コラム

 公開日: 2014-07-10 

木造住宅は火災に弱いですか?

木造住宅は火災に弱いですか?


「でも木造の家って家事に弱いですよね」っという相談を受けました。

 木は好きだけれど火災が怖いので軽量鉄骨やコンクリート住宅にしたほうがいいかと悩んでいますという相談を受けました。
それぞれの工法を得意としているところに聞けばそれぞれの理屈があり、これが一概に言えないのです。




 私としては木造擁護派なので火災に関して工法の違いで論じるのも不公平かとも思い、火災の仕組みについて整理してお話ししました。
それぞれの構造での違いを簡単に説明するとこのようになります。

〇鉄は確かに燃えはしませんが熱に対しては脆弱です。
〇木は燃えはしますが炭化するとそれ以上燃えにくくなるので「燃えしろ」設計をすれば崩壊することはまずありません。
〇コンクリートは火災に対していちばん耐久性があります。

 どんな工法でもほとんど同じという事実

 まず第一に建物火災においていきなり構造材(木)が燃えることはありません。
火災の多くはキッチンでの火の不始末やタバコの不始末、放火などが原因で起こります。
まず燃えるのは建物の中にある「物」可燃物であるカーテンや家具などが燃えることから始まります。
建物がどんな工法でもそれは同じことです。

 そしてその火が建物の構造材に燃え広がるにはそこそこの時間が必要になります。
火災が起こってしまった時に大切なのは初期消火と通報、避難ですね。
この段階は建物の構造材まで火は及んでいませんから、木造であろうとRCであろうと同じことなのです。



 火災の被害で命に係わるのは炎による焼死より、有毒ガス(一酸化炭素中毒)などによる中毒死と言われています。
データによると空気中の一酸化炭素は濃度が10%になると呼吸が出来ず人は死亡するそうです。
木の家自体は仮に構造まで火が回ったにしても大量に二酸化炭素は発生しますが、一酸化炭素は発生しません。

 また、木の家に相応しい漆喰や和紙などでな内装された住まいではなおの事、有毒ガスの発生は低く抑えられます。
初期消火や非難する時間を考えたときに一番大切な事は構造では無く、内装材であることがわかります。
火災の時の安全を考えるのであれば家の構造の前に有毒ガスの発生しない内装なのです。

消防隊員にお任せ

 埼玉県内では市街化区域で6分から9分以内に消防は駆けつけてくれるようです。
この優れた消防システムのおかげで、木造であろうとRCであろうと、鉄骨であろうと建物の構造体が燃え始める前に避難できれば命は助かります。
まずはしっかりと初期消火が出来て非難する時間が取れるように構造種別の前に大切なのは、内装材なのです。



 ポイントはできるだけ石油由来の内装材を使わない事。
代表的なのはビニールクロスやビニール系の床材、接着剤を多用した合板フローリングの使用をできるだけ減らすことが大切です。

 自然由来の素材であれば二酸化炭素は発生しても即座に人命にかかわる一酸化炭素の発生は確実に抑えられます。
そんな観点から素材を選んでみることもいいですね。

参考までに火災の原因
1位は放火
2位コンロ
3位たばこ

完成見学会やります。ご予約ください13日です。

アーキクラフト シンプルな木の家
350-0807 川越市 吉田134番地
049-234-5312
craft@hkg.odn.ne.jp
http://www.archi-c.com/

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

1.20 「人力皮むき体験」イベント

福田義房さま おかげさまで、天候にも恵まれ、 楽しい一日を...

小川町 K
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
上尾市 通り土間のあるこぐまさんの家UPしました。
イメージ

 上尾市 通り土間のある こぐまさんの家UPしました。 上尾市で土地から求めた住まいづくりでした。...

[ 実例集 ]

伐採見学会です。
イメージ

11月27日伐採イベント開催です。来年家づくりをお考えの方ぜひ林業の現場をご覧ください。 開催日時...

[ 山と材木 ]

上尾市 こぐまさんの家 ギャラリー掲載しました。
イメージ

上尾市で土地から求める家づくでした。 ご夫婦とお子様2人これからの暮らしを支える家づくりです。プロジェ...

[ 子どもと住まい ]

無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?
イメージ

 無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?  一般的に床材として商品になっている無垢の床材の厚みは、9mm、1...

[ 建物の素材 ]

押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方
イメージ

 押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方  収納編 部屋の仕上げ材は気にするけれど収納の中までは...

[ 建物の素材 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ