「うっすらとした快適さ」なので物足りないと感じ費用の割に快適さが薄いと言われます。
快適さが薄いとはいえ、費用対効果が優れていればたちまち普及してしまいますがそうはならない現状があります。

 日本の激しい季節の移ろいを快適に過ごすには、「冬は閉じて快適に、夏は開いて快適に」が基本になりますが、このことを如何に少ないエネルギーで実現していくか、快適な室内気候を実現していくか、なかなか難しい問題ですが考えなければいけない宿題なのだと思います。

家をつくろうとおもったら読んでいただきたいコラムです。

エネルギーをできるだけ少なくしたい。
そんなコンセプトの住まいの実例です。ご覧ください。

事例集あります。お問い合わせください。

アーキクラフト
川越市吉田134番地
049-234-5312
craft@hkg.odn.ne.jp
http://www.archi-c.com/

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声
蜜柑の木の家
  • 30代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
上尾市 通り土間のあるこぐまさんの家UPしました。
イメージ

 上尾市 通り土間のある こぐまさんの家UPしました。 上尾市で土地から求めた住まいづくりでした。...

[ 実例集 ]

伐採見学会です。
イメージ

11月27日伐採イベント開催です。来年家づくりをお考えの方ぜひ林業の現場をご覧ください。 開催日時...

[ 山と材木 ]

上尾市 こぐまさんの家 ギャラリー掲載しました。
イメージ

上尾市で土地から求める家づくでした。 ご夫婦とお子様2人これからの暮らしを支える家づくりです。プロジェ...

[ 子どもと住まい ]

無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?
イメージ

 無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?  一般的に床材として商品になっている無垢の床材の厚みは、9mm、1...

[ 建物の素材 ]

押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方
イメージ

 押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方  収納編 部屋の仕上げ材は気にするけれど収納の中までは...

[ 建物の素材 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ