コラム

2014-06-03

無垢材の使い方 壁材は目ざわりが大事なのです!

無垢材の使い方 壁材は目ざわりが大事なのです!


手触りとは言いますが目触りとはいませんね。目では触れないのだから当然ですが、なんとなくこんな言葉を使いたい壁に使う無垢材です。



目のさわりがよいとは目に優しい事、見た目にうるさくないことを言いたいのです。
床に使う無垢材はかなり節がある材料でも、また赤身や白身など色味が違ってもそうは気になりません。
常に視界に入っていても床の材料は不思議と気にならないのです。

ところがこれが壁に使われると途端に自己主張してきます。
また狭い空間であればあるほどその存在感も大きく、圧迫されているような感覚にもなります。
板張りの壁は掲示板的に使ったり、釘やビスも後から使いやすく部屋のどこかにあるととても便利なものです。



小さな面積であれば節も気にならないのですが、壁一面ともなる良く考えて使わないと少し落ち着かない空間になってしまいがちです。
目ざわりの良い優しい使い方のコツは、部屋の壁面積の1/3程度に抑えその他の壁は漆喰や和紙で仕上げること。
4面壁があるわけですからその1面程度を板壁にすると落ち着きます。

特に狭い空間の場合は壁1面であっても圧迫感を感じるものです。
そのようなときの使い方としては私の場合は、貼る高さを床から天井まででは無く、窓の高さまでで抑えます。そうすることで部屋の広さが増すような印象になり、圧迫感もなくなります。



また、壁材に使う場合は床とは違い荷重を受けるわけでは無いので、その意味での厚みは必要ありません。9mm程度の板材でも十分、室内の空気環境に貢献してくれます。
薄くてもいいので少しランクの高い(床材よりワンランク)節の少ない又はほとんどない板を使うと、目ざわりの良い落ち着いた部屋になります。
全て板がよいという方もいると思いますし、それが部屋としておかしいというわけではありません。
あくまで設計者としての感覚です。


壁に使う場合の目的は、室内空気環境(主に湿度の調整)と掲示などの利便性と目ざわりの良さです。

 板壁はビニールクロスなどと違い、古くなっても陳腐化したり、汚くなったりはしません。
古びても味わいが出てくる素材です。
一緒に合わせる素材もビニール系では無く漆喰や和紙など良質な素材と合わせたいですね。
また、素材の特質を最大限生かすためには、塗装はしてはいけません。
木の表面を膜で覆うことだけは避けなければなりません。
塗装をしてしまってはべニアを張っているのと大差なく、見かけだけのことになってしまいます。

 ワックスを塗る場合でも国産の自然素材系で浸透性のタイプにしておくことをお勧めいたします。

自然素材の家に住みたいと思ったら読んでいただきたいコラムがあります。
良い家づくりのコラム

無垢材の住まいの事例集あります。
お問い合わせいただければお送りいたします。
こちらからどうぞ

アーキクラフト一級建築士事務所
川越市吉田134
049-234-5312
craft@hkg.odn.ne.jp
http://www.archi-c.com/

埼玉でシンプルで住みやすい木の家を提案しています。
間取り(プラン)は住まいづくりで一番大切です。間取りのお悩み何でもご相談ください。
アーキクラフト 一級建築士事務所

この記事を書いたプロ

アーキクラフト一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 福田義房

埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL:049-234-5312

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お住い拝見
イメージ

シンプルな木の家、飾り気よりもいつまでも永く使える住まいでありたいと考えています。 住まいに限らず誰しも心惹かれるイメージやデザインがありますね。...

「シンプルな木の家」2014
シンプルな木の家

プランニング「シンプルな木の家」は子育て世代の方々に向けたコンセプト住宅です。建物形状、屋根形状、間仕切り、建具などをシンプルな構成にすることにより関築費...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
環境にも体にも優しい木の住まいを考える建築士 福田義房さん

「子供たちに残す価値のある家」を目指し、自然素材による住宅設計に取り組む(1/3)

 「子供たちに残す価値のある家」とは一体、どんな家なのか。そんな命題に一つの回答を示すのが、アーキクラフト一級建築士事務所の福田義房さんです。福田さんは設計士として、地元である埼玉県を中心に木造住宅の設計・監理に携わっています。 「コン...

福田義房プロに相談してみよう!

朝日新聞 マイベストプロ

耐震性と暮らしの変化に対応出来る住まいを、自然な素材で実現

事務所名 : アーキクラフト一級建築士事務所
住所 : 埼玉県川越市吉田134 [地図]
TEL : 049-234-5312

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

049-234-5312

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

福田義房(ふくだよしふさ)

アーキクラフト一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

新築のお礼を頂きました。

福田さん  ご無沙汰しています。お元気ですか。  少し...

いろは
  • 40代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
オープンキッチンのゴミ箱どうする?
イメージ

 キッチンプラン オープンキッチンゴミ箱どうする? 8畳のオープンキッチンダイニング2世帯住宅の親...

[ 間取り ]

古民家リフォームギャラりーUP

古民家リフォームギャラりーUPいたしました。刺激の少ない素材に徹底的にこだわりました。床:サワラ(無地3...

[ 建物の素材 ]

2世帯住宅の玄関のつくり方
イメージ

 ある程度いい感じの分離 当事務所で設計させていただいたお住まいのほぼ3割が二世帯住宅です。 2世帯住...

[ 間取り ]

キチンレイアウトのご相談
イメージ

 キッチンレイアウトのご相談を受けました。 3.64m(2間)幅のキッチンで窓を剥いたレイアウトを希望さ...

[ 間取り ]

キッチンレイアウトのヒント
イメージ

 キッチンレイアウトのヒント  誰しも十分な広さのあるリビングが取れればそれに越したことはありま...

[ 間取り ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ