コラム

 公開日: 2014-07-07 

シックハウスから逃れるのは確率の問題なのです。

シックハウスから逃れるのは確率の問題なのです。


最近は大きく騒がれることが少なくなりましたがシックハウス症候群が社会問題になってから約20年がたちました。
シックハウスなんて関係ないよという方が多いのも承知していますが、住まいと健康は密接な関係にありますので改めて整理したいと思います。

1960年台からの高度経済成長に伴い新たな化学物質が大量に製造されるようになり、私たちの生活のあらゆる部分に化学物質が入り込んできました。
住いに使われる部材にも当然たくさん使われるようになりました。その流れの中で住いのつくり方も変わり、隙間が多かった住まいのつくり方も改められ密閉度が高くなってきました。



 シックハウスの発症は建材に使われる化学物質が揮発し体内に取り込まれることから起こります。
使われている部位は多種多様で、合板の接着剤から、防腐剤、防カビ剤、殺虫剤などにも含まれます。
接着剤などを使わない無垢材を使えばいいかというとそれもまた注意しなければいけないポイントがあります。

 たとえば無垢材でも海外の材料は長い船旅の最中に虫に食べられたり、カビが生えたりしないように、また日本の防疫基準をクリアーするように多くの薬剤によって守られています。
日本に入り製材されるから安全でしょうか、心配はなくなりません。

 では外国から運んでこない国産材に限った家づくりならば完璧かというとそれも違います。
信じがたい話ではありますが、木材から出る精油成分(ヒノキチオール)などにアレルギー反応を起こしてしまう人もいるのです。



 また木造の住まいとはいえ木材だけでできているわけではありません。
内装に使う材料にも防カビ剤や接着剤が沢山使われています。
キッチンや洗面化粧台、浴室なども石油由来の樹脂が多量に使われています。

 シックハウスから完全に逃れることは不可能なのかもしれませんが確率を下げることはできます。
 1:可能な範囲で合板類(接着剤)を減らす。
 2:できるだけ国産材できれば近くの木を使う。
 3:内装材にも気を付け防かび剤や接着剤を避ける
 4:生活の中の化学物質をできるだけ減らす。

化学物質を極力減らすことにより確率は下がり、シックハウスから遠い場所に行けると考えています。



 また、こうも考えられます。
全くなくすことが出来ないと考えれば、多少は許容する考えに立ち、エンジニアリングウッド(積層と接着剤により無垢材より強度を高めた集成材)なども否定するものではないと考えています。
無垢材では足りない強度を補ったり、大断面の無垢材によるコストを抑えることも可能になり自由な空間が生まれるのであればそれもありなのだと考えます。

 出来るだけ減らすけれどゼロにはできないとしたら体に近い部分での使用は避け、確率を下げる。
まだシックハウスが発症していないのであればそんな考えでいいのだと思います。
発症は住まいだけの問題ではありませんが住まいのつくり方で発症の確率を下げる工夫だできると考えています。

家をつくろうかなと思ったら読んでみてくださいコラム

地域に近い材料でシンプルな木の家をつくります。

事例集をご請求ください。

アーキクラフト
川越市吉田134番地
049-234-54312
craft@hkg.odn.ne.jp
http://www.archi-c.com/

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

プライベート伐採に参加して

福田さん  先日は木の伐採に立ち会う機会を作ってくださり...

H
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
上尾市 通り土間のあるこぐまさんの家UPしました。
イメージ

 上尾市 通り土間のある こぐまさんの家UPしました。 上尾市で土地から求めた住まいづくりでした。...

[ 実例集 ]

伐採見学会です。
イメージ

11月27日伐採イベント開催です。来年家づくりをお考えの方ぜひ林業の現場をご覧ください。 開催日時...

[ 山と材木 ]

上尾市 こぐまさんの家 ギャラリー掲載しました。
イメージ

上尾市で土地から求める家づくでした。 ご夫婦とお子様2人これからの暮らしを支える家づくりです。プロジェ...

[ 子どもと住まい ]

無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?
イメージ

 無垢材の使い方 床板は厚い方がいい?  一般的に床材として商品になっている無垢の床材の厚みは、9mm、1...

[ 建物の素材 ]

押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方
イメージ

 押入れの中は板壁が一番! 無垢材の使い方  収納編 部屋の仕上げ材は気にするけれど収納の中までは...

[ 建物の素材 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ